出身高校別の有名人 >沖縄県立首里高等学校出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:56,568人
このサイトに登録されている「沖縄県立首里高等学校」出身の有名人の数:70人



スポンサーリンク




沖縄県立首里高等学校の出身者
 1  下地紫野Wikipedia
下地 紫野(しもじ しの、1993年6月4日 - )は、日本の女性声優、歌手。沖縄県出身。血液型はA型。青二塾東京校33期卒業。青二プロダクション所属。
6月4日生まれの人      1993年生まれの人
 2  小林真樹子    那覇市の出身     桜美林大学へ進学Wikipedia
小林 真樹子(こばやし まきこ、1978年(昭和53年)9月21日 - )は、かつてRBC琉球放送に在籍していたアナウンサー。
全国の 桜美林大学の出身者      那覇市の出身者      
9月21日生まれの人      1978年生まれの人
 3  石嶺聡子    那覇市の出身Wikipedia
石嶺 聡子(いしみね さとこ、1975年10月3日 - )は、日本の女性歌手、シンガーソングライター。沖縄県那覇市出身。
那覇市の出身者      
10月3日生まれの人      1975年生まれの人
 4  ゴリ    那覇市の出身    日本大学へ進学Wikipedia
ゴリ(1972年5月22日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優、映画監督であり、お笑いコンビガレッジセールのボケ担当である。本名、照屋 年之(てるや としゆき)。
全国の日本大学の出身者      那覇市の出身者      
5月22日生まれの人      1972年生まれの人
 5  高良倉吉    伊是名村の出身    愛知教育大学へ進学Wikipedia
高良 倉吉(たから くらよし、1947年10月1日 - )は、沖縄県の歴史学者。琉球大学名誉教授。専門は琉球史。特に琉球王国の内部構造、アジアとの交流史を研究する。
全国の愛知教育大学の出身者      伊是名村の出身者      
10月1日生まれの人      1947年生まれの人
 6  石原昌家    大阪外国語大学へ進学Wikipedia
石原 昌家(いしはら まさいえ、1941年 - )は、日本の社会学者。沖縄国際大学名誉教授。台湾出身。
全国の大阪外国語大学の出身者      
1941年生まれの人
 7  比嘉康雄Wikipedia
比嘉 康雄(ひが やすお、1938年 - 2000年)は、沖縄県の写真家。フィリピン生まれ。東京写真専門学校卒業。
1938年生まれの人
 8  尚弘子    那覇市の出身    ミシガン州立大学へ進学Wikipedia
尚 弘子(しょう ひろこ、1932年12月25日 - )は、日本の農学者。琉球大学名誉教授。1991年から1994年には日本では2番目の女性副知事として沖縄県副知事に就任していた。
全国のミシガン州立大学の出身者      那覇市の出身者      
12月25日生まれの人      1932年生まれの人
 9  外間寛    中央大学へ進学Wikipedia
外間 寛(ほかま ひろし、1932年10月9日 - )は、日本の法学者。行政法学者。元中央大学学長・総長。沖縄県那覇市出身。
全国の中央大学の出身者      
10月9日生まれの人      1932年生まれの人
 10  尚詮    那覇市の出身    宇都宮大学へ進学Wikipedia
尚 詮(しょう せん、1926年12月23日 - 1990年8月31日)は、昭和の実業家。琉球王国19代尚泰王の四男・尚順の六男。
全国の宇都宮大学の出身者      那覇市の出身者      
12月23日生まれの人      1926年生まれの人
 11  親泊康晴    那覇市の出身    久留米大学へ進学Wikipedia
親泊 康晴(おやどまり こうせい、1926年8月28日 - 2005年4月11日)は、日本の政治家。1984年から2000年まで沖縄県那覇市長を務めた。
全国の久留米大学の出身者      那覇市の出身者      
8月28日生まれの人      1926年生まれの人
 12  大田昌秀    具志川村の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
大田 昌秀(おおた まさひで、1925年6月12日 - )は、日本、沖縄の政治家、社会学者。元沖縄県知事、元社会民主党参議院議員。琉球大学名誉教授。特定非営利活動法人沖縄国際平和研究所理事長。沖縄県島尻郡具志川村(現・久米島町)出身。
全国の早稲田大学の出身者      具志川村の出身者      
6月12日生まれの人      1925年生まれの人
 13  当山全信Wikipedia
当山 全信(とうやま ぜんしん、1910年(明治43年) - 1945年(昭和20年)1月23日)は、日本の海軍軍人。「伊48」潜水艦長として「回天」作戦中、米駆逐艦に乗艦を撃沈され戦死した。最終階級は海軍中佐。
1910年生まれの人
 14  古波蔵保好    首里市の出身    東京外国語大学へ進学Wikipedia
古波蔵 保好(こはぐら ほこう・やすよし、1910年3月23日 - 2001年8月30日)は、日本のエッセイスト、評論家。妻は服飾評論家の鯨岡阿美子。
全国の東京外国語大学の出身者      首里市の出身者      
3月23日生まれの人      1910年生まれの人
 15  石野径一郎    那覇市の出身    法政大学へ進学Wikipedia
石野径一郎(いしの けいいちろう、1909年(明治42年)3月28日 - 1990年(平成2年)8月3日)は日本の作家。沖縄県出身。本名は石野朝和。もとは高江洲朝和であったが、石野へ改姓し、筆名は径一郎とした。代表作は沖縄戦を題材にした『ひめゆりの塔』で、戯曲化・映画化もされた。また、直木賞候補にもなった対馬丸事件を描いた『沖縄の民』や『残波岬の決闘』などもある。
全国の法政大学の出身者      那覇市の出身者      
3月28日生まれの人      1909年生まれの人
 16  仲宗根政善    今帰仁村の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
仲宗根政善(なかそね せいぜん、1907年4月26日-1995年2月14日)は、日本の教育者、言語学者、琉球大学名誉教授。
全国の東京帝国大学の出身者      今帰仁村の出身者      
4月26日生まれの人      1907年生まれの人
 17  平良良松    那覇市の出身    法政大学へ進学Wikipedia
平良 良松(たいら りょうしょう、1907年11月12日 - 1990年3月19日)は、日本の政治家。沖縄県那覇市長(4期)などを務めた。
全国の法政大学の出身者      那覇市の出身者      
11月12日生まれの人      1907年生まれの人
 18  大田政作    国頭村の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
大田 政作(おおた せいさく、1904年2月12日 - 1999年8月18日)は、日本の官僚、琉球政府の政治家。元琉球政府行政主席(1959年10月21日 - 1964年11月1日)。
全国の早稲田大学の出身者      国頭村の出身者      
2月12日生まれの人      1904年生まれの人
 19  安里積千代    座間味村の出身    日本大学へ進学Wikipedia
安里 積千代(あさと つみちよ、1903年8月22日 - 1986年9月30日)は、八重山群島政府及び琉球政府の政治家。元衆議院議員(沖縄社会大衆党→民社党)。
全国の日本大学の出身者      座間味村の出身者      
8月22日生まれの人      1903年生まれの人


 20  親泊朝省    陸軍士官学校へ進学Wikipedia
親泊 朝省(おやどまり ちょうせい、1903年(明治36年)9月18日 - 1945年(昭和20年)9月3日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大佐。沖縄県出身。大本営陸軍部報道部部長、内閣情報局情報官。
全国の陸軍士官学校の出身者      
9月18日生まれの人      1903年生まれの人
 21  山之口貘    那覇市の出身Wikipedia
山之口 貘(やまのくち ばく、1903年(明治36年)9月11日 - 1963年(昭和38年)7月19日)は、沖縄県那覇区(那覇市)東町大門前出身の詩人である。本名は、山口 重三郎(やまぐち じゅうさぶろう)。薩摩国(移住当時、後大隅国)口之島から、琉球王国へ移住した帰化人の子孫。197編の詩を書き4冊の詩集を出した。
那覇市の出身者      
9月11日生まれの人      1903年生まれの人
 22  山里永吉Wikipedia
山里 永吉(やまざと えいきち 1902年8月18日 - 1989年5月5日)は、沖縄の画家、作家。 沖縄県生まれ。日本美術学校中退。田河水泡、村山知義と交わる。『マヴォ』同人。1927年沖縄に帰り、脚本や新聞小説を執筆。戦後は琉球博物館長、琉球芸能連盟会長。脚本に「首里城明渡し」などがある。
8月18日生まれの人      1902年生まれの人
 23  渡名喜守定    海軍兵学校へ進学Wikipedia
渡名喜 守定(となき しゅてい、1902年2月5日 - 1993年2月1日)は、日本の海軍軍人。
全国の海軍兵学校の出身者      
2月5日生まれの人      1902年生まれの人
 24  当間重民    那覇市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
当間 重民(とうま じゅうみん、1900年8月19日 - 1952年2月8日)は、戦前の沖縄県、沖縄諮詢会、及び沖縄民政府時代の政治家で那覇市長。
全国の早稲田大学の出身者      那覇市の出身者      
8月19日生まれの人      1900年生まれの人
 25  当間重剛    那覇市の出身    京都大学へ進学Wikipedia
当間 重剛(とうま じゅうごう、1895年3月25日 - 1971年10月20日)は、戦前の沖縄県及び琉球政府の政治家・裁判官。元那覇市長・琉球政府行政主席(1956年11月11日 - 1959年11月10日)。
全国の京都大学の出身者      那覇市の出身者      
3月25日生まれの人      1895年生まれの人
 26  徳田球一    名護市の出身    日本大学へ進学Wikipedia
徳田 球一(とくだ きゅういち、1894年(明治27年)9月12日 - 1953年(昭和28年)10月14日)は、日本の政治運動家、革命家、弁護士、政治家。衆議院議員(3期)、戦前の非合法政党時代より戦後初期に至るまでの日本共産党の代表的活動家で、戦後初代の書記長を務めた。徳球の愛称で知られる。沖縄県国頭郡名護村(現沖縄県名護市)出身。
全国の日本大学の出身者      名護市の出身者      
9月12日生まれの人      1894年生まれの人
 27  下地玄信    宮古島市の出身Wikipedia
下地 玄信(しもじ げんしん、明治27年(1894年)6月30日 - 昭和59年(1984年)5月23日)は、日本の公認会計士。民間人で最も重い日本公認会計士協会初代副会長などを歴任。沖縄県宮古島市出身。戦前から、会計士支部の広域化を目指し、監査を国の公認とする日本公認会計士協会設立に尽力した。
宮古島市の出身者      
6月30日生まれの人      1894年生まれの人
 28  伊礼肇    北谷町の出身    京都帝国大学へ進学Wikipedia
伊礼 肇(伊禮 肇、いれい / いれ はじめ、1893年(明治26年)10月15日 - 1976年(昭和51年)6月7日)は、沖縄県出身の弁護士、政治家。衆議院議員。
全国の京都帝国大学の出身者      北谷町の出身者      
10月15日生まれの人      1893年生まれの人
 29  佐喜眞興英    宜野湾市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
佐喜眞 興英(さきま こうえい、1893年(明治26年)10月26日 - 1925年(大正14年)6月13日)は、沖縄県宜野湾市出身で、民俗学者。
全国の東京帝国大学の出身者      宜野湾市の出身者      
10月26日生まれの人      1893年生まれの人
 30  平良辰雄    大宜味村の出身Wikipedia
平良 辰雄(たいら たつお、1892年4月6日 - 1969年7月26日)は、戦前の沖縄県の官僚で、沖縄群島政府及び琉球政府の政治家。
大宜味村の出身者      
4月6日生まれの人      1892年生まれの人
 31  仲吉良光Wikipedia
仲吉良光(なかよし りょうこう、1887年(明治20年)5月23日 - 1974年(昭和49年)3月1日)は、沖縄県出身のジャーナリスト、政治家。後半生を沖縄の日本復帰運動に挺身し、「復帰男」「沖縄復帰の父」と呼ばれた。
5月23日生まれの人      1887年生まれの人
 32  当真嗣合Wikipedia
当真 嗣合(とうま しごう、1884年(明治17年)11月10日 - 1946年(昭和21年)8月24日)は、日本の衆議院議員(立憲民政党)、ジャーナリスト。
11月10日生まれの人      1884年生まれの人
 33  志喜屋孝信    うるま市の出身    広島大学へ進学Wikipedia
志喜屋 孝信(しきや こうしん、1884年(明治17年)4月19日 - 1955年(昭和30年)1月26日)は、日本の教育者、政治家。 太平洋戦争後、アメリカ統治下の沖縄で、沖縄諮詢会委員長や初代沖縄民政府知事のほか、琉球大学の初代学長を務めた。
全国の広島大学の出身者      うるま市の出身者      
4月19日生まれの人      1884年生まれの人
 34  東恩納寛惇    那覇市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
東恩納 寛惇(ひがしおんな かんじゅん、1882年10月14日 - 1963年1月24日)は、日本の歴史学者である。沖縄県那覇市出身。
全国の東京帝国大学の出身者      那覇市の出身者      
10月14日生まれの人      1882年生まれの人
 35  漢那憲和    那覇市の出身    海軍兵学校へ進学Wikipedia
漢那 憲和(かんな けんわ、1877年9月6日 - 1950年7月29日)は、日本の海軍軍人、政治家。最終階級は海軍少将。衆議院議員。海軍兵学校27期卒。
全国の海軍兵学校の出身者      那覇市の出身者      
9月6日生まれの人      1877年生まれの人
 36  伊波普猷    那覇市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
伊波 普猷(いは ふゆう、1876年(明治9年)3月15日 - 1947年(昭和22年)8月13日)は、沖縄県那覇市出身の民俗学者、言語学者、沖縄学の父として知られる。
全国の東京帝国大学の出身者      那覇市の出身者      
3月15日生まれの人      1876年生まれの人
 37  金城紀光    那覇市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
金城 紀光(かなぐすく / きんじょう きこう、1875年(明治8年)11月4日 - 1967年(昭和42年)8月10日)は、沖縄県出身の医師、政治家。衆議院議員、那覇市長。
全国の東京帝国大学の出身者      那覇市の出身者      
11月4日生まれの人      1875年生まれの人
 38  真境名安興    桃原村の出身Wikipedia
真境名 安興(まじきな あんこう、同治14年4月15日(1875年5月20日) - 1933年(昭和8年)12月28日)は、ジャーナリスト、歴史学者、沖縄学の研究者。伊波普猷、東恩納寛惇とともに、戦前の沖縄学における「御三家」と呼ばれる。著書に「沖縄一千年史」など。。
桃原村の出身者      
4月15日生まれの人      1875年生まれの人
 39  金城朝永Wikipedia未登録
学者


 40  末吉安久Wikipedia未登録
画家
 41  豊平良顕Wikipedia未登録
『沖縄タイムス』社長 ※S28卒の豊平良一は子
 42  翁長助静Wikipedia未登録
真和志市長 ※那覇市長、翁長雄志は三男
 43  多和田真淳Wikipedia未登録
学者
 44  金武良章Wikipedia未登録
舞踊家
 45  高嶺朝光Wikipedia未登録
『沖縄タイムス』社長
 46  豊平良一Wikipedia未登録
『沖縄タイムス』社長 ※T12卒の豊平良顕は父
 47  仲宗根弘Wikipedia未登録
沖縄県勢初出場時の主将。「ハイサイ!甲子園〜島人が燃えた1958年〜」の主人公。
 48  安室二三雄Wikipedia未登録
画家
 49  照屋宏Wikipedia未登録
那覇市長。元台湾総督府工務課長。台湾鉄道敷設に多大な貢献を残す。京都大学工学部卒。
 50  饒平名紀腆Wikipedia未登録
医者
 51  伊波普成Wikipedia未登録
ジャーナリスト ※M29卒の伊波普猷は実兄
 52  宮城鉄夫Wikipedia未登録
学者
 53  神山政良Wikipedia未登録
官吏、社会運動家。東京大学、オックスフォード大学卒。東京地方専売局長、名古屋専売局長を歴任。
 54  胡屋朝賞Wikipedia未登録
教育者
 55  島袋全発Wikipedia未登録
学者
 56  山城正忠Wikipedia未登録
医者、文学者
 57  高安玉兎Wikipedia未登録
首里市長
 58  屋部憲伝Wikipedia未登録
沖縄最初の良心的兵役拒否者
 59  比嘉静観Wikipedia未登録
牧師


 60  又吉康和Wikipedia未登録
『琉球新報』社長
 61  永丘智太郎Wikipedia未登録
社会運動家
 62  新城朝功Wikipedia未登録
ジャーナリスト
 63  亀川哲也Wikipedia未登録
二・二六事件
 64  池宮城積宝Wikipedia未登録
作家
 65  尚琳Wikipedia未登録
貴族院議員、教育者、宜野湾御殿二世
 66  島袋光裕Wikipedia未登録
舞踊家、書家
 67  世礼国男Wikipedia未登録
教育者、音楽家
 68  伊良波長幸Wikipedia未登録
教育者、書家
 69  金城和信Wikipedia未登録
真和志村村長、魂魄の塔建立
 70  国吉真哲Wikipedia未登録
ジャーナリスト




スポンサーリンク




有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク