出身高校別の有名人 >千葉県立佐倉高等学校出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:56,568人
このサイトに登録されている「千葉県立佐倉高等学校」出身の有名人の数:111人



スポンサーリンク




千葉県立佐倉高等学校の出身者
 1  杉野遥亮Wikipedia
杉野 遥亮(すぎの ようすけ、1995年9月18日 - )は、日本のモデル。俳優。トップコート所属。千葉県出身。
9月18日生まれの人      1995年生まれの人
 2  亀山宏大Wikipedia
亀山 宏大(かめやま こうだい、1993年3月24日 - )は、2016年現在トップリーグNECグリーンロケッツに所属するラグビー選手。
3月24日生まれの人      1993年生まれの人
 3  森川海斗Wikipedia
森川海斗(もりかわ かいと、1988年5月27日 - )は、2016年現在トップリーグのホンダヒートに所属するラグビー選手。
5月27日生まれの人      1988年生まれの人
 4  庄司こなつWikipedia
庄司こなつ(しょうじ こなつ、1984年9月17日- )は、千葉県成田市出身のタレント・MC。血液型:O型、星座:乙女座。
9月17日生まれの人      1984年生まれの人
 5  井上貴朗    習志野市の出身Wikipedia
井上 貴朗(いのうえ たかお、1975年7月16日 - )は、千葉県習志野市出身の元プロ野球選手(投手)。
習志野市の出身者      
7月16日生まれの人      1975年生まれの人
 6  藤木直人    佐倉市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
藤木 直人(ふじき なおひと、1972年7月19日 - )は、日本の俳優、歌手、ミュージシャン。
全国の早稲田大学の出身者      佐倉市の出身者      
7月19日生まれの人      1972年生まれの人
 7  彌勒忠史    千葉大学へ進学Wikipedia
彌勒 忠史(みろく ただし、1968年 - )は、東京都生まれの声楽家。舞台俳優、作曲家、編曲家、演出家としても広く活動している。日本演奏連盟、二期会、各会員。学位は修士(教育学)、学士 (音楽)東京芸術大学など。称号はフェラーラ市・県等公認在日本フェラーラ・ルネサンス文化大使。
全国の千葉大学の出身者      
1968年生まれの人
 8  峰岸真澄    立教大学へ進学Wikipedia
峰岸 真澄 (みねぎし ますみ、1964年1月24日 - )は、株式会社リクルートホールディングス代表取締役社長 兼 CEO。千葉県出身。千葉県立佐倉高等学校を経て立教大学経済学部卒業。1987年リクルート入社後は、ゼクシィ事業部長、取締役常務執行役員、取締役専務執行役員を歴任。
全国の立教大学の出身者      
1月24日生まれの人      1964年生まれの人
 9  山田吉彦    埼玉大学へ進学Wikipedia
山田 吉彦(やまだ よしひこ、1962年9月7日 - )は、日本の海洋問題研究家、経済学博士、東海大学海洋学部教授。
全国の埼玉大学の出身者      
9月7日生まれの人      1962年生まれの人
 10  山岡勝Wikipedia
山岡 勝(やまおか まさる、1961年12月11日 - )は、千葉県出身の元プロ野球選手(投手)。
12月11日生まれの人      1961年生まれの人
 11  野木丈司Wikipedia
野木 丈司(のぎ じょうじ、男性、1960年4月30日 - )は、日本の元プロボクサー、トレーナー。千葉県出身。現在は白井・具志堅スポーツジムのトレーナー。
4月30日生まれの人      1960年生まれの人
 12  生田宏司    多摩美術大学へ進学Wikipedia
生田宏司(いくた こうじ、1953年 - )は、日本のメゾチント技法による銅版画家。元東北芸術工科大学講師。現在、カリフォルニア州版画家協会員。
全国の多摩美術大学の出身者      
1953年生まれの人
 13  加藤美津子Wikipedia
加藤美津子(かとう みつこ、1949年2月10日 - )は、日本の女優。千葉県出身。日本大学芸術学部卒業。演劇集団 円所属。特技はモダンダンスとフルートの演奏。
2月10日生まれの人      1949年生まれの人
 14  今仲幸雄Wikipedia
今仲 幸雄(いまなか ゆきお、1949年 - )は、バリトン歌手。元ドイツ国立デトモルト音楽大学講師。
1949年生まれの人
 15  村松励    専修大学へ進学Wikipedia
村松 励(むらまつ つとむ、1948年12月23日 - )は、日本の心理学者、千葉県出身。東京都立大学人文学部卒業。東京大学大学院情報学環教育部中退。専修大学人間科学部教授。専門分野は臨床心理学、非行臨床、犯罪心理学。警察庁科学警察研究所顧問。元日本犯罪心理学会会長。
全国の専修大学の出身者      
12月23日生まれの人      1948年生まれの人
 16  神崎茂治    中央大学へ進学Wikipedia
神崎 茂治(かんざき しげはる、1947年-)は、日本の企業家。前株式会社ノーリツ代表取締役社長。現在、リビングアメニティ協会副会長。  一般社団法人ベターライフリフォーム協会長。住宅インフィル・リフォーム懇談会座長。千葉県出身。神崎 茂治(かんざき しげはる、1947年-)は、日本の企業家。前株式会社ノーリツ代表取締役社長。現在、リビングアメニティ協会副会長。  一般社団法人ベターライフリフォーム協会長。住宅インフィル・リフォーム懇談会座長。千葉県出身。
全国の中央大学の出身者      
1947年生まれの人
 17  長谷川和廣    中央大学へ進学Wikipedia
長谷川和廣(はせがわ かずひろ、1939年 - )は、日本の経営者、実業家、経営コンサルタント、ノンフィクション作家。現在、会社力研究所代表。
全国の中央大学の出身者      
1939年生まれの人
 18  江口一雄    八千代市の出身    千葉大学へ進学Wikipedia
江口 一雄(えぐち かずお、1937年(昭和12年)9月25日 - 2014年(平成26年)11月27日)は、日本の政治家。元衆議院議員(当選3回)。元自民党副幹事長、防衛政務次官、運輸政務次官、衆議院厚生委員長。学校法人八千代松陰学園理事長。千葉県神社総代会長。日本会議千葉会長。
全国の千葉大学の出身者      八千代市の出身者      
9月25日生まれの人      1937年生まれの人
 19  勝田茂Wikipedia
勝田 茂(かつた しげる、1936年12月 - )は、日本の医学者。医学博士(九州大学)。筑波大学名誉教授。東亜大学大学院名誉教授。専門はスポーツ科学、環境生理学、運動生理学(特に体力医学・栄養生理学)。研究テーマは骨格筋線維の可塑性、超高齢エリートアスリートの身体機能とパフォーマンスなど。日本体育学会副会長。 日本体力医学会理事、評議会会長。 日本バイオメカニクス学会監事。日本運動生理学会理事。
1936年生まれの人


 20  長嶋茂雄    佐倉市の出身    立教大学へ進学Wikipedia
長嶋 茂雄(長島 茂雄[注 1]、ながしま しげお、1936年(昭和11年)2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。血液型はB型。
全国の立教大学の出身者      佐倉市の出身者      
2月20日生まれの人      1936年生まれの人
 21  白鳥庄之助Wikipedia
白鳥 庄之助(しらとり しょうのすけ、1934年(昭和9年)7月23日 - )は、日本の経済学者。一橋大学大学院博士課程単位取得退学。元カリフォルニア大学バークレー校客員研究員。元大蔵省企業会計審議会委員。成城大学名誉教授。
7月23日生まれの人      1934年生まれの人
 22  岡田直之    東京大学へ進学Wikipedia
岡田 直之(おかだ なおゆき、1933年 - )は、日本の社会学者。専門領域はマスコミ論・世論研究。世論の概念をめぐって議論を概括し、量的世論調査においてもその概念を問うことの意義を主張した。現在名は高橋直之。東京出身。
全国の東京大学の出身者      
1933年生まれの人
 23  平山寿三郎    佐倉市の出身Wikipedia
平山寿三郎(ひらやま じゅさぶろう、1933年 - )は、日本の時代小説家。
佐倉市の出身者      
1933年生まれの人
 24  藤井浩二    成田市の出身Wikipedia
藤井 浩二(ふじい こうじ、1933年 - )は、日本の鉄道技術者、鉄道ダイヤ作成者、鉄道愛好家、元京成電鉄鉄道本部運輸部運転課長である。
成田市の出身者      
1933年生まれの人
 25  鶴岡洋    佐倉市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
鶴岡 洋(つるおか ひろし、1932年9月2日 - )は、日本の政治家。千葉県出身。早稲田大学商学部卒業。衆院で1期、参院で4期計27年間つとめた。
全国の早稲田大学の出身者      佐倉市の出身者      
9月2日生まれの人      1932年生まれの人
 26  斉藤忠利    四街道市の出身    一橋大学へ進学Wikipedia
斉藤 忠利(さいとう ただとし、1931年? - 2003年7月21日)は、日本のアメリカ文学者。
全国の一橋大学の出身者      四街道市の出身者      
1931年生まれの人
 27  水島一也    一橋大学へ進学Wikipedia
水島 一也(みずしま かずや、1930年11月12日 - )は、日本の経営学者。保険、リスクマネジメントの研究者。商学博士(神戸大学、1965年)。神戸大学名誉教授。元保険審議会会長。作家で精神科医の加賀乙彦は、名古屋陸軍幼年学校時代の1年先輩。旧東京府(現東京都)生まれ。
全国の一橋大学の出身者      
11月12日生まれの人      1930年生まれの人
 28  白鳥伸雄    習志野市の出身Wikipedia
白鳥 伸雄(しらとり のぶお、1928年(昭和3年)6月12日 - 2016年(平成28年)2月26日[3])は、元競輪選手。千葉県習志野市出身。旧制千葉県立佐倉中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)卒業。日本競輪学校創設以前の期前選手で選手登録番号2224。現役時は日本競輪選手会千葉支部所属。初出走は1950年3月1日の神戸競輪場。「輪聖」と呼ばれる。
習志野市の出身者      
6月12日生まれの人      1928年生まれの人
 29  大澤慶己    早稲田大学へ進学Wikipedia
大沢 慶己(おおさわ よしみ、1926年3月6日-)は、日本の柔道家、早稲田大学名誉教授。柔道で事実上の最高段位となっている十段の所有者(120年以上の柔道の歴史のなかで2006年現在、過去を含めて十段所有者は15名のみ)。柔道が初めて五輪正式種目となった1964年東京オリンピックの柔道競技コーチ、全日本柔道連盟国際試合選手強化委員会(女子)委員長、講道館女子部部長、早稲田大学柔道部師範、早稲田大学人間科学部教授を歴任。今日の日本および世界の柔道の隆盛にも大きく貢献した。2006年、早稲田大学スポーツ功労者表彰。
全国の早稲田大学の出身者      
3月6日生まれの人      1926年生まれの人
 30  佐藤泰三    勝浦市の出身    日本大学へ進学Wikipedia
佐藤 泰三(さとう たいぞう、1924年(大正13年)4月15日 - 2013年(平成25年)1月21日)は日本の政治家。自由民主党元参議院議員(3期。津島派)。医師(産婦人科)。
全国の日本大学の出身者      勝浦市の出身者      
4月15日生まれの人      1924年生まれの人
 31  藤崎武男Wikipedia
藤崎 武男(ふじさき たけお、1922年(大正11年) - )は、日本の作家、ルポライター。元・旧日本陸軍大尉。旧姓・太田。
1922年生まれの人
 32  牛玖健治    東京芸術大学へ進学Wikipedia
牛玖 健治(うしく けんじ、1922年 - 2012年)は、日本の版画家、洋画家。千葉県出身。
全国の東京芸術大学の出身者      
1922年生まれの人
 33  石丸久    早稲田大学へ進学Wikipedia
石丸 久(いしまる ひさし、1921年10月31日 - 1999年12月26日)は、日本の近代文学者。早稲田大学講師、早稲田大学高等学院教諭、代々木ゼミナール講師。
全国の早稲田大学の出身者      
10月31日生まれの人      1921年生まれの人
 34  内海喩Wikipedia
内海 喩(うつみ さとり、1919年 - 2003年3月15日)は、日本の化学者。理学博士。専門は分析化学。特に微量陰イオンの定量法の研究で知られる。元東京工業大学理工学部分析化学教室教授。日本大学名誉教授。香川県出身。旧制千葉県立佐倉中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)を経て東京文理科大学(現在の筑波大学)卒業。2003年3月15日、急性心筋梗塞のため83歳で死去。
1919年生まれの人
 35  櫻井慶治    佐倉市の出身    東京芸術大学へ進学Wikipedia
櫻井慶治(さくらい けいじ、1919年 - )は、日本を代表する洋画家。
全国の東京芸術大学の出身者      佐倉市の出身者      
1919年生まれの人
 36  比留間豊    東京大学へ進学Wikipedia
比留間 豊(ひるま ゆたか、1917年 - 2002年1月26日)は、日本の土木工学者。東京帝国大学(現在の東京大学)土木工学科卒。
全国の東京大学の出身者      
1917年生まれの人
 37  市原松平    佐倉市の出身    京都大学へ進学Wikipedia
市原 松平(いちはら まつへい、1915年3月30日- 2001年4月11日)は、日本の土木工学者。京都帝国大学(現在の京都大学)工学部卒業。名古屋大学名誉教授。土木学会名誉会員。地盤工学会名誉会員。土圧・間隙水圧の計測方法に関する研究を行い多面土圧計などの計測機器を開発。特に土圧研究の分野で多くの業績を挙げた。勲二等瑞宝章受章。
全国の京都大学の出身者      佐倉市の出身者      
3月30日生まれの人      1915年生まれの人
 38  斉藤一Wikipedia
斉藤 一(さいとう はじめ、1910年 - 2014年)は、日本の医学者、社会医学者。旧制千葉県立佐倉中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)を経て東京帝國大學医学部(現在の東京大学医学部)卒業。労働科学研究所元所長(現顧問)。著書多数。
1910年生まれの人
 39  塚本素山    佐倉市の出身Wikipedia
塚本 素山(つかもと そざん、1907年(明治40年)9月1日 - 1982年(昭和57年)4月4日)は、日本の陸軍軍人、実業家。千葉県出身。陸軍士官学校卒業。本名は塚本 清。
佐倉市の出身者      
9月1日生まれの人      1907年生まれの人


 40  檜貝襄治    佐倉市の出身    海軍兵学校へ進学Wikipedia
檜貝 嚢治(ひがい じょうじ、1906年(明治39年)11月20日 - 1943年(昭和18年)1月29日)は、日本の海軍軍人。海兵57期。太平洋戦争(大東亜戦争)時における爆撃機の名パイロットで霞空飛行隊長、七〇一空飛行長を歴任。檜貝式爆撃法を生み出し、ガダルカナル島夜間爆撃等を指揮、多大な戦果をもたらした。七〇五空飛行長の三原元一少佐とともに陸攻隊の双璧といわれた。レンネル島沖海戦において被弾後、敵艦へ突撃。戦死による二階級特進で最終階級は海軍大佐。
全国の海軍兵学校の出身者      佐倉市の出身者      
11月20日生まれの人      1906年生まれの人
 41  土方辰三    東京大学へ進学Wikipedia
土方 辰三(ひじかた たつぞう、1904年 - )は、日本の英文学者。旧制・千葉県立佐倉中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)、旧制浦和高等学校(現在の埼玉大学教養部)を経て、東京帝国大学英文科卒業。第五高校教授、浦和高校教授、東京大学教養学部教授、1965年定年退官。成蹊大学教授、名誉教授。著書多数。
全国の東京大学の出身者      
1904年生まれの人
 42  木倉和一郎    佐倉市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
木倉 和一郎(きくら わいちろう、1902年(明治35年) - 1994年(平成6年))は、日本の政治家(衆議院議員)。千葉県弓道連盟初代会長。初代佐倉市長。経済界でも活躍。
全国の東京大学の出身者      佐倉市の出身者      
1902年生まれの人
 43  宇野利雄    佐倉市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
宇野 利雄(うの としお、1902年4月8日 - 1998年11月29日)は、日本の数学者。
全国の東京大学の出身者      佐倉市の出身者      
4月8日生まれの人      1902年生まれの人
 44  都田恒太郎Wikipedia
都田 恒太郎(みやこだ つねたろう、1897年(明治30年) - 1983年(昭和58年))は、日本の牧師、日本基督教団の指導者、キリスト教学者、日本基督教協議会総書記、日本聖書協会総主事、青山学院理事長。長年、毎年秋にバックストン記念聖会の指導を行っていた。
1897年生まれの人
 45  上村伸一    東京大学へ進学Wikipedia
上村 伸一(かみむら しんいち、1896年 - 1983年)は、日本の外交官。東京帝国大学法科(現在の東京大学法学部)卒業。外務省東亜局第一課長。駐イギリス日本大使館臨時代理大使、ドイツ公使などを歴任。著書多数。
全国の東京大学の出身者      
1896年生まれの人
 46  高田元三郎    佐倉市、東京生まれの出身    東京大学へ進学Wikipedia
高田元三郎(たかだ もとさぶろう、1894年1月1日 - 1979年8月27日)は、日本のジャーナリスト。大正期に「ワシントン会議」「ジェノア世界経済会議」等の報道に当たるなど、国際ジャーナリストの先駆的存在として活躍。1972年には勲一等瑞宝章を受章した。
全国の東京大学の出身者      佐倉市、東京生まれの出身者      
1月1日生まれの人      1894年生まれの人
 47  森谷延雄    東京工業大学へ進学Wikipedia
森谷 延雄(もりや のぶお、1893年10月28日 - 1927年4月5日)は、日本の家具デザイナー、インテリアデザイナー、東京高等工芸学校(現在の千葉大学工学部)教授。
全国の東京工業大学の出身者      
10月28日生まれの人      1893年生まれの人
 48  永倉江村人    佐倉市の出身    東京芸術大学へ進学Wikipedia
永倉 江村人(ながくら こうそんじん、1881年(明治14年) - 1951年(昭和26年))は、日本の画家。京都帝国大学福岡医科大学(後の九州帝国大学医学部、現在の九州大学医学部)解剖教室標本描画嘱託。本名は永倉茂。初号は江村。
全国の東京芸術大学の出身者      佐倉市の出身者      
1881年生まれの人
 49  赤井春海    佐倉市の出身    陸軍士官学校へ進学Wikipedia
赤井 春海(あかい はるみ、1876年6月12日 - 1954年12月14日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。
全国の陸軍士官学校の出身者      佐倉市の出身者      
6月12日生まれの人      1876年生まれの人
 50  児玉秀雄    佐倉市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
兒玉 秀雄[注 1](児玉秀雄、こだま ひでお、明治9年(1876年)7月19日 - 昭和22年(1947年)4月7日)は、日本の政治家、貴族院議員、官僚、伯爵。
全国の東京大学の出身者      佐倉市の出身者      
7月19日生まれの人      1876年生まれの人
 51  津田信夫    佐倉市の出身    東京芸術大学へ進学Wikipedia
津田 信夫(つだ しのぶ、1875年10月23日 - 1946年2月17日)は日本を代表する鋳金工芸作家。東京美術学校(現在の東京芸術大学)教授、芸術院会員。
全国の東京芸術大学の出身者      佐倉市の出身者      
10月23日生まれの人      1875年生まれの人
 52  香取秀真    佐倉市の出身    東京芸術大学へ進学Wikipedia
香取 秀真(かとり ほつま、1874年1月1日 - 1954年1月31日)は日本の鋳金工芸作家、歌人である。学問としての金工史を確立し、研究者としても優れた。日本における美術の工芸家として初の文化勲章を受章。東京美術学校(現在の東京藝術大学)教授、芸術院会員。 帝室博物館(現在の東京国立博物館)技芸員、国宝保存会常務委員、文化財審議会専門委員などを歴任。秀真は雅号で、本名は秀治郎。金工の人間国宝である香取正彦は長男。
全国の東京芸術大学の出身者      佐倉市の出身者      
1月1日生まれの人      1874年生まれの人
 53  伊東忠太    佐倉市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
伊東 忠太(いとう ちゅうた、1867年11月21日(慶応3年10月26日) - 1954年(昭和29年)4月7日) は、明治~昭和期の建築家、建築史家である。山形県米沢市出身。号は紅雲。位階・勲等・学位・称号は、正三位・勲二等瑞宝章・工学博士・東京帝国大学名誉教授・米沢市名誉市民・第1号。早稲田大学教授。叔父(父の弟)に、官僚・政治家の平田東助がいる。
全国の東京大学の出身者      佐倉市の出身者      
11月21日生まれの人      1867年生まれの人
 54  小柴保人    佐倉市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
小柴 保人(こしば やすと、安政6年1月2日(1859年2月4日) - 大正13年(1924年)5月9日)は日本の工学博士。第二高等中学校(現東北大学教養部)教授。旧制鹿山中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)を経て東京大学理学部(土木科)卒。土木学会会員。
全国の東京大学の出身者      佐倉市の出身者      
1月2日生まれの人      1859年生まれの人
 55  渡辺暢Wikipedia
渡辺 暢(わたなべ とおる / のぶ、1858年5月20日(安政5年4月8日) - 1939年5月24日)は、日本の司法官、政治家。貴族院議員。旧佐倉藩士。
5月20日生まれの人      1858年生まれの人
 56  浅井忠    佐倉市の出身Wikipedia
浅井 忠(あさい ちゅう、1856年7月22日(安政3年6月21日) - 1907年(明治40年)12月16日)は、明治期の洋画家。教育者としても貢献した。
佐倉市の出身者      
7月22日生まれの人      1856年生まれの人
 57  浜野昇    佐倉市の出身Wikipedia
浜野 昇(はまの のぼる、1854年12月17日(安政元年10月28日) - 1920年(大正9年)2月11日)は、日本の医師、政治家。
佐倉市の出身者      
12月17日生まれの人      1854年生まれの人
 58  佐藤百太郎    佐倉市の出身Wikipedia
佐藤 百太郎(さとう ももたろう、1853年(嘉永6年) - 1910年(明治43年)12月24日)は日本の実業家で日米貿易の先駆者。日本における百貨店の創始者でもあり、日本領事をも務めた。
佐倉市の出身者      
1853年生まれの人
 59  林董    佐倉市の出身Wikipedia
林 董(はやし ただす、嘉永3年2月29日(1850年4月11日) - 大正2年(1913年)7月20日)は、江戸時代末期(幕末)の幕臣、明治時代の日本の外交官、政治家。伯爵。蘭方医佐藤泰然の5男で初代陸軍軍医総監・男爵の松本良順は実兄。幼名は信五郎、名は董三郎(とうさぶろう)とも。変名、佐藤 東三郎(さとう とうさぶろう)。
佐倉市の出身者      
4月11日生まれの人      1850年生まれの人


 60  桜井規矩之左右    佐倉市の出身Wikipedia
桜井 規矩之左右(さくらい きくのぞう、嘉永元年6月6日(1848年7月6日) - 大正元年(1912年)11月27日)は、大日本帝国海軍の軍人。海軍兵学校3期。最終階級は海軍少将。海軍砲術学校長、巡洋艦「比叡」「松島」「千歳」「橋立」の艦長を歴任。
佐倉市の出身者      
6月6日生まれの人      1848年生まれの人
 61  香川松石    佐倉市の出身Wikipedia
香川松石(かがわ しょうせき、弘化元年1月15日(1844年3月3日) - 明治44年(1911年)9月28日)は、学校で用いられる書道の教科書を記した書道家。千葉師範学校(現在の千葉大学教育学部)教諭。通称、香川熊蔵。
佐倉市の出身者      
1月15日生まれの人      1844年生まれの人
 62  津田仙    佐倉市の出身    青山学院大学へ進学Wikipedia
津田仙(つだ せん、天保8年7月6日(1837年8月6日) - 明治41年(1908年)4月24日)は、日本の農学者、キリスト者。学農社創立者。青山学院大学・筑波大学附属盲学校の創立に関わる。また、日本で最初に通信販売を行った人物でもある。同志社大学の創始者新島襄、人間の自由と平等を説いた東京帝国大学教授の中村正直とともに、“キリスト教界の三傑”とうたわれた。明六社会員。娘に、後に津田塾大学創設者となる津田梅子、サンフランシスコで日本語新聞「日米新聞」を発行し日系人社会のリーダー的存在だった安孫子久太郎と結婚しアメリカに移住した安孫子余奈子がいる。
全国の青山学院大学の出身者      佐倉市の出身者      
7月6日生まれの人      1837年生まれの人
 63  本沢竹雲Wikipedia
本沢 竹雲(もとさわ ちくうん、1836年3月26日(天保7年2月10日)- 1907年(明治40年)10月13日)は「チョンマゲ学校」として知られる山形県東村山郡所在の格知学舎を開いた浄土真宗の僧侶で漢学者。幼名は八郎、通称は俊丸(としまる)、本名は盛遜。竹雲は雅号であるが、他に老山、虎山、虚堂、寄嘱子の号があった。
3月26日生まれの人      1836年生まれの人
 64  大築尚志    佐倉市の出身    陸軍士官学校へ進学Wikipedia
大築 尚志(おおつき たかゆき、1835年12月24日(天保6年11月5日) - 1900年(明治33年)6月12日)は、日本の陸軍軍人、陸軍中将。幼名、保太郎(やすたろう)。
全国の陸軍士官学校の出身者      佐倉市の出身者      
12月24日生まれの人      1835年生まれの人
 65  依田學海    佐倉市の出身Wikipedia
依田 学海(よだ がっかい、旧字体:學海、天保4年11月24日(1834年1月3日) - 明治42年(1909年)12月27日)は、日本の漢学者、文芸評論家、小説家、劇作家。幼名は幸造、信造。通称は七郎、右衛門次郎。諱は朝宗(ともむね)。初め字を百川(ひゃくせん)といったが後にこれを本名とした。学海は雅号で、柳蔭とも号した。
佐倉市の出身者      
1月3日生まれの人      1834年生まれの人
 66  高橋卯之助    佐倉市の出身Wikipedia
高橋 卯之助(たかはし うのすけ、男性、1833年(天保4年) - 1902年(明治35年)1月26日)は、日本の数学者。明治6年の太陰暦の廃止、太陽暦への改暦の準備を行った。通称は卯之助だが、後に卯と改めた。本名は高橋義泰。
佐倉市の出身者      
1833年生まれの人
 67  西村茂樹    佐倉市の出身Wikipedia
西村 茂樹(にしむら しげき、1828年4月26日(文政11年3月13日) - 1902年(明治35年)8月18日)は明治時代の日本の啓蒙思想家、教育者。文学博士。道徳振興団体「日本弘道会」創設者。号は泊翁。
佐倉市の出身者      
4月26日生まれの人      1828年生まれの人
 68  吉原呼我    佐倉市の出身Wikipedia
吉原呼我(よしはら こが、生年月日不明-1900年)は、日本の教育者。中権精舎(ちゅうけんしょうしゃ)創始者。三島、伊豆地方に近代中等教育の種をまき、文化的発展に大きく貢献。
佐倉市の出身者      
 69  吉見精    佐倉市の出身    陸軍士官学校へ進学Wikipedia
吉見 精(よしみ せい、生年不明 - 1901年1月)は、日本の陸軍軍人。旧大日本帝国陸軍鉄道大隊の初代大隊長。旧佐倉藩士。千葉県出身。
全国の陸軍士官学校の出身者      佐倉市の出身者      
 70  高橋誉冨    佐倉市の出身Wikipedia
高橋 誉冨(たかはし たかよし、生年月日不明-2003年5月13日)は、日本の政治家、教育家。1963年千葉県議会議員(八千代市), 1974年の参議院選挙(千葉選挙区)で初当選、当選1回。元習志野市立津田沼小学校校長。元船橋市立二宮中学校校長。2003年5月13日午前2時39分、肺炎のため千葉県八千代市の病院で死去、89歳。
佐倉市の出身者      
 71  安達喜美子Wikipedia未登録
発達心理学者・茨城大学名誉教授
 72  沢谷次男Wikipedia未登録
化学者・東北大学教授
 73  山本清彦Wikipedia未登録
地震学者・東北大学大学院理学研究科・変形率変化法の開発者
 74  樋口昭Wikipedia未登録
音楽史学者・埼玉大学教授
 75  大野磯吉Wikipedia
大野磯吉(おおの いそきち)は、日本の海洋生物学者。旧制千葉県立佐倉中学校(現在の千葉県立佐倉高等学校)を経て、東北帝国大学農科大学(後の北海道帝國大學、現在の北海道大学)水産科を卒業。専門は海洋生物の分類と生態。藻類のオオノノリの学名Pyropia onoiは大野磯吉に献名されたもの。鮭の異名の一つ「銀毛」は大野磯吉が1932年に、降海期を迎えた山女魚に「銀毛山女魚」と名付けたのが始まり。
 76  斉藤滋雄Wikipedia未登録
健康科学者・学習院大学名誉教授
 77  木村軍太郎Wikipedia未登録
蘭学者・兵学者
 78  佐波銀次郎Wikipedia未登録
洋学者
 79  入江春彦Wikipedia未登録
海洋生物学者・長崎大学名誉教授


 80  稲坂勤Wikipedia未登録
物理学者・東京理科大学教授
 81  佐藤良一Wikipedia未登録
工学者・日本大学理工学部教授
 82  大木一三Wikipedia未登録
歯学者・日本大学歯学部教授
 83  莇仁蔵Wikipedia未登録
元毎日新聞社代表取締役・編集総長
 84  渡貫良治Wikipedia未登録
読売新聞論説委員
 85  西村勝三Wikipedia未登録
産業資本家
 86  師岡武男Wikipedia未登録
評論家
 87  鈴木盛久Wikipedia未登録
名古屋テレビ・アナウンサー
 88  大木貞一Wikipedia未登録
元NHKアナウンサー
 89  宮本蓮Wikipedia未登録
作家
 90  高見まこ    武蔵野美術大学へ進学Wikipedia
高見 まこ(たかみ まこ、女性、12月6日生)は、日本の漫画家。東京都生まれ、千葉県育ち。A型。千葉県立佐倉高等学校、武蔵野美術大学卒業。長岡造形大学非常勤講師。本名は渡部宣子。夫は漫画家のわたべ淳。
全国の武蔵野美術大学の出身者      
12月6日生まれの人      
 91  浪江志摩Wikipedia未登録
放送作家・「ひみつのアッコちゃん」「魔法使いサリー」等の脚本家
 92  ゆうなみWikipedia未登録
ボーカリスト
 93  高橋浩平Wikipedia
高橋 浩平(たかはし こうへい)は、日本の作曲家、編曲家である。
 94  斉藤博Wikipedia
斉藤 博(さいとう ひろし)は、日本の法学者、弁護士。 専門は知的財産法。法学博士(京都大学)。 資料によって「斉」が異字体で「齊藤 博」や「齋藤 博」等の表記がされるが、本稿では著作に表記されていることの多い「斉」とした(弁護士登録は「齊藤 博」となっている)。
 95  野平明雄Wikipedia
元・全日本卓球複チャンピオン・第23回世界卓球選手権大会シングルス3位
 96  倉橋尚巳Wikipedia未登録
女子マラソン選手・青梅マラソン優勝
 97  加藤久Wikipedia未登録
剣道家・剣士・千葉県指定無形文化財「立身流」宗家
 98  加藤高Wikipedia未登録
剣道家・剣士・千葉県指定無形文化財保持者・「立身流」宗家
 99  桜井重寿Wikipedia未登録
軍人・旧大日本帝国陸軍少将・舞鶴要塞司令官


 100  兼坂隆    海軍兵学校へ進学Wikipedia未登録
軍人・旧大日本帝国海軍中将・装甲巡洋艦八雲艦長・大湊要港部司令官
全国の海軍兵学校の出身者      
 101  丹治寛雄    海軍兵学校へ進学Wikipedia未登録
軍人・旧大日本帝国海軍少将・防衛巡洋艦吉野艦長・横須賀海兵団長
全国の海軍兵学校の出身者      
 102  山崎嘉吉    海軍兵学校へ進学Wikipedia未登録
軍人・旧大日本帝国海軍大佐・隅田艦長
全国の海軍兵学校の出身者      
 103  湯村文男    海軍兵学校へ進学Wikipedia未登録
軍人・旧大日本帝国海軍大尉・第二特別陸戦隊第一中隊長
全国の海軍兵学校の出身者      
 104  林利房    海軍兵学校へ進学Wikipedia未登録
軍人・旧大日本帝国海軍・駆逐艦「橘」艦長
全国の海軍兵学校の出身者      
 105  園原雄三    海軍兵学校へ進学Wikipedia未登録
軍人・旧大日本帝国海軍少佐
全国の海軍兵学校の出身者      
 106  藤井善言Wikipedia未登録
文部省書記官
 107  田中泰助Wikipedia未登録
元大蔵省大臣官房審議官、瑞宝中綬章受章
 108  門山勇Wikipedia未登録
前京都大学医学部附属病院事務部長・現愛媛大学副学長
 109  岩井聡Wikipedia未登録
操船学者・東京商船大学名誉教授・操船論
 110  土井偉誉Wikipedia未登録
医学者・岐阜大学医学部名誉教授・放射線医学
 111  桜井栄七郎Wikipedia未登録
学者・金沢大学名誉教授




スポンサーリンク




有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク