偏差値別職業別の有名人出身高校 >考古学という職業の出身高校別有名人(偏差値順)

このサイトに登録されている有名人の数:56,568人
このサイトに登録されている出身高校別有名人の「考古学」という職業の有名人の数:63人



スポンサーリンク




灘高等学校の出身者 偏差値:78
 1  津村俊夫    神戸市の出身    一橋大学へ進学Wikipedia
津村俊夫(つむら としお、David Toshio Tsumura、1944年2月4日 - )は、日本の言語学者、旧約聖書学者、神学校教師、文学博士(Ph.D.)。聖書宣教会聖書神学舎教師、前教師会議長、新日本聖書刊行会理事・翻訳編集委員長、聖書考古学資料館理事長。慶應義塾大学講師。元筑波大学文芸言語学系助教授。兵庫県神戸市生まれ。
兵庫県の高校から一橋大学への進学者      全国の一橋大学の出身者      神戸市の出身者      
2月4日生まれの人      1944年生まれの人


筑波大学附属駒場高等学校の出身者 偏差値:77
 2  笠原潔    東京大学へ進学Wikipedia
笠原 潔(かさはら きよし、1951年 - 2008年10月28日)は、日本の音楽学者。専門は音楽学、音楽考古学、西洋音楽史。
東京都の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
1951年生まれの人


東京学芸大学附属高等学校の出身者 偏差値:77
 3  吉村作治    早稲田大学へ進学Wikipedia
吉村 作治(よしむら さくじ、1943年2月1日 - )は日本の考古学者、博士(工学)、早稲田大学名誉教授。サイバー大学客員教授。東日本国際大学専任教授・学長。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
2月1日生まれの人      1943年生まれの人


大阪府立北野高等学校の出身者 偏差値:76
 4  山根徳太郎    大阪市の出身    京都大学へ進学Wikipedia
山根 徳太郎(やまね とくたろう、1889年1月12日 - 1973年7月28日)は、日本の考古学者。文献史料に記載されていたが所在地が不明のままであった難波宮の研究を行い、難波宮の大極殿跡を発掘した。
大阪府の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      大阪市の出身者      
1月12日生まれの人      1889年生まれの人


麻布高等学校の出身者 偏差値:75
 5  早乙女雅博Wikipedia
早乙女 雅博(さおとめ まさひろ、1952年4月15日 - )は、日本の考古学者、東京大学教授。 神奈川県生まれ。麻布高等学校卒、1976年東大文学部考古学卒、81年同大学院単位取得退学、東京国立博物館学芸部東洋課東洋考古室研究員、88年同主任研究官、90年同北東アジア室長、1996年4月東京大学文学部助教授(附属文化交流研究施設朝鮮文化部門)、98年同人文社会系研究科助教授、2007年准教授、2010年教授。朝鮮考古学が専門。
4月15日生まれの人      1952年生まれの人


愛知県立岡崎高等学校の出身者 偏差値:73
 6  石田茂作    岡崎市の出身    筑波大学へ進学Wikipedia
石田 茂作(いしだ もさく、1894年11月10日 - 1977年8月10日)は、日本の仏教考古学者。
愛知県の高校から筑波大学への進学者      全国の筑波大学の出身者      岡崎市の出身者      
11月10日生まれの人      1894年生まれの人


埼玉県立浦和高等学校の出身者 偏差値:72
 7  仁田三夫    川口市の出身    東京工芸大学へ進学Wikipedia
仁田 三夫(にった みつお、1924年 -)は、日本の写真家、考古学者。
埼玉県の高校から東京工芸大学への進学者      全国の東京工芸大学の出身者      川口市の出身者      
1924年生まれの人


東京都立西高等学校の出身者 偏差値:72
 8  中川浩一Wikipedia
中川 浩一(なかがわ こういち、1931年7月17日 - 2008年8月19日)は、日本の地理学者、茨城大学名誉教授。専門は交通地理学、産業考古学。夏目漱石や森鴎外の研究者でもある。鉄道ファンとしても知られ、鉄道ピクトリアルの編集委員を務めていた。東京市出身。
7月17日生まれの人      1931年生まれの人


早稲田高等学校の出身者 偏差値:72
 9  山内清男Wikipedia
山内 清男(やまのうち すがお、1902年1月2日 - 1970年8月29日)は、日本の考古学者。東京大学講師。成城大学教授。文学博士。
1月2日生まれの人      1902年生まれの人
 10  濱田耕作    岸和田市の出身Wikipedia
濱田 耕作(はまだ こうさく、もしくは浜田 青陵(はまだ せいりょう)、1881年2月22日 - 1938年7月25日)は、日本の考古学者。京都大学名誉教授(京都帝国大学総長)。「青陵」は号。「日本近代考古学の父」と呼ばれる。息子の浜田敦は京大教授・日本語学者。
岸和田市の出身者      
2月22日生まれの人      1881年生まれの人


大阪府立豊中高等学校の出身者 偏差値:72
 11  浅野和生    大阪大学へ進学Wikipedia
浅野 和生(あさの かずお、男性、1956年4月25日 - )は、日本の考古学者、愛知教育大学教育学部教授。西洋美術史専攻。
大阪府の高校から大阪大学への進学者      全国の大阪大学の出身者      
4月25日生まれの人      1956年生まれの人


関西大倉高等学校の出身者 偏差値:72
 12  坪井清足    京都大学へ進学Wikipedia
坪井 清足(つぼい きよたり、1921年11月26日 - 2016年5月7日)は、日本の考古学者。元奈良国立文化財研究所所長、元元興寺文化財研究所所長。勲三等旭日中綬章、文化功労者。大阪府出身。
大阪府の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      
11月26日生まれの人      1921年生まれの人


兵庫県立加古川東高等学校の出身者 偏差値:72
 13  吉井秀夫    神戸市の出身    京都大学へ進学Wikipedia
吉井 秀夫(よしい ひでお、1964年4月22日 - )は、日本の考古学者。京都大学大学院文学研究科准教授。専門は、朝鮮の三国時代を中心とする考古学研究。
兵庫県の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      神戸市の出身者      
4月22日生まれの人      1964年生まれの人


北海道札幌西高等学校の出身者 偏差値:71
 14  宇田川洋    北海道教育大学へ進学Wikipedia
宇田川 洋(うたがわ ひろし、1944年 - )は日本の考古学者。専門はアイヌ考古学、北方考古学。東京大学名誉教授。河野広道は義父。
北海道の高校から北海道教育大学への進学者      全国の北海道教育大学の出身者      
1944年生まれの人


茨城県立土浦第一高等学校の出身者 偏差値:71
 15  茂在寅男Wikipedia
茂在 寅男(もざい とらお、1914年2月10日 - 2013年5月31日)は、日本の工学博士(航海計器学)、作家、水中考古学(海洋考古学)研究者。
2月10日生まれの人      1914年生まれの人


埼玉県立春日部高等学校の出身者 偏差値:71
 16  藤森健太郎    草加市の出身    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
藤森 健太郎(ふじもり けんたろう、1964年12月20日- )は、日本の歴史学者である。群馬大学教育学部学校教育教員養成講座社会専攻教授。埼玉県草加市出身。 祖父は長野県考古学会会長を務めた藤森栄一。
埼玉県の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      草加市の出身者      
12月20日生まれの人      1964年生まれの人


東京都立小石川高等学校の出身者 偏差値:71
 17  江上不二夫Wikipedia
江上 不二夫(えがみ ふじお、1910年11月21日 - 1982年7月17日)は日本の生化学者。戦後日本の生化学を牽引した一人。日本学術会議会長、国際生命の起源学会会長等を務めた。東京生まれ。考古学者江上波夫は兄。
11月21日生まれの人      1910年生まれの人
 18  江上波夫Wikipedia
江上 波夫(えがみ なみお、1906年11月6日 - 2002年11月11日)は日本の考古学者。東京大学名誉教授。
11月6日生まれの人      1906年生まれの人


静岡県立静岡高等学校の出身者 偏差値:71
 19  芹沢長介    明治大学へ進学Wikipedia
芹沢 長介(せりざわ ちょうすけ、1919年10月21日 - 2006年3月16日)は日本の考古学者。東北大学名誉教授、東北福祉大学名誉教授。日本の旧石器時代研究の第一人者。 戦前のわが国では、縄文時代以前の日本列島に人類は居住していなかったと考えられていた。これを疑問視して、日本に旧石器時代の文化を発見し、その研究において学会をリードしてきた。日本の始源文化の解明に一生を捧げ、特に、1949年には群馬県岩宿遺跡の発掘に携わり、日本に旧石器時代の文化があったことを初めて確信した。その後、1963年に東北大学日本文化研究所助教授に着任すると、大分県の早水台(そうずだい)遺跡、栃木県の星野遺跡などの発掘調査で、前期旧石器時代の存在を確信した。 また、後期旧石器時代から縄文時代への移行を示す証拠を発見して、日本だけでなく、極東アジア地域全体を含めたスケールの中で、始源文化の関連性を明らかにしようとした。
静岡県の高校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      
10月21日生まれの人      1919年生まれの人




同志社高等学校の出身者 偏差値:71
 20  今尾文昭    尼崎市の出身    同志社大学へ進学Wikipedia
今尾 文昭(いまお ふみあき、1955年10月15日 - )は、日本の考古学者。
京都府の高校から同志社大学への進学者      全国の同志社大学の出身者      尼崎市の出身者      
10月15日生まれの人      1955年生まれの人
 21  梅原末治    羽曳野市の出身    同志社大学へ進学Wikipedia
梅原 末治(うめはら すえじ、1893年8月13日 - 1983年2月19日)は、日本の東洋考古学者。京都大学名誉教授。日本考古学の基礎を築いた。文学博士(京都帝国大学、1939年)。大阪府南河内郡古市村(現羽曳野市)出身。子息は、京都大学名誉教授(人文科学研究所)の梅原郁(東洋史、宋代官僚制・司法制度研究で、2010年日本学士院賞受賞)。
京都府の高校から同志社大学への進学者      全国の同志社大学の出身者      羽曳野市の出身者      
8月13日生まれの人      1893年生まれの人


奈良県立畝傍高等学校の出身者 偏差値:69
 22  網干善教    明日香村の出身    龍谷大学へ進学Wikipedia
網干 善教(あぼし よしのり、1927年9月29日 - 2006年7月29日)は、日本の考古学者、関西大学名誉教授。専門は考古学、古代史、仏教史。文学博士(関西大学、1979年)。
奈良県の高校から龍谷大学への進学者      全国の龍谷大学の出身者      明日香村の出身者      
9月29日生まれの人      1927年生まれの人
 23  樋口清之    國學院大學へ進学Wikipedia
樋口 清之(ひぐち きよゆき、1909年1月1日 - 1997年2月21日)は日本の考古学者・歴史作家。國學院大學名誉教授、國學院大學文学博士。専門は考古学・民俗学。紫綬褒章受章。
奈良県の高校から國學院大學への進学者      全国の國學院大學の出身者      
1月1日生まれの人      1909年生まれの人
 24  森本六爾    桜井市の出身Wikipedia
森本 六爾(もりもと ろくじ、1903年3月2日 - 1936年1月22日)は、日本の考古学者。
桜井市の出身者      
3月2日生まれの人      1903年生まれの人


東京都立新宿高等学校の出身者 偏差値:68
 25  濱田英作Wikipedia
濱田 英作(はまだ えいさく、1956年 - )は、大学教員。専門は東洋史、考古学、文化人類学・民俗学、比較文化論。文学修士(早稲田大学)。
1956年生まれの人


東京都立両国高等学校の出身者 偏差値:68
 26  杉原荘介Wikipedia
杉原 荘介(すぎはら そうすけ、1913年12月6日 - 1983年9月1日)は、昭和期日本の考古学者。
12月6日生まれの人      1913年生まれの人


三重県立桑名高等学校の出身者 偏差値:68
 27  安田喜憲    北勢町[5](現・いなべ市)の出身    立命館大学へ進学Wikipedia
安田 喜憲(やすだ よしのり、1946年11月24日 - )は、日本の地理学者、環境考古学者。東北大学大学院環境科学研究科特任教授、立命館大学環太平洋文明研究センター長、ふじのくに地球環境史ミュージアム館長、国際日本文化研究センター(日文研)名誉教授。フンボルト大学ベルリン客員教授、麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授。専攻は環境考古学。理学博士(東北大学、1978年)。日本熊森協会顧問。
三重県の高校から立命館大学への進学者      全国の立命館大学の出身者      北勢町[5](現・いなべ市)の出身者      
11月24日生まれの人      1946年生まれの人


愛媛県立松山東高等学校の出身者 偏差値:68
 28  久米雅雄Wikipedia
久米雅雄(KUME MASAO、1948年2月7日-)は日本の考古学者・歴史研究者。アジア印章学、東洋文字学、美術工芸、貨幣学、キリシタン考古学などの分野で研究業績を重ねる。大阪府教育委員会文化財保護課主査を経て、現在、大阪芸術大学客員教授(Ph.D. 博士〔文学〕:立命館大学)。公益財団法人名勝依水園・寧楽美術館評議員。錫安印章文化研究所主宰。中国杭州西泠印社名誉社員。
2月7日生まれの人      1948年生まれの人


岩手県立盛岡第一高等学校の出身者 偏差値:67
 29  工藤雅樹    八幡平市の出身    東北大学へ進学Wikipedia
工藤 雅樹(くどう まさき、1937年(昭和12年)12月18日 - 2010年(平成22年)1月29日)は、日本の考古学者、歴史学者。福島大学名誉教授。専門は蝦夷を中心とした東北地方の古代史。
岩手県の高校から東北大学への進学者      全国の東北大学の出身者      八幡平市の出身者      
12月18日生まれの人      1937年生まれの人


鎌倉学園高等学校の出身者 偏差値:67
 30  吉崎昌一    明治大学へ進学Wikipedia
吉崎 昌一(よしざき まさかず、1931年 - 2007年2月20日)は、日本の考古学者。元北海道大学教授、専門分野は、旧石器・植物考古学。
神奈川県の高校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      
1931年生まれの人


星稜高等学校の出身者 偏差値:67
 31  若狭徹Wikipedia
若狭徹(わかさとおる、1963年3月19日-)は、石川県出身の元プロ野球選手。ポジションは三塁手。星稜高校出身。中日ドラゴンズに1981年から1983年までの3年間在籍し、現在は同球団の職員。群馬県出身の考古学者の若狭徹(1962年生)とは別人物。
3月19日生まれの人      1963年生まれの人


山梨県立甲府第一高等学校の出身者 偏差値:67
 32  中村誠一    金沢大学へ進学Wikipedia
中村 誠一(なかむら せいいち、1958年 - )は、日本の考古学者。金沢大学人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター教授・早稲田大学客員教授。専門はマヤ考古学、マヤ文明史、マヤ文明論。
山梨県の高校から金沢大学への進学者      全国の金沢大学の出身者      
1958年生まれの人


静岡県立掛川西高等学校の出身者 偏差値:67
 33  田辺昭三    菊川市・旧菊川町の出身    立命館大学へ進学Wikipedia
田辺 昭三(たなべ しょうぞう、1933年 - 2006年2月20日)は、日本の考古学者。須恵器の研究や、日本における水中考古学の研究に先鞭をつけたことで知られる。
静岡県の高校から立命館大学への進学者      全国の立命館大学の出身者      菊川市・旧菊川町の出身者      
1933年生まれの人


福岡県立嘉穂高等学校の出身者 偏差値:67
 34  高島忠平    熊本大学へ進学Wikipedia
高島 忠平(たかしま ちゅうへい、1939年12月 - )は日本の考古学者。佐賀女子短期大学元学長。学校法人旭学園理事長。邪馬台国九州説を唱える人物の一人で「ミスター吉野ヶ里」と呼ばれる。福岡県飯塚市出身。
福岡県の高校から熊本大学への進学者      全国の熊本大学の出身者      
1939年生まれの人


武蔵高等学校の出身者 偏差値:66
 35  佐原真    京都大学へ進学Wikipedia
佐原 真(さはら まこと、1932年5月25日 - 2002年7月10日)は日本の考古学者。
東京都の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      
5月25日生まれの人      1932年生まれの人


神奈川県立横須賀高等学校の出身者 偏差値:66
 36  周藤芳幸    横須賀市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
周藤 芳幸(すとう よしゆき、1962年3月 - )は、日本の考古学・歴史学者、名古屋大学教授。専門はギリシア考古学、東地中海文化交流史。
神奈川県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      横須賀市の出身者      
1962年生まれの人


新潟県立長岡高等学校の出身者 偏差値:66
 37  小林達雄    長岡市の出身    國學院大學へ進学Wikipedia
小林 達雄(こばやし たつお、1937年11月2日 - )は、日本の考古学者、國學院大學文学部名誉教授。新潟県立歴史博物館名誉館長。新潟県長岡市出身。
新潟県の高校から國學院大學への進学者      全国の國學院大學の出身者      長岡市の出身者      
11月2日生まれの人      1937年生まれの人


徳島県立城南高等学校の出身者 偏差値:63
 38  喜田貞吉    東京大学へ進学Wikipedia
喜田 貞吉(きた さだきち、1871年7月11日(明治4年5月24日) - 1939年(昭和14年)7月3日)は、第二次世界大戦前の日本の歴史学者、文学博士。考古学、民俗学も取り入れ、学問研究を進めた。
徳島県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
7月11日生まれの人      1871年生まれの人


香川県立観音寺第一高等学校の出身者 偏差値:62
 39  小山修三    国際基督教大学へ進学Wikipedia
小山 修三(こやま しゅうぞう、1939年3月24日 - )は、日本の文化人類学者・考古学者。専門は、民族学(オーストラリア・アボリジニ)、考古学(縄文時代)。国立民族学博物館名誉教授。 
香川県の高校から国際基督教大学への進学者      全国の国際基督教大学の出身者      
3月24日生まれの人      1939年生まれの人




京都府立洛北高等学校の出身者 偏差値:61
 40  貝塚茂樹    筑波大学へ進学Wikipedia
貝塚 茂樹(かいづか しげき、1904年(明治37年)5月1日 - 1987年(昭和62年)2月9日)は、日本の東洋学者、中国史学者。専攻は古代中国考古学。京都大学名誉教授。文学博士。勲二等瑞宝章叙勲、文化功労者顕彰、文化勲章受章。旧姓は小川、貝塚は1945年(昭和20年)に入り婿した妻の実家の姓である。
京都府の高校から筑波大学への進学者      全国の筑波大学の出身者      
5月1日生まれの人      1904年生まれの人


高知県立高知小津高等学校の出身者 偏差値:58
 41  寺石正路    高知市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
寺石 正路(てらいし まさみち、1868年10月17日(慶應4年9月2日) - 1949年(昭和24年)12月23日)は、高知県の郷土史家。考古学者。作家。
高知県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      高知市の出身者      
10月17日生まれの人      1868年生まれの人


日本大学豊山高等学校の出身者 偏差値:57
 42  大川清Wikipedia
大川 清(おおかわ きよし、1925年3月15日 - 2004年7月10日)は、日本の考古学者。陶芸家。国士舘大学名誉教授、日本窯業史研究所社長。歴史考古学、奈良・平安期古瓦、窯業史研究。
3月15日生まれの人      1925年生まれの人
 43  八幡一郎Wikipedia
八幡一郎(やわた いちろう、1902年4月14日 - 1987年10月26日)は日本の考古学者。 専攻は縄文時代、民具の研究。
4月14日生まれの人      1902年生まれの人


岩倉高等学校の出身者 偏差値:55
 44  直良信夫    出雲市の出身Wikipedia
直良 信夫(なおら のぶお、1902年1月1日 - 1985年11月2日)は、日本の考古学者、動物考古学者、古生物学者、文学博士。
出雲市の出身者      
1月1日生まれの人      1902年生まれの人


郁文館高等学校の出身者 偏差値:54
 45  柴田常恵Wikipedia
柴田 常恵(しばた じょうえ、1877年7月18日 - 1954年12月1日)は明治から昭和にかけての日本の考古学者。
7月18日生まれの人      1877年生まれの人


兵庫県立明石高等学校の出身者 偏差値:53
 46  春成秀爾    岡山大学へ進学Wikipedia
春成 秀爾(はるなり ひでじ、1942年12月15日 - )は、日本の考古学者。国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。専攻は日本考古学。主たる研究領域は旧石器時代から古墳時代にかけての儀礼・祭り・社会構造。日本第四紀学会評議員。考古学研究会会員。総合研究大学院大学(日本歴史専攻)教授。文学博士。2003年(平成15年)、弥生時代の始まりが従来の一般的な年代観よりも500年さかのぼる可能性があるとの見解を発表し、考古学における先史時代の実年代見直しの動きを主導した。また、佐原真の没後、その業績をまとめた『佐原真の仕事』(全6巻)を金関恕とともに編集しており、2005年(平成17年)より岩波書店から刊行されている。
兵庫県の高校から岡山大学への進学者      全国の岡山大学の出身者      
12月15日生まれの人      1942年生まれの人


正則高等学校の出身者 偏差値:51
 47  大場磐雄    國學院大學へ進学Wikipedia
大場 磐雄(おおば いわお、1899年9月3日 - 1975年6月7日)は、日本の考古学者。元國學院大學教授。文学博士。旧姓は谷川だが、昭和3年(1928年)、母方の大場家を相続し、以後、大場姓となる。
東京都の高校から國學院大學への進学者      全国の國學院大學の出身者      
9月3日生まれの人      1899年生まれの人


大分県立大分工業高等学校の出身者 偏差値:47
 48  苅谷俊介    日出町の出身Wikipedia
苅谷 俊介(かりや しゅんすけ、1946年11月26日 - )は、日本の俳優・アマチュア考古学者。日本考古学協会会員。身長は178cm、血液型はA型。
日出町の出身者      
11月26日生まれの人      1946年生まれの人


秋田県立花輪高等学校の出身者 偏差値:46
 49  阿部義平    鹿角市の出身    東北大学へ進学Wikipedia
阿部 義平(あべ ぎへい、1942年9月 - 2011年9月17日)は、日本の考古学者、国立歴史民俗博物館名誉教授。
秋田県の高校から東北大学への進学者      全国の東北大学の出身者      鹿角市の出身者      
1942年生まれの人


大阪府立旭高等学校の出身者 偏差値:46
 50  土生田純之    関西大学へ進学Wikipedia
土生田 純之(はぶた よしゆき、1951年5月17日-)は、日本の考古学者。博士(文学)(関西大学)。専修大学教授。
大阪府の高校から関西大学への進学者      全国の関西大学の出身者      
5月17日生まれの人      1951年生まれの人


福岡県立糸島高等学校の出身者 偏差値:45
 51  原田大六    糸島市の出身Wikipedia
原田 大六(はらだ だいろく、1917年1月1日 - 1985年5月27日)は日本の考古学者。
糸島市の出身者      
1月1日生まれの人      1917年生まれの人


作新学院高等学校の出身者 偏差値:41
 52  塙静夫Wikipedia
塙 静夫(はなわ しずお、1932年 - )は、栃木県出身の元教員で、考古学者である。
1932年生まれの人


北海道美唄尚栄高等学校の出身者 偏差値:不明
 53  奥野正男    札幌市の出身Wikipedia
奥野 正男(おくの まさお、1931年11月15日 - )は、日本の考古学者、古代学者。北海道札幌市生まれ。元宮崎公立大学教授。筑紫古代文化研究所代表。邪馬台国九州説を唱えて多数の著書を著す。
札幌市の出身者      
11月15日生まれの人      1931年生まれの人


郁文館グローバル高等学校の出身者 偏差値:不明
 54  大塚初重    明治大学へ進学Wikipedia
大塚 初重(おおつか はつしげ、1926年(大正15年)11月22日 - )は、日本の考古学者。明治大学名誉教授。主として弥生時代と古墳時代を研究領域としている。
東京都の高校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      
11月22日生まれの人      1926年生まれの人


駒場東邦高等学校の出身者 偏差値:不明
 55  斎藤由多加    早稲田大学へ進学Wikipedia
斎藤由多加(さいとうゆたか、1962年10月15日 - )は、東京都出身のゲームクリエイター、ライター。自称・文明生物考古学者。株式会社ビバリウム社長。『The Tower』、『シーマン ~禁断のペット~』などの作品を開発したことで知られる。また「アップルコンピュータの研究家」でもあり、Macintosh に関する著書もある。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
10月15日生まれの人      1962年生まれの人


長野県松本深志高等学校の出身者 偏差値:不明
 56  岡正雄    松本市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
岡 正雄(おか まさお、1898年(明治31年)6月5日 - 1982年(昭和57年)12月5日)は、日本の民族学者。戦中戦後を通じて日本の民族学・文化人類学を主導した。兄は民族学や考古学、山岳書の名著を多数出版した岡書院店主の岡茂雄。息子に文化人類学者の岡千曲。
長野県の高校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      松本市の出身者      
6月5日生まれの人      1898年生まれの人


名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校の出身者 偏差値:不明
 57  千田嘉博    奈良大学へ進学Wikipedia
千田 嘉博(せんだ よしひろ、1963年7月19日 - )は、日本の城郭考古学者。奈良大学文学部文化財学科教授、前学長。
愛知県の高校から奈良大学への進学者      全国の奈良大学の出身者      
7月19日生まれの人      1963年生まれの人


滋賀県立彦根西高等学校の出身者 偏差値:不明
 58  後藤勝彦Wikipedia
後藤 勝彦(ごとう かつひこ、1929年 - 2016年)は日本の考古学者。
1929年生まれの人


京都市立西京高等学校・附属中学校の出身者 偏差値:不明
 59  川勝政太郎    京都市の出身    京都大学へ進学Wikipedia
川勝 政太郎(かわかつ まさたろう、1905年(明治38年)5月22日 - 1978年(昭和53年)12月23日)は、日本の考古学者、美術史家。文学博士。専門はサンスクリット、石造美術の研究。京都市生まれ。
京都府の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      京都市の出身者      
5月22日生まれの人      1905年生まれの人




大阪星光学院高等学校の出身者 偏差値:不明
 60  白石太一郎    同志社大学へ進学Wikipedia
白石 太一郎(しらいし たいちろう、1938年11月14日 - )は、日本の考古学者。国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。大阪府立近つ飛鳥博物館館長。
大阪府の高校から同志社大学への進学者      全国の同志社大学の出身者      
11月14日生まれの人      1938年生まれの人


甲陽学院高等学校の出身者 偏差値:不明
 61  宇野隆夫    京都大学へ進学Wikipedia
宇野 隆夫(うの たかお、1950年 - )は、日本の考古学者。帝塚山大学人文学部教授、国際日本文化研究センター名誉教授。
兵庫県の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      
1950年生まれの人


小林聖心女子学院高等学校の出身者 偏差値:不明
 62  須賀敦子    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
須賀 敦子(すが あつこ、1929年2月1日 - 1998年3月20日)は、日本の随筆家・イタリア文学者。 従兄弟には、考古学者で同志社大学名誉教授の森浩一がいる。 20代後半から30代が終わるまでイタリアで過ごし、40代はいわゆる専業非常勤講師として過ごす。50代以降、イタリア文学の翻訳者として脚光を浴び、50代後半からは随筆家としても注目を浴びた。 2014年には、イタリア語から日本語への優れた翻訳を表彰する須賀敦子翻訳賞が創設された。
兵庫県の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
2月1日生まれの人      1929年生まれの人


九州国際大学付属高等学校の出身者 偏差値:不明
 63  小川英文    東京外国語大学へ進学Wikipedia
小川 英文(おがわ ひでふみ、1956年3月 - )は、日本の考古学者。専門は東南アジア考古学。東京外国語大学総合国際学研究院(国際社会部門・地域研究系)教授。
福岡県の高校から東京外国語大学への進学者      全国の東京外国語大学の出身者      
1956年生まれの人


スポンサーリンク




有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク