職業別の有名人出身高校 >随筆家という職業の出身高校別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:56,568人
このサイトに登録されている出身高校別有名人の「随筆家」という職業の有名人の数:136人



スポンサーリンク




北海道札幌南高等学校の出身者
 1  堀淳一    札幌市    北海道大学へ進学Wikipedia
堀 淳一(ほり じゅんいち、1926年10月6日 - )は、日本の物理学者、随筆家。
北海道札幌南高等学校から北海道大学への進学者      全国の北海道大学の出身者      札幌市の出身者      
10月6日生まれの人      1926年生まれの人


北海道札幌北高等学校の出身者
 2  森田たまWikipedia
森田 たま(もりた たま、1894年12月19日 - 1970年10月30日)は随筆家。 元参議院議員(1期)。長女はデザイナーの森田麗子、息子に映画プロデューサー森田信。
12月19日生まれの人      1894年生まれの人


北海道岩見沢西高等学校の出身者
 3  黒柳朝    滝川市 - 黒柳徹子の母親    東京音楽大学へ進学Wikipedia
黒柳 朝(くろやなぎ ちょう、1910年9月6日 - 2006年8月16日)は、日本の随筆家である。タレントの黒柳徹子の母親。
北海道岩見沢西高等学校から東京音楽大学への進学者      全国の東京音楽大学の出身者      滝川市 - 黒柳徹子の母親の出身者      
9月6日生まれの人      1910年生まれの人


岩手県立盛岡第一高等学校の出身者
 4  弓館小鰐    早稲田大学へ進学Wikipedia
弓館 小鰐(ゆだて しょうがく、1883年(明治16年)9月28日 - 1958年(昭和33年)8月2日)は日本の新聞記者、随筆家。毎日新聞で記者として活動した他、『西遊記』などの翻訳でも活動した。本名は芳夫(よしお)。本名での活動も多い。
岩手県立盛岡第一高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
9月28日生まれの人      1883年生まれの人


山形県立山形東高等学校の出身者
 5  服部公一    学習院大学へ進学Wikipedia
服部 公一(はっとり こういち、1933年4月24日 - )は日本の作曲家、随筆家、音楽評論家。
山形県立山形東高等学校から学習院大学への進学者      全国の学習院大学の出身者      
4月24日生まれの人      1933年生まれの人


福島県立安積高等学校の出身者
 6  山崎章郎    千葉大学へ進学Wikipedia
山崎 章郎(やまざき ふみお、1947年 - )は、日本の医師、文筆家。 福島県生まれ。1975年、千葉大学医学部卒業、同大学病院第一外科勤務。1984年、千葉県八日市場市(現匝瑳市)市民病院消化器科医長。1991年、聖ヨハネ会桜町病院ホスピス科部長。2005年、在宅診療専門診療所ケアタウン小平クリニック院長。1991年、『病院で死ぬということ』で日本エッセイストクラブ賞受賞。同作は1993年に市川準監督で映画化された。
福島県立安積高等学校から千葉大学への進学者      全国の千葉大学の出身者      
1947年生まれの人


福島県立磐城高等学校の出身者
 7  安住敦Wikipedia
安住 敦(あずみ あつし、1907年7月1日 - 1988年7月8日)は、俳人、随筆家。前号・安住あつし。多くの人から絶大な人気を誇った。そして今もなお愛され続けている。
7月1日生まれの人      1907年生まれの人


福島県立福島高等学校の出身者
 8  長田弘    早稲田大学へ進学Wikipedia
長田 弘(おさだ ひろし、1939年11月10日 - 2015年5月3日)は、日本の詩人、児童文学作家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。
福島県立福島高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
11月10日生まれの人      1939年生まれの人


茨城県立土浦第一高等学校の出身者
 9  高田保    早稲田大学へ進学Wikipedia
高田 保(たかだ たもつ、1895年3月28日 - 1952年2月20日)は、茨城県出身の劇作家、随筆家。母方の従兄に近世文学研究者の山口剛がいる。
茨城県立土浦第一高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
3月28日生まれの人      1895年生まれの人


栃木県立石橋高等学校の出身者
 10  室井佑月    八戸市Wikipedia
室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年2月27日 - )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県出身。血液型はB型。身長162cm。オーケープロダクション所属。
八戸市の出身者      
2月27日生まれの人      1970年生まれの人


群馬県立沼田高等学校の出身者
 11  生方敏郎    早稲田大学へ進学Wikipedia
生方 敏郎(うぶかた としろう、1882年8月24日 - 1969年8月6日)は、日本の随筆家、文学者。
群馬県立沼田高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
8月24日生まれの人      1882年生まれの人


群馬県立富岡高等学校の出身者
 12  東野英治郎    日野町(東野家出身地)    明治大学へ進学Wikipedia
東野 英治郎(とうの えいじろう、1907年9月17日 - 1994年9月8日)は日本の俳優、随筆家。戦前期の芸名は本庄 克二。
群馬県立富岡高等学校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      日野町(東野家出身地)の出身者      
9月17日生まれの人      1907年生まれの人
 13  阿部眞之助    東京帝国大学へ進学Wikipedia
阿部 真之助(あべ しんのすけ、旧字体:眞之助、1884年(明治17年)3月29日 - 1964年(昭和39年)7月9日)は、明治から昭和にかけて活躍したジャーナリスト、政治評論家、随筆家。東京日々新聞主筆、日本エッセイスト・クラブ初代理事長、第9代NHK会長。
群馬県立富岡高等学校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      
3月29日生まれの人      1884年生まれの人


千葉県立銚子高等学校の出身者
 14  坂口三千代    銚子市Wikipedia
坂口 三千代(さかぐち みちよ、1923年2月7日 - 1994年11月2日)は、日本の随筆家である。「無頼派」として知られる小説家・坂口安吾の妻である。旧姓は梶。長男は写真家の坂口綱男。
銚子市の出身者      
2月7日生まれの人      1923年生まれの人


千葉県立四街道高等学校の出身者
 15  たまさぶろ    渋谷区    立教大学へ進学Wikipedia
たまさぶろ(1965年11月13日 - )は、日本のエッセイスト、バー評論家。東京都渋谷区生まれ。千葉県立四街道高等学校、立教大学文学部英米文学科卒業。ニューヨーク市立大学大学院、ニューヨーク大学大学院。出版社勤務を経て、ベルリッツ、CNNに勤務。ニューヨーク在住中よりフリーランスの執筆活動に入り、主に雑誌「男の隠れ家」などにバーの原稿を執筆。バー評論家となる。
千葉県立四街道高等学校から立教大学への進学者      全国の立教大学の出身者      渋谷区の出身者      
11月13日生まれの人      1965年生まれの人


千葉県立多古高等学校の出身者
 16  秋葉四郎    千葉大学へ進学Wikipedia
秋葉 四郎(あきば しろう、1937年(昭和12年)5月18日 - )は、日本の歌人、文芸評論家、随筆家、教育者、文学博士。短歌結社「歩道」編集長、日本歌人クラブ顧問(前会長)。千葉県出身。
千葉県立多古高等学校から千葉大学への進学者      全国の千葉大学の出身者      
5月18日生まれの人      1937年生まれの人


船橋市立船橋高等学校の出身者
 17  吉田悦花Wikipedia
吉田悦花(よしだ えつか、2月26日 - )は、日本の作家、随筆家。俳号・吉田悦花、俳人。江戸ソバリエ。俳句サイト「吉田悦花のわん句にゃん句」主宰。東京都千代田区のNPO法人神田雑学大学理事長(2010年~)・博士。会社役員。
2月26日生まれの人      


筑波大学附属高等学校の出身者
 18  阿部主計    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
阿部 主計(あべ かずえ、1909年5月22日 - 2006年6月27日)は、随筆家、翻訳家。
筑波大学附属高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
5月22日生まれの人      1909年生まれの人
 19  末広恭雄    東京大学へ進学Wikipedia
末広 恭雄(すえひろ やすお、1904年 6月4日 - 1988年7月14日)は、日本の水産学者・随筆家・作曲家。
筑波大学附属高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
6月4日生まれの人      1904年生まれの人


 20  市原豊太    東京大学へ進学Wikipedia
市原 豊太(市原 豐太、いちはら とよた、1902年6月22日 - 1990年8月14日)は、日本のフランス文学者、随筆家。東京生まれ。
筑波大学附属高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
6月22日生まれの人      1902年生まれの人
 21  坪井忠二    東京大学へ進学Wikipedia
坪井 忠二(つぼい ちゅうじ、1902年(明治35年)9月9日 - 1982年(昭和57年)11月19日)は日本の男性地球物理学者、随筆家。東京大学名誉教授。理学博士で、寺田寅彦の弟子として知られている。
筑波大学附属高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
9月9日生まれの人      1902年生まれの人
 22  石川欣一    東京大学へ進学Wikipedia
石川 欣一(いしかわ きんいち、1895年(明治28年)3月17日 - 1959年(昭和34年)8月4日)は、ジャーナリスト、随筆家、翻訳家。おもに毎日新聞社に屬した。
筑波大学附属高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
3月17日生まれの人      1895年生まれの人


東京都立日比谷高等学校の出身者
 23  塩田良平Wikipedia
塩田 良平(しおだ りょうへい、1899年〈明治32年〉5月25日 - 1971年〈昭和46年〉11月28日)は、日本の国文学者。随筆家。元二松学舎大学学長。近代文学が専門で、代表的な著書に「近代日本文学論」「山田美妙研究」「樋口一葉研究」「明治女流作家論」「明治文学論考」「日本文学論考」、随筆集「妻の記」「おゆき」「夜開花」などがある。また、多くの文庫本に解説を書いている。
5月25日生まれの人      1899年生まれの人
 24  内田誠    早稲田大学へ進学Wikipedia
内田 誠(うちだ まこと、1893年3月10日 - 1955年8月13日)は、日本の随筆家、俳人。
東京都立日比谷高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
3月10日生まれの人      1893年生まれの人
 25  秦豊吉Wikipedia
秦 豊吉(はた とよきち、1892年1月14日 - 1956年7月5日)は、日本の実業家、演出家、翻訳家、随筆家、興行師。
1月14日生まれの人      1892年生まれの人
 26  辰野隆    東京大学へ進学Wikipedia
辰野 隆(たつの ゆたか、1888年3月1日 - 1964年2月28日)は、フランス文学者、随筆家。東京帝国大学教授として多くの後進を育てた。
東京都立日比谷高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
3月1日生まれの人      1888年生まれの人
 27  幸田露伴    台東区    青山学院大学へ進学Wikipedia
幸田 露伴(こうだ ろはん、1867年8月22日(慶応3年7月23日) - 1947年(昭和22年)7月30日)は、日本の小説家。本名は成行(しげゆき)。別号に蝸牛庵(かぎゅうあん)、笹のつゆ、雷音洞主、脱天子など多数。江戸(現東京都)下谷生れ。帝国学士院会員。帝国芸術院会員。第1回文化勲章受章。娘の幸田文も随筆家・小説家。高木卓の伯父。
東京都立日比谷高等学校から青山学院大学への進学者      全国の青山学院大学の出身者      台東区の出身者      
8月22日生まれの人      1867年生まれの人


東京都立戸山高等学校の出身者
 28  平山蘆江Wikipedia
平山 蘆江(ひらやま ろこう、1882年11月15日 - 1953年4月18日)は日本の新聞記者、作家。
11月15日生まれの人      1882年生まれの人


東京都立小石川高等学校の出身者
 29  山本夏彦Wikipedia
山本 夏彦(やまもと なつひこ、1915年6月15日 - 2002年10月23日)は、日本の随筆家、編集者。東京市下谷根岸出身。
6月15日生まれの人      1915年生まれの人


東京都立上野高等学校の出身者
 30  池部良    立教大学へ進学Wikipedia
池部 良(いけべ りょう、1918年2月11日 - 2010年10月8日)は、日本の俳優・随筆家。東京市大森区出身。立教大学文学部英文科卒業。
東京都立上野高等学校から立教大学への進学者      全国の立教大学の出身者      
2月11日生まれの人      1918年生まれの人
 31  高橋義孝    東京大学へ進学Wikipedia
高橋 義孝(たかはし よしたか、1913年3月27日 - 1995年7月21日)は、日本のドイツ文学者、評論家、随筆家。文壇関係者からは名前を音読みして「たかはし ぎこう」と称される場合もある、
東京都立上野高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
3月27日生まれの人      1913年生まれの人


東京都立白鴎高等学校の出身者
 32  沢村貞子    日本女子大学へ進学Wikipedia
沢村 貞子(さわむら さだこ、旧字体:澤村、1908年11月11日 - 1996年8月16日)は、日本の女優、随筆家。本名は大橋 貞子(おおはし ていこ)。
東京都立白鴎高等学校から日本女子大学への進学者      全国の日本女子大学の出身者      
11月11日生まれの人      1908年生まれの人


東京都立墨田川高等学校の出身者
 33  半藤一利    東京大学へ進学Wikipedia
半藤 一利(はんどう かずとし 1930年(昭和5年)5月21日 - )は、日本の作家、随筆家。近現代史、特に昭和史に関し人物論・史論を、対談・座談も含め多く刊行している。
東京都立墨田川高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
5月21日生まれの人      1930年生まれの人


東京都立第三商業高等学校の出身者
 34  加島祥造    早稲田大学へ進学Wikipedia
加島 祥造(かじま しょうぞう、1923年1月12日 - 2015年12月25日)は、日本の詩人、アメリカ文学研究者、翻訳家、随筆家、タオイスト、墨彩画家。詩作のみならず、アメリカ文学の翻訳にて名声を得た後、壮年期より漢詩を経て老荘思想に大きな影響を受け、文筆のみならず絵画なども含めた幅広い創作活動や執筆活動を通して、西洋と東洋の双方を見渡す位置からタオイストとしての一貫した姿勢を私生活でも死去するまで徹底した。
東京都立第三商業高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
1月12日生まれの人      1923年生まれの人
 35  田村隆一    明治大学へ進学Wikipedia
田村 隆一(たむら りゅういち、1923年(大正12年)3月18日 - 1998年(平成10年)8月26日)は、日本の詩人、随筆家、翻訳家。詩誌『荒地』の創設に参加し、戦後詩に大きな影響を与えた。
東京都立第三商業高等学校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      
3月18日生まれの人      1923年生まれの人


東京都立小山台高等学校の出身者
 36  斎藤茂太    明治大学へ進学Wikipedia
斎藤 茂太(さいとう しげた、1916年3月21日 - 2006年11月20日)は、日本の精神科医、随筆家である。愛称はモタさん。
東京都立小山台高等学校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      
3月21日生まれの人      1916年生まれの人


東京都立富士高等学校の出身者
 37  有吉玉青    早稲田大学へ進学Wikipedia
有吉 玉青(ありよし たまお、1963年11月16日 - )は、日本の随筆家、小説家。本名は清水 玉青。大阪芸術大学文芸学科教授。
東京都立富士高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
11月16日生まれの人      1963年生まれの人
 38  三井ふたばこWikipedia
三井 ふたばこ(みつい ふたばこ、1918年5月3日 ‐ 1990年10月29日)は、日本の童話作家、詩人、随筆家。本名・嫩子。
5月3日生まれの人      1918年生まれの人


東京都立鷺宮高等学校の出身者
 39  群ようこ    日本大学へ進学Wikipedia
群 ようこ(むれ ようこ、1954年12月5日 - )は、日本の作家、随筆家。独身。軽妙な語り口の文体で、主に女性からの支持を受けている。
東京都立鷺宮高等学校から日本大学への進学者      全国の日本大学の出身者      
12月5日生まれの人      1954年生まれの人




東京都立豊多摩高等学校の出身者
 40  橋本治    東京大学へ進学Wikipedia
橋本 治(はしもと おさむ、男性、1948年(昭和23年)3月25日 - )は、日本の小説家、評論家、随筆家。
東京都立豊多摩高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
3月25日生まれの人      1948年生まれの人


東京都立豊島高等学校の出身者
 41  木村治美    東京教育大学へ進学Wikipedia
木村 治美(きむら はるみ、1932年11月1日 - )は、日本の英文学者、随筆家。保守派の論客。共立女子大学名誉教授。新しい歴史教科書をつくる会の賛同者。つくる会の内紛後は、その分派である「再生機構」に賛同している。旧姓田口。夫は心理学者で群馬大学名誉教授の木村駿[要出典]。
東京都立豊島高等学校から東京教育大学への進学者      全国の東京教育大学の出身者      
11月1日生まれの人      1932年生まれの人


東京都立北園高等学校の出身者
 42  種村季弘    東京大学へ進学Wikipedia
種村 季弘(たねむら すえひろ、1933年(昭和8年)3月21日 - 2004年(平成16年)8月29日)は、日本の独文学者、評論家である。
東京都立北園高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
3月21日生まれの人      1933年生まれの人
 43  丸谷才一    東京大学へ進学Wikipedia
丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。
東京都立北園高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
8月27日生まれの人      1925年生まれの人


東京都立井草高等学校の出身者
 44  田中裕二    中野区     日本大学へ進学Wikipedia
田中 裕二(たなか ゆうじ、1965年1月10日 - )は、日本の漫才師、お笑いタレント、随筆家、俳優。
東京都立井草高等学校から 日本大学への進学者      全国の 日本大学の出身者      中野区の出身者      
1月10日生まれの人      1965年生まれの人


東京都立立川高等学校の出身者
 45  木村富美子    共立女子短期大学へ進学Wikipedia
木村 富美子(きむら ふみこ、1942年5月1日‐2008年1月7日)は、東京都出身の随筆家。旧姓山下。 幼少より結核、呼吸不全などの闘病生活のかたわら、三浦綾子、遠藤周作、藤沢周平らの影響を受け、数多くのエッセイを執筆。
東京都立立川高等学校から共立女子短期大学への進学者      全国の共立女子短期大学の出身者      
5月1日生まれの人      1942年生まれの人


暁星高等学校の出身者
 46  串田孫一    東京大学へ進学Wikipedia
串田 孫一(くしだ まごいち、1915年11月12日 - 2005年7月8日)は、日本の詩人、哲学者、随筆家。
暁星高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
11月12日生まれの人      1915年生まれの人
 47  戸板康二    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
戸板 康二(といた やすじ、1915年12月14日 - 1993年1月23日)は日本の演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家。
暁星高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
12月14日生まれの人      1915年生まれの人
 48  夏目伸六    新宿区    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
夏目 伸六(なつめ しんろく、1908年12月17日 - 1975年2月11日)は、日本の随筆家。
暁星高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      新宿区の出身者      
12月17日生まれの人      1908年生まれの人


麹町学園女子高等学校の出身者
 49  矢田津世子    五城目町Wikipedia
矢田 津世子(やだ つせこ、本名矢田ツセ、1907年(明治40年)6月19日 - 1944年(昭和19年)3月14日)は、日本の小説家、随筆家。秋田県五城目町出身。はじめモダン派であったが純文学に転進し、1936年に小説『神楽坂』が第3回芥川賞候補に選ばれる。文章力と美貌を兼ね備えた女流作家として人気を集めた。坂口安吾の恋人とされる。大和生命初代社長の矢田不二郎は兄。
五城目町の出身者      
6月19日生まれの人      1907年生まれの人


女子学院高等学校の出身者
 50  幸田文    女子学院へ進学Wikipedia
幸田 文(こうだ あや、1904年(明治37)9月1日 - 1990年(平成2年)10月31日)は、日本の随筆家・小説家、日本藝術院会員。
女子学院高等学校から女子学院への進学者      全国の女子学院の出身者      
9月1日生まれの人      1904年生まれの人


白百合学園高等学校の出身者
 51  小堀杏奴Wikipedia
小堀 杏奴(こぼり あんぬ、1909年(明治42年)5月27日 - 1998年(平成10年)4月2日)は、東京府出身の随筆家。
5月27日生まれの人      1909年生まれの人
 52  森茉莉Wikipedia
森 茉莉(もり まり、1903年(明治36年)1月7日 - 1987年(昭和62年)6月6日)は、日本の小説家、エッセイスト。翻訳も行っている。
1月7日生まれの人      1903年生まれの人


麻布高等学校の出身者
 53  高田尚平Wikipedia
高田 尚平(たかだ しょうへい、1962年6月21日 - )は、将棋棋士。棋士番号191。東京都出身。荒巻三之九段門下。麻布中学校・高等学校卒業。父は、将棋ペンクラブ前会長で作家・随筆家の高田宏。
6月21日生まれの人      1962年生まれの人
 54  神吉拓郎    成城大学へ進学Wikipedia
神吉 拓郎(かんき たくろう、1928年(昭和3年)9月11日 - 1994年(平成6年)6月28日)は、日本の小説家、俳人、随筆家。
麻布高等学校から成城大学への進学者      全国の成城大学の出身者      
9月11日生まれの人      1928年生まれの人
 55  池田潔    静岡県立大学へ進学Wikipedia
池田 潔(いけだ きよし、1903年10月4日 - 1990年3月14日)は、日本のイギリス文学者、評論家、随筆家である。
麻布高等学校から静岡県立大学への進学者      全国の静岡県立大学の出身者      
10月4日生まれの人      1903年生まれの人
 56  岩本素白Wikipedia
岩本 素白(いわもと そはく 、1883年8月17日 - 1961年10月2日)は、国文学者、随筆家。本名は堅一(けんいち)。東京府麻布に生まれる、父竹次郎は旧丸亀藩士で海軍勤務であった。
8月17日生まれの人      1883年生まれの人


聖心女子学院高等科の出身者
 57  辰巳芳子    聖心女子学院へ進学Wikipedia
辰巳 芳子(たつみ よしこ、1924年12月1日 - )は、日本の料理研究家、随筆家。
聖心女子学院高等科から聖心女子学院への進学者      全国の聖心女子学院の出身者      
12月1日生まれの人      1924年生まれの人
 58  麻生和子    聖心女子学院へ進学Wikipedia
麻生 和子(あそう かずこ、1915年(大正4年)5月13日 - 1996年(平成8年)3月15日)は、随筆家。元総理大臣吉田茂の娘。元総理大臣麻生太郎の母。
聖心女子学院高等科から聖心女子学院への進学者      全国の聖心女子学院の出身者      
5月13日生まれの人      1915年生まれの人


東洋英和女学院高等部の出身者
 59  片山廣子Wikipedia
片山 広子(片山 廣子、かたやま ひろこ、1878年(明治11年)2月10日 - 1957年(昭和32年)3月19日)は、日本の歌人、随筆家、アイルランド文学翻訳家(松村みね子名義)。
2月10日生まれの人      1878年生まれの人




明治学院高等学校の出身者
 60  戸川秋骨    玉名市    明治学院大学へ進学Wikipedia
戸川 秋骨 (とがわ しゅうこつ、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1939年(昭和14年)7月9日)は、日本の評論家、英文学者、教育者、翻訳家、随筆家。
明治学院高等学校から明治学院大学への進学者      全国の明治学院大学の出身者      玉名市の出身者      
2月7日生まれの人      1871年生まれの人


早稲田高等学校の出身者
 61  永六輔    早稲田大学へ進学Wikipedia
永 六輔(えい ろくすけ、1933年4月10日 - 2016年7月7日)は、日本のラジオ番組パーソナリティ、タレント、随筆家。元放送作家、作詞家である。本名は永 孝雄(えい たかお)。晩年の所属事務所は「オフィス六丁目」だった。
早稲田高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
4月10日生まれの人      1933年生まれの人
 62  曽宮一念Wikipedia
曾宮 一念(そみや いちねん、1893年9月9日 - 1994年12月21日)は、日本の洋画家、随筆家。
9月9日生まれの人      1893年生まれの人


桜蔭高等学校の出身者
 63  多田智満子    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
多田 智満子(ただ ちまこ、1930年4月6日(戸籍上は4月1日) - 2003年1月23日)は、日本の詩人、随筆家、翻訳家、フランス文学者。福岡県出身。戸籍名、加藤智満子。
桜蔭高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
4月6日生まれの人      1930年生まれの人


京華高等学校の出身者
 64  小島政二郎    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
小島 政二郎(こじま まさじろう、1894年(明治27年)1月31日 - 1994年(平成6年)3月24日)は、日本の小説家、随筆家、俳人。俳号は燕子楼。
京華高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
1月31日生まれの人      1894年生まれの人
 65  木村荘八Wikipedia
木村 荘八(きむら しょうはち、1893年(明治26年)8月21日 - 1958年(昭和33年)11月18日)は、日本の洋画家、随筆家、版画家。
8月21日生まれの人      1893年生まれの人


京華商業高等学校の出身者
 66  尾崎喜八Wikipedia
尾崎 喜八(おざき きはち、1892年1月31日 - 1974年2月4日)は、日本の詩人、随筆家、翻訳家。
1月31日生まれの人      1892年生まれの人


獨協高等学校の出身者
 67  戸川秋骨    玉名市    明治学院大学へ進学Wikipedia
戸川 秋骨 (とがわ しゅうこつ、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1939年(昭和14年)7月9日)は、日本の評論家、英文学者、教育者、翻訳家、随筆家。
獨協高等学校から明治学院大学への進学者      全国の明治学院大学の出身者      玉名市の出身者      
2月7日生まれの人      1871年生まれの人
 68  大町桂月    東京帝国大学へ進学Wikipedia
大町 桂月(おおまち けいげつ、1869年3月6日(明治2年1月24日)- 1925年(大正14年)6月10日)は高知県出身で、近代日本の詩人、歌人、随筆家、評論家。本名:大町芳衛(よしえ)。
獨協高等学校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      
3月6日生まれの人      1869年生まれの人


日本大学豊山高等学校の出身者
 69  坂口安吾    新潟市    東洋大学へ進学Wikipedia
坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。
日本大学豊山高等学校から東洋大学への進学者      全国の東洋大学の出身者      新潟市の出身者      
10月20日生まれの人      1906年生まれの人


光塩女子学院高等科の出身者
 70  有吉玉青    早稲田大学へ進学Wikipedia
有吉 玉青(ありよし たまお、1963年11月16日 - )は、日本の随筆家、小説家。本名は清水 玉青。大阪芸術大学文芸学科教授。
光塩女子学院高等科から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
11月16日生まれの人      1963年生まれの人


立教女学院高等学校の出身者
 71  武田花    東洋大学へ進学Wikipedia
武田 花(たけだはな、1951年10月31日 - )は写真家、エッセイスト。東京都出身。本名は武田花子。両親は作家の武田泰淳、随筆家の武田百合子。主な被写体は、猫と時代から取り残されたような町並みで、写真はモノクロ写真である。
立教女学院高等学校から東洋大学への進学者      全国の東洋大学の出身者      
10月31日生まれの人      1951年生まれの人


学習院高等科の出身者
 72  三島由紀夫    新宿区    東京大学へ進学Wikipedia
三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である[4][5]。『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたTV番組に初めて出演した日本人でもある[6]。
学習院高等科から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      新宿区の出身者      
1月14日生まれの人      1925年生まれの人
 73  入江相政    港区    東京大学へ進学Wikipedia
入江 相政(いりえ すけまさ、1905年(明治38年)6月29日 - 1985年(昭和60年)9月29日)は、日本の官僚、歌人・随筆家である。昭和天皇の侍従・侍従長を長く務めた。従二位勲一等旭日大綬章、勲一等瑞宝章、紺綬褒章・賞杯。
学習院高等科から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      港区の出身者      
6月29日生まれの人      1905年生まれの人


立教池袋高等学校の出身者
 74  安住敦Wikipedia
安住 敦(あずみ あつし、1907年7月1日 - 1988年7月8日)は、俳人、随筆家。前号・安住あつし。多くの人から絶大な人気を誇った。そして今もなお愛され続けている。
7月1日生まれの人      1907年生まれの人


開成高等学校の出身者
 75  虫明亜呂無    文京区    早稲田大学へ進学Wikipedia
虫明 亜呂無(むしあけ あろむ、1923年9月11日 - 1991年6月15日)は、日本の作家、評論家、随筆家、翻訳家。
開成高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      文京区の出身者      
9月11日生まれの人      1923年生まれの人
 76  奥野信太郎    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
奥野 信太郎(おくの しんたろう、1899年〈明治32年〉11月11日 - 1968年〈昭和43年〉1月15日)は、日本の中国文学者、随筆家。
開成高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
11月11日生まれの人      1899年生まれの人
 77  小穴隆一    函館市Wikipedia
小穴 隆一(おあな りゅういち、1894年11月28日 - 1966年4月24日)は、日本の洋画家、随筆家、俳人。俳号は一游亭。
函館市の出身者      
11月28日生まれの人      1894年生まれの人
 78  吹田順助    東京大学へ進学Wikipedia
吹田 順助(すいた じゅんすけ、1883年12月24日 - 1963年7月20日)は、ドイツ文学者、随筆家。
開成高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
12月24日生まれの人      1883年生まれの人


城北高等学校の出身者
 79  丸谷才一    東京大学へ進学Wikipedia
丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。
城北高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
8月27日生まれの人      1925年生まれの人


 80  古山高麗雄    京都大学へ進学Wikipedia
古山 高麗雄(ふるやま こまお、1920年(大正9年)8月6日 - 2002年(平成14年)3月11日)は、日本の小説家、随筆家、編集者。芥川賞作家
城北高等学校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      
8月6日生まれの人      1920年生まれの人


早稲田大学高等学院の出身者
 81  弓館小鰐    早稲田大学へ進学Wikipedia
弓館 小鰐(ゆだて しょうがく、1883年(明治16年)9月28日 - 1958年(昭和33年)8月2日)は日本の新聞記者、随筆家。毎日新聞で記者として活動した他、『西遊記』などの翻訳でも活動した。本名は芳夫(よしお)。本名での活動も多い。
早稲田大学高等学院から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
9月28日生まれの人      1883年生まれの人


日本大学第三高等学校の出身者
 82  小野佐世男Wikipedia
小野 佐世男(おの させお、1905年2月6日 - 1954年2月1日)は、日本の漫画家、画家、随筆家、小説家。神奈川県横浜市出身。漫画評論家の小野耕世は長男。
2月6日生まれの人      1905年生まれの人


自由学園高等科の出身者
 83  山本ふみこWikipedia
山本 ふみこ(やまもと ふみこ、本名・山本 富美子、1958年11月26日 - )は、日本の随筆家。北海道小樽市出身。自由学園最高学部卒。出版者勤務をへて文筆家。武蔵野市教育委員会委員。
11月26日生まれの人      1958年生まれの人


神奈川県立横浜立野高等学校の出身者
 84  武田百合子    横浜市Wikipedia
武田 百合子(たけだ ゆりこ、1925年9月25日 - 1993年5月27日)は随筆家。
横浜市の出身者      
9月25日生まれの人      1925年生まれの人


神奈川県立希望ヶ丘高等学校の出身者
 85  野尻抱影    横浜市    早稲田大学へ進学Wikipedia
野尻 抱影(のじり ほうえい、本名・正英(まさふさ)、1885年11月15日 - 1977年10月30日)は日本の英文学者、随筆家、天文民俗学者。早稲田大学文学部英文学科卒業。準惑星である冥王星の和訳命名者。
神奈川県立希望ヶ丘高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      横浜市の出身者      
11月15日生まれの人      1885年生まれの人


横浜市立戸塚高等学校の出身者
 86  三浦和義Wikipedia
三浦 和義(みうら かずよし、1947年7月27日 - 2008年10月11日)は、山梨県出身の元実業家、随筆家、タレント、俳優。タレント事務所のアルファ・ジャパンプロモーションに所属し、株式会社エヌジーユー代表取締役であった。身長181cm、体重78kg。父方の叔母に元女優・映画プロデューサーの水の江瀧子がいる。いわゆる「ロス疑惑」が取り沙汰された。
7月27日生まれの人      1947年生まれの人


横浜市立横浜商業高等学校の出身者
 87  小島烏水Wikipedia
小島 烏水(こじま うすい、1873年12月29日-1948年12月13日)は、日本の登山家、随筆家、文芸批評家、浮世絵や西洋版画の収集家・研究家。本名は小島 久太。
12月29日生まれの人      1873年生まれの人


横浜雙葉高等学校の出身者
 88  三浦しをん    直木賞    早稲田大学へ進学Wikipedia
三浦 しをん(みうら しをん、本名同じ、1976年(昭和51年)9月23日 - )は、日本の小説家・随筆家である。女性。
横浜雙葉高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      直木賞の出身者      
9月23日生まれの人      1976年生まれの人
 89  海原純子    横浜市    東京慈恵会医科大学へ進学Wikipedia
海原 純子(うみはら じゅんこ、1952年4月1日 - )は、日本の医学者(医学博士)・医師、随筆家、歌手。神奈川県横浜市出身。
横浜雙葉高等学校から東京慈恵会医科大学への進学者      全国の東京慈恵会医科大学の出身者      横浜市の出身者      
4月1日生まれの人      1952年生まれの人


横浜高等学校の出身者
 90  ミッキー安川    横浜市    シンシナティ大学へ進学Wikipedia
ミッキー安川(ミッキーやすかわ、1933年2月10日 - 2010年1月18日)は、日本のタレント、ラジオパーソナリティ、随筆家、実業家。本名は安川 実(やすかわ みのる)。
横浜高等学校からシンシナティ大学への進学者      全国のシンシナティ大学の出身者      横浜市の出身者      
2月10日生まれの人      1933年生まれの人


慶應義塾高等学校の出身者
 91  星野道夫    市川市    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
星野 道夫(ほしの みちお、1952年9月27日 - 1996年8月8日)は、写真家、探検家、詩人。千葉県市川市出身。 
慶應義塾高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      市川市の出身者      
9月27日生まれの人      1952年生まれの人
 92  梅田晴夫    新宿区    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
梅田 晴夫(うめだ はるお、1920年8月12日 - 1980年12月21日)は、日本のフランス文学者、劇作家、小説家、随筆家。本名は梅田晃(あきら)。慶應義塾大学大学院修了。舞台劇やラジオドラマの脚本、物の歴史に関する著述や翻訳などで活躍した。パイプや万年筆などの収集家としても知られる。梅田望夫、梅田みかは子。
慶應義塾高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      新宿区の出身者      
8月12日生まれの人      1920年生まれの人


栄光学園高等学校の出身者
 93  松原秀行    川崎市    早稲田大学へ進学Wikipedia
松原 秀行(まつばら ひでゆき、1949年4月20日 - )は、小説家・随筆家。神奈川県川崎市出身。栄光学園高等学校16期生、早稲田大学第一文学部人文学専修卒。
栄光学園高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      川崎市の出身者      
4月20日生まれの人      1949年生まれの人


新潟県立新潟高等学校の出身者
 94  坂口安吾    新潟市    東洋大学へ進学Wikipedia
坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。
新潟県立新潟高等学校から東洋大学への進学者      全国の東洋大学の出身者      新潟市の出身者      
10月20日生まれの人      1906年生まれの人


新潟県立長岡高等学校の出身者
 95  半藤一利    東京大学へ進学Wikipedia
半藤 一利(はんどう かずとし 1930年(昭和5年)5月21日 - )は、日本の作家、随筆家。近現代史、特に昭和史に関し人物論・史論を、対談・座談も含め多く刊行している。
新潟県立長岡高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
5月21日生まれの人      1930年生まれの人


新潟県立柏崎高等学校の出身者
 96  石黒敬七    柏崎市    早稲田大学へ進学Wikipedia
石黒 敬七(いしぐろ けいしち、1897年8月10日 - 1974年10月1日)は、日本の柔道家(講道館8段、大日本武徳会10段)、随筆家、古写真収集家。
新潟県立柏崎高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      柏崎市の出身者      
8月10日生まれの人      1897年生まれの人


石川県立小松高等学校の出身者
 97  中谷宇吉郎    加賀市     東京帝国大学へ進学Wikipedia
中谷 宇吉郎(なかや うきちろう、1900年(明治33年)7月4日 - 1962年(昭和37年)4月11日)は、日本の物理学者、随筆家。位階は正三位。勲等は勲一等。学位は理学博士(京都帝国大学・1931年)。
石川県立小松高等学校から 東京帝国大学への進学者      全国の 東京帝国大学の出身者      加賀市の出身者      
7月4日生まれの人      1900年生まれの人


福井県立藤島高等学校の出身者
 98  荒川洋治    早稲田大学へ進学Wikipedia
荒川 洋治(あらかわ ようじ、1949年4月18日 - )は、日本の現代詩作家、随筆家である。愛知淑徳大学教授。本名の読みはひろはる。
福井県立藤島高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
4月18日生まれの人      1949年生まれの人
 99  深田久弥    加賀市Wikipedia
深田 久弥(深田 久彌、ふかた きゅうや、1903年3月11日 - 1971年3月21日)は、石川県大聖寺町(現在の加賀市)生まれの小説家(随筆家)及び登山家である。
加賀市の出身者      
3月11日生まれの人      1903年生まれの人




長野県長野高等学校の出身者
 100  別役実    早稲田大学へ進学Wikipedia
別役 実(べっちゃく みのる、べつやく みのる 1937年4月6日 - )は、劇作家、童話作家、評論家、随筆家である。名の正式な表記は實。サミュエル・ベケットの影響を受け、日本の不条理演劇を確立した第一人者である。日本藝術院会員。
長野県長野高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
4月6日生まれの人      1937年生まれの人


長野県上田高等学校の出身者
 101  永六輔    早稲田大学へ進学Wikipedia
永 六輔(えい ろくすけ、1933年4月10日 - 2016年7月7日)は、日本のラジオ番組パーソナリティ、タレント、随筆家。元放送作家、作詞家である。本名は永 孝雄(えい たかお)。晩年の所属事務所は「オフィス六丁目」だった。
長野県上田高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
4月10日生まれの人      1933年生まれの人


長野県松本深志高等学校の出身者
 102  熊谷寛夫    東京帝国大学へ進学Wikipedia
熊谷 寛夫(くまがい ひろお、1911年2月16日 - 1977年11月5日)は、日本の物理学者。日本物理学会会長や日本学術会議の委員を務め、世界初の「可変エネルギーサイクロトロン」を完成させ、「高エネルギー物理学の父」と言われる。長野県東筑摩郡寿村(現・松本市)生まれ。旧姓青木。
長野県松本深志高等学校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      
2月16日生まれの人      1911年生まれの人


静岡県立浜松北高等学校の出身者
 103  木村綾子    明治大学へ進学Wikipedia
木村 綾子(きむら あやこ、1980年7月19日 - )は、日本の作家、小説家、ライター、エッセイスト、タレント、下北沢の書店B&Bスタッフ。
静岡県立浜松北高等学校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      
7月19日生まれの人      1980年生まれの人


静岡県立三島北高等学校の出身者
 104  冨士眞奈美Wikipedia
冨士 眞奈美(ふじ まなみ、本名;岩崎 真奈美、1938年1月15日 - )は、女優・随筆家・俳人。血液型はA型。アンテーヌ所属。
1月15日生まれの人      1938年生まれの人


静岡県立藤枝東高等学校の出身者
 105  池田潔    静岡県立大学へ進学Wikipedia
池田 潔(いけだ きよし、1903年10月4日 - 1990年3月14日)は、日本のイギリス文学者、評論家、随筆家である。
静岡県立藤枝東高等学校から静岡県立大学への進学者      全国の静岡県立大学の出身者      
10月4日生まれの人      1903年生まれの人


静岡県立下田高等学校の出身者
 106  車谷弘Wikipedia
車谷 弘(くるまたに ひろし、1906年8月28日 - 1978年4月16日)は、日本の編集者、随筆家。文藝春秋社に勤め、戦後菊池寛が同社を解散した際、佐佐木茂索、鷲尾洋三らとともに文藝春秋新社を設立し、『文藝春秋』、『オール讀物』の編集長などを歴任、同社専務となった。小説を書くほか俳句をし、渡辺水巴、久保田万太郎に師事した。『銀座百点』の編集に携わり、向田邦子に連載を勧めた。その他、内田百閒の『ノラや』などの装丁を担当したこともある。1977年、『わが俳句交遊記』で芸術選奨文部大臣賞受賞。
8月28日生まれの人      1906年生まれの人


愛知県立旭丘高等学校の出身者
 107  赤瀬川原平    横浜市    武蔵野美術大学へ進学Wikipedia
赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい、1937年3月27日 - 2014年10月26日)は、日本の前衛美術家、随筆家、作家。本名、赤瀬川克彦。純文学作家としては尾辻 克彦(おつじ かつひこ)というペンネームがある。神奈川県横浜市中区本牧町生まれ。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)油絵学科中退。
愛知県立旭丘高等学校から武蔵野美術大学への進学者      全国の武蔵野美術大学の出身者      横浜市の出身者      
3月27日生まれの人      1937年生まれの人
 108  小酒井不木Wikipedia
小酒井 不木(こさかい ふぼく、本名:小酒井 光次(こさかい みつじ)、1890年(明治23年)10月8日 - 1929年(昭和4年)4月1日)は、日本の医学者、随筆家、翻訳家、推理作家。別名「鳥井零水」。
10月8日生まれの人      1890年生まれの人


愛知県立名古屋西高等学校の出身者
 109  諏訪哲史    國學院大學へ進学Wikipedia
諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家・随筆家・評論家。
愛知県立名古屋西高等学校から國學院大學への進学者      全国の國學院大學の出身者      
10月26日生まれの人      1969年生まれの人


名古屋高等学校の出身者
 110  牧野義雄    豊田市Wikipedia
牧野 義雄(まきの よしお、1870年1月26日(明治2年12月25日) - 1956年(昭和31年)10月18日)は、愛知県西加茂郡挙母村(現:豊田市)出身で、主にイギリスで活動した画家、随筆家である。
豊田市の出身者      
1月26日生まれの人      1870年生まれの人


栄徳高等学校の出身者
 111  江口都子Wikipedia未登録
エッセイスト随筆家


豊川高等学校の出身者
 112  佐野有美Wikipedia
佐野有美(さの あみ、1990年4月6日 - )は、日本の詩人、随筆家、講演活動家、歌手、タレントである。血液型O型。
4月6日生まれの人      1990年生まれの人


滋賀県立膳所高等学校の出身者
 113  種村直樹    大津市    京都大学へ進学Wikipedia
種村 直樹(たねむら なおき、1936年3月7日 - 2014年11月6日)は、日本の作家、随筆家、評論家。
滋賀県立膳所高等学校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      大津市の出身者      
3月7日生まれの人      1936年生まれの人


同志社高等学校の出身者
 114  青柳有美    秋田市    同志社大学へ進学Wikipedia
青柳 有美(あおやぎ ゆうび、1873年(明治6年)9月27日 - 1945年(昭和20年)7月10日)は、ジャーナリスト、随筆家、牧師。
同志社高等学校から同志社大学への進学者      全国の同志社大学の出身者      秋田市の出身者      
9月27日生まれの人      1873年生まれの人


大阪府立大手前高等学校の出身者
 115  新家靖之    金沢大学へ進学Wikipedia
新家 靖之(しんか やすゆき、1946年11月25日 O型- )は、日本の旅行作家・随筆家。日本旅行作家協会員。
大阪府立大手前高等学校から金沢大学への進学者      全国の金沢大学の出身者      
11月25日生まれの人      1946年生まれの人


相愛高等学校の出身者
 116  岡部伊都子    大阪市Wikipedia
岡部 伊都子(おかべ いつこ、1923年3月6日 - 2008年4月29日)は、日本の随筆家。
大阪市の出身者      
3月6日生まれの人      1923年生まれの人


兵庫県立姫路西高等学校の出身者
 117  永田秀次郎    三原郡緑町(現南あわじ市)    京都大学へ進学Wikipedia
永田 秀次郎(ながた ひでじろう、1876年(明治9年)7月23日 - 1943年(昭和18年)9月17日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の官僚、政治家、俳人、随筆家。第18代官選三重県知事、第8代・第14代東京市長、第4代拓殖大学総長、貴族院勅選議員。広田内閣の拓務大臣、阿部内閣の鉄道大臣を歴任。俳名・筆名は永田 青嵐(ながた せいらん)で出版した著書も多い。
兵庫県立姫路西高等学校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      三原郡緑町(現南あわじ市)の出身者      
7月23日生まれの人      1876年生まれの人


姫路市立飾磨高等学校の出身者
 118  車谷長吉    飾磨市     慶應義塾大学へ進学Wikipedia
車谷 長吉(くるまたに ちょうきつ、1945年7月1日 - 2015年5月17日)は日本の作家、随筆家、俳人。本名、車谷 嘉彦(くるまたに よしひこ)。兵庫県飾磨市(現・姫路市飾磨区)出身。筆名の「長吉」は唐代の詩人李賀にちなむ。妻は詩人の高橋順子。
姫路市立飾磨高等学校から 慶應義塾大学への進学者      全国の 慶應義塾大学の出身者      飾磨市の出身者      
7月1日生まれの人      1945年生まれの人


兵庫県立龍野高等学校の出身者
 119  三木露風    たつの市    早稲田大学へ進学Wikipedia
三木 露風(みき ろふう、1889年(明治22年)6月23日 - 1964年(昭和39年)12月29日)は、日本の詩人、童謡作家、歌人、随筆家。本名は三木 操(みき みさお)。異父弟に映画カメラマンの碧川道夫がいる。
兵庫県立龍野高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      たつの市の出身者      
6月23日生まれの人      1889年生まれの人




灘高等学校の出身者
 120  中島らも    尼崎市    大阪芸術大学へ進学Wikipedia
中島 らも(なかじま らも、1952年4月3日 - 2004年7月26日)は、日本の小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャン。本名は中島 裕之(なかじま ゆうし)。ペンネームの由来は、無声映画時代の剣戟俳優、羅門光三郎から[4]。活動当初は「羅門」「Ramon」「らもん」等のペンネームで雑誌に詩の投稿をしており、仲間内でも「らもん」を名乗っていたが「読者に名前を覚えてもらいやすいように」と1982年に「らも」に改名した。本稿では名の表記を、原則として「らも」で統一する。
灘高等学校から大阪芸術大学への進学者      全国の大阪芸術大学の出身者      尼崎市の出身者      
4月3日生まれの人      1952年生まれの人
 121  楠本憲吉    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
楠本 憲吉(くすもと けんきち、1921年12月19日 - 1988年12月17日)は、俳人、随筆家。大阪府生まれ。実家は料亭・なだ万。灘中学校 (旧制)の同級に遠藤周作がいる。慶應義塾大学法学部卒、さらに学士入学で仏文科卒。在学中、1945年より句作を始め「慶大俳句」を組織し、日野草城に師事。のち草城の「青玄」無鑑査同人となる。俳誌「野の会」を主宰、俳句作家連盟会長、現代俳句協会顧問、東横学園女子短期大学客員教授を歴任。一般向けの随筆も多く、女性論、家族論、手紙、食事、酒など話題が豊富で洒脱な語り口ゆえ、テレビにもしばしば出演した。
灘高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
12月19日生まれの人      1921年生まれの人


小林聖心女子学院高等学校の出身者
 122  須賀敦子    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
須賀 敦子(すが あつこ、1929年2月1日 - 1998年3月20日)は、日本の随筆家・イタリア文学者。 従兄弟には、考古学者で同志社大学名誉教授の森浩一がいる。 20代後半から30代が終わるまでイタリアで過ごし、40代はいわゆる専業非常勤講師として過ごす。50代以降、イタリア文学の翻訳者として脚光を浴び、50代後半からは随筆家としても注目を浴びた。 2014年には、イタリア語から日本語への優れた翻訳を表彰する須賀敦子翻訳賞が創設された。
小林聖心女子学院高等学校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
2月1日生まれの人      1929年生まれの人


島根県立松江北高等学校の出身者
 123  永井隆    松江市    明治大学へ進学Wikipedia
永井 隆(ながい たかし、1908年(明治41年)2月3日 - 1951年(昭和26年)5月1日)は、日本の医学博士、随筆家。『長崎の鐘』や『この子を残して』等の著書がある。
島根県立松江北高等学校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      松江市の出身者      
2月3日生まれの人      1908年生まれの人
 124  小泉八雲    松江市Wikipedia
小泉 八雲(こいずみ やくも、1850年6月27日 - 1904年(明治37年)9月26日)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、紀行文作家、随筆家、小説家、日本研究家、日本民俗学者。東洋と西洋の両方に生きたとも言われる。 出生名はパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)。ラフカディオが一般的にファーストネームとして知られているが、実際はミドルネームである。アイルランドの守護聖人・聖パトリックにちなんだファーストネームは、ハーン自身キリスト教の教義に懐疑的であったため、この名をあえて使用しなかったといわれる。 日本・東京府豊多摩郡大久保村西大久保
松江市の出身者      
6月27日生まれの人      1850年生まれの人


岡山県立岡山朝日高等学校の出身者
 125  内田百間    岡山市    東京帝国大学へ進学Wikipedia
內田 百閒(うちだ ひゃっけん、1889年(明治22年)5月29日 - 1971年(昭和46年)4月20日)は、夏目漱石門下の日本の小説家、随筆家。本名は内田 榮造。
岡山県立岡山朝日高等学校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      岡山市の出身者      
5月29日生まれの人      1889年生まれの人
 126  薄田泣菫    浅口郡大江連島村(現・倉敷市)    二松學舍大学へ進学Wikipedia
薄田 泣菫(すすきだ きゅうきん、1877年(明治10年)5月19日 - 1945年(昭和20年)10月9日)は、日本の詩人・随筆家。本名、淳介(じゅんすけ)。
岡山県立岡山朝日高等学校から二松學舍大学への進学者      全国の二松學舍大学の出身者      浅口郡大江連島村(現・倉敷市)の出身者      
5月19日生まれの人      1877年生まれの人


岡山県立西大寺高等学校の出身者
 127  時実新子    岡山市Wikipedia
時実 新子(ときざね しんこ、本名:大野 恵美子(おおの えみこ)、1929年1月23日 - 2007年3月10日)は、日本の川柳作家、随筆家。日本の川柳界の第一人者として知られた。岡山県上道郡九蟠村(現・岡山市東区西大寺)出身。
岡山市の出身者      
1月23日生まれの人      1929年生まれの人


岡山県立和気閑谷高等学校の出身者
 128  三木露風    たつの市    早稲田大学へ進学Wikipedia
三木 露風(みき ろふう、1889年(明治22年)6月23日 - 1964年(昭和39年)12月29日)は、日本の詩人、童謡作家、歌人、随筆家。本名は三木 操(みき みさお)。異父弟に映画カメラマンの碧川道夫がいる。
岡山県立和気閑谷高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      たつの市の出身者      
6月23日生まれの人      1889年生まれの人


広島県立福山誠之館高等学校の出身者
 129  福原麟太郎    東京教育大学へ進学Wikipedia
福原 麟太郎(ふくはら りんたろう、1894年10月23日 - 1981年1月18日)は、日本の英文学者、随筆家。福山市名誉市民。
広島県立福山誠之館高等学校から東京教育大学への進学者      全国の東京教育大学の出身者      
10月23日生まれの人      1894年生まれの人


広島県立呉三津田高等学校の出身者
 130  田中小実昌    呉市Wikipedia
田中 小実昌(たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月26日)は、日本の小説家、翻訳家、随筆家。
呉市の出身者      
4月29日生まれの人      1925年生まれの人


山口県立岩国高等学校の出身者
 131  宇野千代    岩国市Wikipedia
宇野 千代(うの ちよ、1897年(明治30年)11月28日 - 1996年(平成8年)6月10日)は、大正・昭和・平成にかけて活躍した日本の小説家、随筆家。多才で知られ、編集者、着物デザイナー、実業家の顔も持った。作家の尾崎士郎、梶井基次郎、画家の東郷青児、北原武夫など、多くの著名人との恋愛・結婚遍歴を持ち、その波乱に富んだ生涯はさまざまな作品の中で描かれている。
岩国市の出身者      
11月28日生まれの人      1897年生まれの人


愛媛県立三島高等学校の出身者
 132  進藤純孝    東京帝国大学へ進学Wikipedia
進藤 純孝(しんどう じゅんこう、1922年(大正11年)1月1日 - 1999年(平成11年)5月9日)は、東京出身の文芸評論家、随筆家、小説家。本名は若倉 雅郎(わかくら まさお)、旧姓は進藤(しんどう)。川端康成・志賀直哉・芥川龍之介などの論考や、同時代の第三の新人を含む昭和文学の評伝で知られるほか、随筆や小説も書いた。
愛媛県立三島高等学校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      
1月1日生まれの人      1922年生まれの人


愛媛県立松山東高等学校の出身者
 133  敷村良子    放送大学へ進学Wikipedia
敷村 良子(しきむら よしこ、1961年 - )は、日本の小説家、随筆家。新潟県在住。夫は新潟国際情報大学教授の越智敏夫。
愛媛県立松山東高等学校から放送大学への進学者      全国の放送大学の出身者      
1961年生まれの人
 134  河東碧梧桐    東北大学へ進学Wikipedia
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年(明治6年)2月26日 - 1937年(昭和12年)2月1日)は、日本の俳人・随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。
愛媛県立松山東高等学校から東北大学への進学者      全国の東北大学の出身者      
2月26日生まれの人      1873年生まれの人


愛媛県立松山商業高等学校の出身者
 135  越智二良Wikipedia
越智 二良(おち じろう、1891年 ‐ 1991年)は愛媛県出身の随筆家である。俳号は水草。
1891年生まれの人


高知県立高知追手前高等学校の出身者
 136  寺田寅彦    東京大学へ進学Wikipedia
寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 - 1935年(昭和10年)12月31日)は、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓(“ニュートン”)、藪柑子(“やぶこうじ”)の筆名でも知られる。高知県出身(出生地は東京市)。
高知県立高知追手前高等学校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
11月28日生まれの人      1878年生まれの人


高知県立山田高等学校の出身者
 137  はらたいら    香美市Wikipedia
はら たいら(本名:原 平、1943年3月8日 - 2006年11月10日)は、日本の男性漫画家、随筆家、タレント。血液型B型。高知県香美郡土佐山田町(現香美市)出身、東京都文京区小石川に居住していた。
香美市の出身者      
3月8日生まれの人      1943年生まれの人


高知学芸高等学校の出身者
 138  宮脇孝雄    早稲田大学へ進学Wikipedia
宮脇 孝雄(みやわき たかお、1954年2月14日 - )は日本の翻訳家、随筆家、文芸評論家。高知県土佐市生まれ。ユニカレッジ講師、専修大学非常勤講師。日本文芸家協会、日本推理作家協会会員。
高知学芸高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
2月14日生まれの人      1954年生まれの人


福岡県立福島高等学校の出身者
 139  五木寛之    八女市    早稲田大学へ進学Wikipedia
五木 寛之(いつき ひろゆき、1932年9月30日 - )は、日本の小説家・随筆家。作詞家としての活動も多い。旧姓は松延(まつのぶ)。
福岡県立福島高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      八女市の出身者      
9月30日生まれの人      1932年生まれの人




西南学院高等学校の出身者
 140  田中小実昌    呉市Wikipedia
田中 小実昌(たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月26日)は、日本の小説家、翻訳家、随筆家。
呉市の出身者      
4月29日生まれの人      1925年生まれの人


佐賀県立小城高等学校の出身者
 141  宗内敦    東京教育大学へ進学Wikipedia
宗内 敦(むねうち あつし、1935年12月8日 - )は日本の臨床心理学者。都留文科大学名誉教授、随筆家。日本教育心理学会終身会員。日本ペンクラブ会員。生徒指導と性格検査法を専攻。
佐賀県立小城高等学校から東京教育大学への進学者      全国の東京教育大学の出身者      
12月8日生まれの人      1935年生まれの人


佐賀県立佐賀工業高等学校の出身者
 142  吉田絃二郎    早稲田大学へ進学Wikipedia
吉田 絃二郎(よしだ げんじろう、1886年11月24日 - 1956年4月21日)は、日本の小説家、随筆家。佐賀県神埼郡西郷村(現在の神埼市)に生まれ、幼時に長崎県佐世保市に移る。本名は吉田源次郎。
佐賀県立佐賀工業高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
11月24日生まれの人      1886年生まれの人


長崎県立大村高等学校の出身者
 143  田川大吉郎    早稲田大学へ進学Wikipedia
田川 大吉郎(たがわ だいきちろう、1869年11月29日(明治2年10月26日) - 1947年(昭和22年)10月9日)は、新聞記者、評論家、随筆家、社会運動家、官僚、衆議院議員、キリスト教徒。
長崎県立大村高等学校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
11月29日生まれの人      1869年生まれの人


熊本県立鹿本高等学校の出身者
 144  前田静良Wikipedia未登録
随筆家


大分県立大分舞鶴高等学校の出身者
 145  赤瀬川原平    横浜市    武蔵野美術大学へ進学Wikipedia
赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい、1937年3月27日 - 2014年10月26日)は、日本の前衛美術家、随筆家、作家。本名、赤瀬川克彦。純文学作家としては尾辻 克彦(おつじ かつひこ)というペンネームがある。神奈川県横浜市中区本牧町生まれ。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)油絵学科中退。
大分県立大分舞鶴高等学校から武蔵野美術大学への進学者      全国の武蔵野美術大学の出身者      横浜市の出身者      
3月27日生まれの人      1937年生まれの人


宮崎県立小林高等学校の出身者
 146  銀色夏生    えびの市    埼玉大学へ進学Wikipedia
銀色 夏生(ぎんいろ なつを、1960年 - )は、日本の女性詩人、随筆家、写真家。宮崎県出身。
宮崎県立小林高等学校から埼玉大学への進学者      全国の埼玉大学の出身者      えびの市の出身者      
1960年生まれの人


スポンサーリンク




有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク