偏差値別職業別の有名人出身高校 >俳人・歌人という職業の出身高校別有名人(偏差値順)

このサイトに登録されている有名人の数:56,568人
このサイトに登録されている出身高校別有名人の「俳人・歌人」という職業の有名人の数:194人



スポンサーリンク




灘高等学校の出身者 偏差値:78
 1  西村我尼吾    九州大学へ進学Wikipedia
西村 我尼吾(にしむら がにあ、1952年4月16日)は、日本の俳人。本名・西村英俊。1952年大阪府生まれ。灘高校、東京大学法学部卒。通商産業省に入省。山口青邨に師事。東大学生俳句会「原生林」編集長。東大ホトトギス会幹事。1978年対馬康子と結婚。1981年より2年間米国イェール大学大学院に留学、修士。
兵庫県の高校から九州大学への進学者      全国の九州大学の出身者      
4月16日生まれの人      1952年生まれの人
 2  楠本憲吉    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
楠本 憲吉(くすもと けんきち、1921年12月19日 - 1988年12月17日)は、俳人、随筆家。大阪府生まれ。実家は料亭・なだ万。灘中学校 (旧制)の同級に遠藤周作がいる。慶應義塾大学法学部卒、さらに学士入学で仏文科卒。在学中、1945年より句作を始め「慶大俳句」を組織し、日野草城に師事。のち草城の「青玄」無鑑査同人となる。俳誌「野の会」を主宰、俳句作家連盟会長、現代俳句協会顧問、東横学園女子短期大学客員教授を歴任。一般向けの随筆も多く、女性論、家族論、手紙、食事、酒など話題が豊富で洒脱な語り口ゆえ、テレビにもしばしば出演した。
兵庫県の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
12月19日生まれの人      1921年生まれの人


開成高等学校の出身者 偏差値:77
 3  山口優夢    東京大学へ進学Wikipedia
山口 優夢(やまぐち ゆうむ、1985年 - )は、日本の俳人、新聞記者。東京都に生まれる。2002年より開成高校の句会「紫雁会」に参加。2003年、第6回俳句甲子園にて団体優勝し、自句「小鳥来る三億年の地層かな」が最優秀句に選ばれる。その後東京大学に進学し、東大俳句会に所属。大学では理学部地球惑星環境学科で火星の地質を研究していた。2005年、龍谷大学青春俳句大賞大学生部門最優秀賞を受賞。2007年、第四回鬼貫青春俳句大賞優秀賞受賞。
東京都の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
1985年生まれの人
 4  池内友次郎    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
池内 友次郎(いけのうち ともじろう、1906年10月21日 - 1991年3月9日)は日本の作曲家・音楽教育家・俳人。
東京都の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
10月21日生まれの人      1906年生まれの人
 5  小穴隆一    函館市の出身Wikipedia
小穴 隆一(おあな りゅういち、1894年11月28日 - 1966年4月24日)は、日本の洋画家、随筆家、俳人。俳号は一游亭。
函館市の出身者      
11月28日生まれの人      1894年生まれの人
 6  松宮寒骨Wikipedia
松宮 寒骨(まつみや かんこつ、1883年(明治16年)- 1968年(昭和43年)は、石川県出身の日本の俳人。広告研究家。本名および広告学では松宮三郎名義。
1883年生まれの人


大阪府立北野高等学校の出身者 偏差値:76
 7  田中裕明    大阪市の出身    京都大学へ進学Wikipedia
田中 裕明(たなか ひろあき、1959年10月11日 - 2004年12月30日)は、大阪府出身の俳人。波多野爽波に師事、「青」に拠ったのち、「ゆう」を創刊・主宰。1983年に角川俳句賞を史上最年少の22歳で受賞。俳句の伝統をふまえた瑞々しい句風で、俳壇のニューウェーブとして活躍したが、白血病により早世した。
大阪府の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      大阪市の出身者      
10月11日生まれの人      1959年生まれの人
 8  脇田晴子    神戸大学へ進学Wikipedia
脇田 晴子(わきた はるこ、1934年3月9日 - 2016年9月27日 )は、日本の歴史学者。滋賀県立大学名誉教授。文学博士(京都大学、1969年)(学位論文「中世商工業座の構造」)。兵庫県西宮市生まれ。父は俳人の麻野恵三(微笑子)、夫は歴史学者の脇田修。子は経済学者の脇田成。
大阪府の高校から神戸大学への進学者      全国の神戸大学の出身者      
3月9日生まれの人      1934年生まれの人


麻布高等学校の出身者 偏差値:75
 9  小沢昭一    早稲田大学へ進学Wikipedia
小沢 昭一(おざわ しょういち、本名:小澤 昭一(読み同じ)、1929年(昭和4年)4月6日 - 2012年(平成24年)12月10日)は日本の俳優、タレント、俳人、エッセイスト、芸能研究者、元放送大学客員教授。日本新劇俳優協会会長。俳号は小沢 変哲。劇団「しゃぼん玉座」主宰。見世物学会顧問。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
4月6日生まれの人      1929年生まれの人
 10  神吉拓郎    成城大学へ進学Wikipedia
神吉 拓郎(かんき たくろう、1928年(昭和3年)9月11日 - 1994年(平成6年)6月28日)は、日本の小説家、俳人、随筆家。
東京都の高校から成城大学への進学者      全国の成城大学の出身者      
9月11日生まれの人      1928年生まれの人
 11  出澤三太Wikipedia
出澤 三太(でざわ さんた、1917年12月25日 - 1985年5月17日)は、俳人。筆名は出澤珊太郎。作家星新一の異母兄。
12月25日生まれの人      1917年生まれの人
 12  荻原井泉水    東京大学へ進学Wikipedia
荻原 井泉水(おぎわら せいせんすい、1884年(明治17年)6月16日 - 1976年(昭和51年)5月20日)は、日本の俳人。本名・幾太郎のち藤吉。
東京都の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
6月16日生まれの人      1884年生まれの人


早稲田大学高等学院の出身者 偏差値:75
 13  嶋田洋一    早稲田大学へ進学Wikipedia
嶋田 洋一(しまだ よういち、1913年 - 1979年)は日本の俳人。東京府東京市生まれ。父の嶋田青峰、叔父の嶋田的浦も俳人である。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
1913年生まれの人
 14  種田山頭火    防府市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句で著名。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      防府市の出身者      
12月3日生まれの人      1882年生まれの人


慶應義塾高等学校の出身者 偏差値:75
 15  五所平之助    千代田区の出身    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
五所 平之助(ごしょ へいのすけ、1902年1月24日 - 1981年5月1日)は、日本の映画監督、脚本家、俳人。日本最初の国産トーキー映画『マダムと女房』の監督として有名である。本名は五所 平右衛門(ごしょ へいえもん)。俳号は五所亭。
神奈川県の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      千代田区の出身者      
1月24日生まれの人      1902年生まれの人


神奈川県立横浜翠嵐高等学校の出身者 偏差値:74
 16  復本一郎    早稲田大学へ進学Wikipedia
復本 一郎(ふくもと いちろう、1943年9月5日 - )は、日本の国文学者、俳人。神奈川大学名誉教授。専門は近世・近代の俳文学。俳号は復本鬼ヶ城(おにがじょう)。
神奈川県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
9月5日生まれの人      1943年生まれの人


三重県立四日市高等学校の出身者 偏差値:74
 17  平田佐矩    立教大学へ進学Wikipedia
平田 佐矩(ひらた すけのり、1895年(明治28年)9月26日 - 1965年(昭和40年)12月6日)は、富田一色平田家の4代目当主。平田紡績の4代目社長。2代目平田佐次郎の3男。三重県四日市市出身の政治家でもあり富洲原町会議員を経て第11代四日市市長となった。実業家(平田紡績社長)に加えて趣味として和歌や短歌を創作する歌人・俳句を創作する俳人などの文芸活動をする文化人でもある。四日市コンビナートを誘致して四日市市(四日市港周辺の臨海部)を重工業化させた功労者である反面、四日市ぜんそくを発生させた四日市公害の責任者でもある。
三重県の高校から立教大学への進学者      全国の立教大学の出身者      
9月26日生まれの人      1895年生まれの人


大阪府立大手前高等学校の出身者 偏差値:74
 18  桂信子Wikipedia
桂 信子(かつら のぶこ、1914年11月1日 - 2004年12月16日)は、大阪市出身の俳人。日野草城に師事。「旗艦」「青玄」などを経て「草苑」を創刊・主宰。本名は丹羽信子(にわのぶこ)。
11月1日生まれの人      1914年生まれの人


慶應義塾志木高等学校の出身者 偏差値:73
 19  三田完    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
三田 完(みた かん、1956年3月18日 - )は、日本の小説家、俳人。
埼玉県の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
3月18日生まれの人      1956年生まれの人




愛知県立旭丘高等学校の出身者 偏差値:73
 20  伊藤敬子    同志社大学へ進学Wikipedia
伊藤 敬子(いとう けいこ、1935年5月3日 - )は、名古屋市東区生まれ、名東区在住の俳人。本名、敬子(たかこ)。
愛知県の高校から同志社大学への進学者      全国の同志社大学の出身者      
5月3日生まれの人      1935年生まれの人
 21  沼波瓊音    名古屋市の出身Wikipedia
沼波 瓊音(ぬなみ けいおん、1877年10月1日 - 1927年7月19日)は、明治・大正期の国文学者・俳人・右翼。本名は武夫(たけお)。名古屋市出身。
名古屋市の出身者      
10月1日生まれの人      1877年生まれの人
 22  笹川臨風    東京大学へ進学Wikipedia
笹川 臨風(ささかわ りんぷう、1870年9月2日(明治3年8月7日) - 1949年(昭和24年)4月13日)は、日本の歴史家、評論家、俳人。本名は種郎(たねお)。
愛知県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
9月2日生まれの人      1870年生まれの人


熊本県立熊本高等学校の出身者 偏差値:73
 23  長谷川櫂    小川町(現・宇城市)の出身    東京大学へ進学Wikipedia
長谷川 櫂(はせがわ かい、1954年2月20日 - )は、日本の俳人。『俳句の宇宙』で1990年度サントリー学芸賞。元読売新聞社文化部記者。
熊本県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      小川町(現・宇城市)の出身者      
2月20日生まれの人      1954年生まれの人
 24  正木ゆう子    熊本市の出身Wikipedia
正木 ゆう子(まさき ゆうこ、1952年6月22日 - )は、日本の俳人。熊本県熊本市生まれ。本姓・笠原。熊本県立熊本高等学校、お茶の水女子大学卒業。大学時代の1973年、兄正木浩一に誘われて「沖」入会、能村登四郎に師事。また福永耕二、坂巻純子に親しむ。大学卒業後は広告会社に務め、1977年結婚。1986年、第一句集『水晶体』を私家版で刊行。
熊本市の出身者      
6月22日生まれの人      1952年生まれの人
 25  有働亨Wikipedia
有働 亨(うどう とおる、1920年9月3日 - 2010年6月30日)は、俳人。
9月3日生まれの人      1920年生まれの人
 26  木下順二    東京大学へ進学Wikipedia
木下 順二(きのした じゅんじ、1914年(大正3年)8月2日 - 2006年(平成18年)10月30日)は、日本の劇作家、評論家。代表作に『夕鶴』がある。日本劇作家協会顧問。伯父は佐々醒雪(俳人、国文学者)。著名な進歩的文化人であった。
熊本県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
8月2日生まれの人      1914年生まれの人
 27  大久保武雄    熊本市の出身     東京帝国大学へ進学Wikipedia
大久保 武雄(おおくぼ たけお、1903年11月24日 - 1996年10月14日)は、日本の政治家。衆議院議員(7期)。俳人でもあり、俳号は大久保橙青(おおくぼ とうせい)と言う。勲一等瑞宝章。
熊本県の高校から 東京帝国大学への進学者      全国の 東京帝国大学の出身者      熊本市の出身者      
11月24日生まれの人      1903年生まれの人


北海道札幌北高等学校の出身者 偏差値:72
 28  五十嵐秀彦    明治学院大学へ進学Wikipedia
五十嵐 秀彦(いがらし ひでひこ、1956年3月12日 - )は、俳人。北海道帯広市生まれ。札幌市在住。現代俳句協会、俳人協会会員。漫画家の田島ハルは次女。
北海道の高校から明治学院大学への進学者      全国の明治学院大学の出身者      
3月12日生まれの人      1956年生まれの人


東京都立日比谷高等学校の出身者 偏差値:72
 29  内田誠    早稲田大学へ進学Wikipedia
内田 誠(うちだ まこと、1893年3月10日 - 1955年8月13日)は、日本の随筆家、俳人。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
3月10日生まれの人      1893年生まれの人
 30  横山白虹Wikipedia
横山 白虹(よこやま はっこう、1889年(明治22年)11月8日 - 1983年(昭和58年)11月18日)は、俳人、医師。本名は健夫(たけお)。 本籍地は山口県大津郡深川町(現・長門市)。
11月8日生まれの人      1889年生まれの人
 31  川端龍子    和歌山市の出身Wikipedia
川端 龍子(かわばた りゅうし、1885年(明治18年)6月6日 - 1966年(昭和41年)4月10日)は、戦前の日本画家、俳人。弟(異母弟)は「ホトトギス」の俳人川端茅舍(ぼうしゃ)であり、龍子も「ホトトギス」同人であった。本名は昇太郎。
和歌山市の出身者      
6月6日生まれの人      1885年生まれの人


青山学院高等部の出身者 偏差値:72
 32  西東三鬼    津山市の出身    日本歯科大学へ進学Wikipedia
西東 三鬼(さいとう さんき、1900年(明治33年)5月15日 - 1962年(昭和37年)4月1日)は、岡山県出身の俳人。医師として勤める傍ら30代で俳句をはじめ、伝統俳句から離れたモダンな感性を持つ俳句で新興俳句運動の中心人物の一人として活躍。戦後は「天狼」「雷光」などに参加し「断崖」を主宰。本名・斎藤敬直(さいとう けいちょく)。
東京都の高校から日本歯科大学への進学者      全国の日本歯科大学の出身者      津山市の出身者      
5月15日生まれの人      1900年生まれの人


立教池袋高等学校の出身者 偏差値:72
 33  安住敦Wikipedia
安住 敦(あずみ あつし、1907年7月1日 - 1988年7月8日)は、俳人、随筆家。前号・安住あつし。多くの人から絶大な人気を誇った。そして今もなお愛され続けている。
7月1日生まれの人      1907年生まれの人


滝高等学校の出身者 偏差値:72
 34  小川双々子Wikipedia
小川 双々子(おがわ そうそうし、本名:小川二郎 (おがわ じろう)、 1922年9月13日 - 2006年1月17日)は、俳人。
9月13日生まれの人      1922年生まれの人


栃木県立宇都宮高等学校の出身者 偏差値:71
 35  マブソン青眼    早稲田大学へ進学Wikipedia
マブソン青眼( - せいがん、1968年 - )は、フランス出身の俳人、比較文学者、エッセイスト、翻訳家。本名はMabesoone Laurent(マブソン ローラン)。
栃木県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
1968年生まれの人
 36  笹川臨風    東京大学へ進学Wikipedia
笹川 臨風(ささかわ りんぷう、1870年9月2日(明治3年8月7日) - 1949年(昭和24年)4月13日)は、日本の歴史家、評論家、俳人。本名は種郎(たねお)。
栃木県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
9月2日生まれの人      1870年生まれの人


埼玉県立浦和第一女子高等学校の出身者 偏差値:71
 37  鎌倉佐弓    埼玉大学へ進学Wikipedia
鎌倉 佐弓(かまくら さゆみ、1953年1月24日 - )は、高知県生まれの俳人。本名、乾佐弓。埼玉県富士見市在住。
埼玉県の高校から埼玉大学への進学者      全国の埼玉大学の出身者      
1月24日生まれの人      1953年生まれの人


埼玉県立春日部高等学校の出身者 偏差値:71
 38  秋尾敏    吉川市の出身    埼玉大学へ進学Wikipedia
秋尾 敏(あきお びん、1950年 - )は、埼玉県吉川市出身の俳人、俳論家。本名は河合章男。埼玉県立春日部高等学校、埼玉大学教育学部卒業、 図書館情報大学大学院博士前期課程 、筑波大学大学院博士後期課程修了、博士(情報学)。父は俳句結社「軸」を主宰した河合凱夫。1991年、第11回現代俳句評論賞受賞。1992年「軸」同人。1999年、凱夫の死去に伴い「軸」主宰を継承。元・大妻女子大学社会情報学部非常勤講師、日本女子大学家政学部非常勤講師、メディア教育開発センター客員助教授。
埼玉県の高校から埼玉大学への進学者      全国の埼玉大学の出身者      吉川市の出身者      
1950年生まれの人


桐朋高等学校の出身者 偏差値:71
 39  平山雄一Wikipedia
平山 雄一(ひらやま ゆういち、1953年1月10日 - )は、日本のポピュラー音楽評論家、俳人。
1月10日生まれの人      1953年生まれの人




石川県立金沢泉丘高等学校の出身者 偏差値:71
 40  喜多昭夫    金沢市の出身    金沢大学へ進学Wikipedia
喜多 昭夫(きた あきお、1963年1月10日 - )は歌人、俳人、文芸評論家。石川県文芸協会事務局長、石川県歌人協会幹事、つばさ短歌会主宰。
石川県の高校から金沢大学への進学者      全国の金沢大学の出身者      金沢市の出身者      
1月10日生まれの人      1963年生まれの人
 41  加藤楸邨Wikipedia
加藤 楸邨(かとう しゅうそん、1905年(明治38年)5月26日 - 1993年(平成5年)7月3日)は日本の俳人、国文学者。本名は健雄(たけお)。水原秋桜子に師事、はじめ「馬酔木」に拠ったが、苦学する中で同誌の叙情的な作風に飽き足らなくなり、人間の生活や自己の内面に深く根ざした作風を追求、石田波郷、中村草田男らとともに「人間探求派」と呼ばれた。戦後は戦災や社会運動への参加などを経て幅の広い作風を展開、また主宰した「寒雷」では伝統派から前衛派まで多様な俳人を育てた。
5月26日生まれの人      1905年生まれの人
 42  大橋八郎    高岡市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
大橋 八郎(おおはし はちろう、1885年12月19日 - 1968年6月4日)は、日本の政治家、逓信官僚、俳人。岡田内閣の法制局長官、林内閣の内閣書記官長、社団法人日本放送協会第4代会長、日本電信電話公社第2代総裁。現在の富山県高岡市出身。
石川県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      高岡市の出身者      
12月19日生まれの人      1885年生まれの人


静岡県立静岡高等学校の出身者 偏差値:71
 43  恩田侑布子    静岡市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
恩田 侑布子(おんだ ゆうこ、1956年9月17日 - )は、俳人。静岡県静岡市出身。
静岡県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      静岡市の出身者      
9月17日生まれの人      1956年生まれの人
 44  海野厚    静岡市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
海野 厚(うんの あつし、1896年8月12日 - 1925年5月20日)は、童謡作家、俳人。本名は厚一(こういち)。俳号は長頸子(ちょうけいし)。
静岡県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      静岡市の出身者      
8月12日生まれの人      1896年生まれの人


愛知県立時習館高等学校の出身者 偏差値:71
 45  富安風生    豊川市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
富安 風生(とみやす ふうせい、1885年(明治18年)4月16日 - 1979年(昭和54年)2月22日)は、愛知県出身の俳人。本名は謙次。高浜虚子に師事。逓信省に勤めながら俳誌「若葉」を主宰。温和な作風で知られた。
愛知県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      豊川市の出身者      
4月16日生まれの人      1885年生まれの人


奈良学園高等学校の出身者 偏差値:71
 46  中村安伸    早稲田大学へ進学Wikipedia
中村 安伸(なかむら やすのぶ、1971年 - )は、俳人。奈良県生まれ。妻はフィギュアスケートなどを取材するライターの青嶋ひろの。10歳の頃より祖父の影響で俳句をはじめる。奈良学園高等学校、早稲田大学商学部卒業。1995年、超結社句会「もののふ会」に参加。翌年より金子兜太の『海程』に投句。2004年、『―俳句空間―豈』同人となり、歴史的仮名遣いに転向。2008年、高山れおならとともにウェブサイト『―俳句空間―豈weekly』立ち上げ。また2009年から榮猿丸、青山茂根とともにウェブ俳句同人誌『haiku&me』を立ち上げる。2010年、第3回芝不器男俳句新人賞にて対馬康子奨励賞受賞。
奈良県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
1971年生まれの人


静岡県立清水東高等学校の出身者 偏差値:70
 47  江國滋    蒲原町の出身    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
江國 滋(えくに しげる、1934年8月14日 - 1997年8月10日)は、東京出身の演芸評論家、エッセイスト、俳人。俳号は滋酔郎。
静岡県の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      蒲原町の出身者      
8月14日生まれの人      1934年生まれの人


静岡県立浜松北高等学校の出身者 偏差値:70
 48  有馬朗人    大阪市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
有馬 朗人(ありま あきと、1930年9月13日 - )は、日本の物理学者(原子核物理学)、俳人、政治家。勲等は旭日大綬章。学位は理学博士(東京大学・1958年)。東京大学名誉教授、財団法人日本科学技術振興財団会長、科学技術館館長、武蔵学園学園長、公立大学法人静岡文化芸術大学理事長(初代)。文化勲章受章者。
静岡県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      大阪市の出身者      
9月13日生まれの人      1930年生まれの人


兵庫県立姫路西高等学校の出身者 偏差値:70
 49  五十嵐播水    姫路市の出身    京都大学へ進学Wikipedia
五十嵐 播水(いがらし ばんすい、1899年1月10日 - 2000年4月23日)は兵庫県出身の俳人、内科医。本名は久雄(ひさお)。姫路市鍛冶町に生まれる。野里尋常小学校、姫路中学校を経て1923年に京都帝国大学(京都大学)医学部を卒業。卒業後に松尾内科勤務を経て、神戸市立中央市民病院に勤務。同病院の副院長・院長を1959年まで務める。1961年に神戸市生田区で五十嵐内科を開業、1993年まで医師として務めた。
兵庫県の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      姫路市の出身者      
1月10日生まれの人      1899年生まれの人
 50  永田秀次郎    三原郡緑町(現南あわじ市)の出身    京都大学へ進学Wikipedia
永田 秀次郎(ながた ひでじろう、1876年(明治9年)7月23日 - 1943年(昭和18年)9月17日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の官僚、政治家、俳人、随筆家。第18代官選三重県知事、第8代・第14代東京市長、第4代拓殖大学総長、貴族院勅選議員。広田内閣の拓務大臣、阿部内閣の鉄道大臣を歴任。俳名・筆名は永田 青嵐(ながた せいらん)で出版した著書も多い。
兵庫県の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      三原郡緑町(現南あわじ市)の出身者      
7月23日生まれの人      1876年生まれの人


修道高等学校の出身者 偏差値:70
 51  檜山哲彦Wikipedia
檜山哲彦(ひやま てつひこ、1952年3月25日 - )は、日本のドイツ文学者、俳人、東京藝術大学教授。
3月25日生まれの人      1952年生まれの人


香川県立高松高等学校の出身者 偏差値:70
 52  対馬康子    高松市の出身    日本女子大学へ進学Wikipedia
対馬 康子(つしま やすこ、1953年10月22日 - )は、俳人。香川県高松市に生まれる。小学校高学年より詩に興味を持ちはじめ、高松高校時代は文芸部に所属。1972年日本女子大学国文学科に入学、文芸部に入部し同人誌に詩や短文を執筆。東大学生俳句会と文芸部との合同ハイキングで西村我尼吾と出会い俳句を作り始める。
香川県の高校から日本女子大学への進学者      全国の日本女子大学の出身者      高松市の出身者      
10月22日生まれの人      1953年生まれの人


秋田県立秋田高等学校の出身者 偏差値:69
 53  石井露月    秋田市の出身Wikipedia
石井 露月(いしい ろげつ、1873年(明治6年)5月17日) - 1928年(昭和3年)9月18日)は、日本の俳人。本名は祐治。
秋田市の出身者      
5月17日生まれの人      1873年生まれの人
 54  安藤和風Wikipedia
安藤 和風(あんどう はるかぜ、慶応2年1月12日(1866年2月26日) - 昭和11年(1936年)12月26日)は、日本のジャーナリスト、マスメディア経営者、俳人、郷土史研究家。通名および俳号は「和風」をそのまま音読みして「わふう」。
1月12日生まれの人      1866年生まれの人


東京都立小山台高等学校の出身者 偏差値:69
 55  平井照敏    東京大学へ進学Wikipedia
平井 照敏(ひらい しょうびん、1931年(昭和6年)3月31日 - 2003年(平成15年)9月13日)は、俳人、フランス文学者。本名・てるとし。東京都生まれ。1954年(昭和29年)東京大学文学部仏文科卒業、同大学院比較文学比較文化修士課程入学。1959年(昭和34年)詩集『エヴァの家族』を刊行、詩人として活動を始め、またフランス詩の研究も行う。青山学院短期大学に勤務しのち教授。
東京都の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
3月31日生まれの人      1931年生まれの人


淑徳高等学校の出身者 偏差値:69
 56  鈴木しづ子Wikipedia
鈴木 しづ子(すずき しづこ、1919年6月9日 - 没年不明)は日本の俳人。本名は鎮子。
6月9日生まれの人      1919年生まれの人


神奈川県立厚木高等学校の出身者 偏差値:69
 57  倉橋羊村    横浜市の出身    青山学院大学へ進学Wikipedia
倉橋 羊村(くらはし ようそん、1931年(昭和9年)4月28日 - )は、日本の俳人。俳誌「波」主宰。本名は倉橋裕(くらはし ゆたか)。
神奈川県の高校から青山学院大学への進学者      全国の青山学院大学の出身者      横浜市の出身者      
4月28日生まれの人      1931年生まれの人


奈良県立畝傍高等学校の出身者 偏差値:69
 58  大峯顕    京都大学へ進学Wikipedia
大峯 顕(おおみね あきら、1929年7月1日 - )は、日本の哲学者、浄土真宗僧侶、俳人。大阪大学名誉教授、元龍谷大学教授。専立寺前住職。学者としての専攻は宗教哲学。中期フィヒテ研究・西田幾多郎研究で知られる。俳号は大峯あきら。
奈良県の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      
7月1日生まれの人      1929年生まれの人
 59  森一郎    東京教育大学へ進学Wikipedia
森 一郎(もり いちろう、1923年 - 1991年)は、日本の英語教師、俳人。奈良県立畝傍中学、東京文理科大学卒業。奈良女子高等師範学校附属高等女学校(現・奈良女子大学附属中等教育学校)英語科教諭、東京都立日比谷高等学校英語科教諭、関西学院大学教授、奈良産業大学教授、中央ゼミナール講師を歴任。
奈良県の高校から東京教育大学への進学者      全国の東京教育大学の出身者      
1923年生まれの人


 60  阿波野青畝    高取町の出身Wikipedia
阿波野青畝(あわの せいほ、1899年(明治32年)2月10日 - 1992年(平成4年)12月22日)は奈良県出身の俳人。本名は敏雄。旧姓・橋本。原田浜人、高浜虚子に師事。昭和初期に山口誓子、高野素十、水原秋桜子ととも「ホトトギスの四S」と称された。「かつらぎ」主宰。
高取町の出身者      
2月10日生まれの人      1899年生まれの人


山口県立山口高等学校の出身者 偏差値:69
 61  種田山頭火    防府市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句で著名。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一。
山口県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      防府市の出身者      
12月3日生まれの人      1882年生まれの人


青森県立弘前高等学校の出身者 偏差値:68
 62  佐藤紅緑    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
佐藤 紅緑(さとう こうろく、1874年(明治7年)7月6日 - 1949年(昭和24年)6月3日)は、日本の作家、俳人。
青森県の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
7月6日生まれの人      1874年生まれの人


宮城県仙台第一高等学校の出身者 偏差値:68
 63  矢田挿雲    金沢市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
矢田 挿雲(やだ そううん、1882年(明治15年)2月9日 - 1961年(昭和36年)12月13日)は、石川県金沢市出身の小説家、俳人。本名は義勝。矢田插雲とも。
宮城県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      金沢市の出身者      
2月9日生まれの人      1882年生まれの人
 64  大須賀乙字    東京帝国大学へ進学Wikipedia
大須賀 乙字(おおすが おつじ、1881年7月29日 - 1920年1月20日)は、日本の俳人で俳論家。福島県相馬郡中村町(現在の相馬市)生まれ。本名・績(いさお)。
宮城県の高校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      
7月29日生まれの人      1881年生まれの人


福島県立福島高等学校の出身者 偏差値:68
 65  加藤徳衛 Wikipedia未登録
俳人、文化芸術において顕著な成績を収めた卒業生に『加藤文化芸術賞』が贈られる


東京都立新宿高等学校の出身者 偏差値:68
 66  田川飛旅子Wikipedia
田川 飛旅子(たがわ ひりょし、1914年8月28日 - 1999年4月25日)は、東京出身の俳人・工学者。本名・博。東京府豊多摩郡渋谷町(現渋谷区)生まれ。1933年に日本メソジスト協会中央会堂にて洗礼を受けた。府立六中(現東京都立新宿高等学校)、一高を経て1940年に東京帝国大学工学部卒。卒業と同時に古川電池に入社し電池製作所に配属。戦後に同技師長、役員として勤務。工学者としては『電池及蓄電池』(1953年)の著書があり、1961年に東京大学から博士号を受けている。
8月28日生まれの人      1914年生まれの人


東京都立両国高等学校の出身者 偏差値:68
 67  久保田万太郎    浅草の出身    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
久保田 万太郎(くぼた まんたろう、1889年(明治22年)11月7日 - 1963年(昭和38年)5月6日)は、浅草生まれの大正から昭和にかけて活躍した俳人、小説家、劇作家。生粋の江戸っ子として伝統的な江戸言葉を駆使して滅びゆく下町の人情を描いた。俳人としては岡本松浜、松根東洋城に師事、戦後に俳誌「春燈」を主宰し文人俳句の代表作家として知られる。俳句の別号に暮雨、傘雨。別の筆名に千野菊次郎。文化勲章受章者。贈従三位勲一等瑞宝章(没時叙位叙勲)。
東京都の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      浅草の出身者      
11月7日生まれの人      1889年生まれの人
 68  川端龍子    和歌山市の出身Wikipedia
川端 龍子(かわばた りゅうし、1885年(明治18年)6月6日 - 1966年(昭和41年)4月10日)は、戦前の日本画家、俳人。弟(異母弟)は「ホトトギス」の俳人川端茅舍(ぼうしゃ)であり、龍子も「ホトトギス」同人であった。本名は昇太郎。
和歌山市の出身者      
6月6日生まれの人      1885年生まれの人


東京都立駒場高等学校の出身者 偏差値:68
 69  及川貞Wikipedia
及川 貞(おいかわ てい、1899年(明治32年)5月30日 - 1993年(昭和61年)11月13日)は日本の女流俳人。旧姓は野並(のなみ)。
5月30日生まれの人      1899年生まれの人


神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校の出身者 偏差値:68
 70  吉野裕之    九州大学へ進学Wikipedia
吉野 裕之(よしの ひろゆき、1961年8月1日 - )はプログラムオフィサー、歌人、俳人。堂号は空蝉庵。歌人の髙橋みずほは妻。同じく歌人の髙橋俊人は妻の祖父。
神奈川県の高校から九州大学への進学者      全国の九州大学の出身者      
8月1日生まれの人      1961年生まれの人


三重県立津高等学校の出身者 偏差値:68
 71  長谷川素逝    京都帝国大学へ進学Wikipedia
長谷川 素逝(はせがわ そせい、1907年(明治40年)2月2日 - 1946年(昭和21年)10月10日)は、日本の俳人。本名・直次郎。
三重県の高校から京都帝国大学への進学者      全国の京都帝国大学の出身者      
2月2日生まれの人      1907年生まれの人


愛媛県立松山東高等学校の出身者 偏差値:68
 72  神野紗希Wikipedia
神野 紗希(こうの さき、1983年6月4日 - )は、俳人。愛媛県松山市に生まれる。松山東高等学校時代に放送部に所属、俳句甲子園を取材したことをきっかけに俳句を始めた。2001年、第四回俳句甲子園にて団体優勝、「カンバスの余白八月十五日」が最優秀句に選ばれる。2002年、第一回芝不器男俳句新人賞にて坪内稔典奨励賞を受賞。同年、句集『星の地図』を刊行。2004年4月よりNHK『俳句王国』司会を担当(2010年3月まで)。現代俳句協会幹事(2016年)。
6月4日生まれの人      1983年生まれの人
 73  中村草田男    東京大学へ進学Wikipedia
中村 草田男(なかむら くさたお、1901年(明治34年)7月24日 - 1983年(昭和58年)8月5日)は、愛媛県出身の俳人。本名清一郎(せいいちろう)。東京大学国文科卒。高浜虚子に師事、「ホトトギス」で客観写生を学びつつ、ニーチェなどの西洋思想から影響を受け、生活や人間性に根ざした句を模索。石田波郷、加藤楸邨らとともに人間探求派と呼ばれた。「萬緑」を創刊・主宰。戦後は第二芸術論争をはじめとして様々な俳句論争で主導的な役割をもった。
愛媛県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
7月24日生まれの人      1901年生まれの人
 74  松根東洋城Wikipedia
松根 東洋城(まつね とうようじょう、1878年2月25日 - 1964年10月28日)は俳人。本名は豊次郎で俳号はこれをもじったもの。夏目漱石の門下生。
2月25日生まれの人      1878年生まれの人
 75  寒川鼠骨Wikipedia
寒川 鼠骨(さむかわ そこつ、1875年(明治8年)11月3日 - 1954年(昭和29年)8月18日)は、正岡子規門下の俳人。病床の子規に侍り、遺族を見守り、遺墨・遺構の保存に尽くした。
11月3日生まれの人      1875年生まれの人
 76  高浜虚子    東北大学へ進学Wikipedia
高浜 虚子(たかはま きょし、旧字体: 高濱 虛子、1874年〈明治7年〉2月22日 - 1959年〈昭和34年〉4月8日)は明治・大正・昭和の三代にわたる俳人・小説家。本名は高浜 清(たかはま きよし、旧字体: 高濱 淸)。
愛媛県の高校から東北大学への進学者      全国の東北大学の出身者      
2月22日生まれの人      1874年生まれの人
 77  河東碧梧桐    東北大学へ進学Wikipedia
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年(明治6年)2月26日 - 1937年(昭和12年)2月1日)は、日本の俳人・随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。
愛媛県の高校から東北大学への進学者      全国の東北大学の出身者      
2月26日生まれの人      1873年生まれの人
 78  勝田主計    東京大学へ進学Wikipedia
勝田 主計(しょうだ かずえ、明治2年旧暦9月15日(1869年10月19日)- 昭和23年(1948年)10月10日)は日本の大蔵官僚、政治家。同郷の俳人・正岡子規や海軍軍人・秋山真之の友人だった。
愛媛県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
10月19日生まれの人      1869年生まれの人
 79  柳原極堂Wikipedia
柳原 極堂(やなぎはら きょくどう、慶応3年2月11日(1867年3月16日)- 昭和32年(1957年)10月7日)は愛媛県出身の俳人である。
2月11日生まれの人      1867年生まれの人


 80  正岡子規    東京大学へ進学Wikipedia
正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。 正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。
愛媛県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
10月14日生まれの人      1867年生まれの人
 81  加藤恒忠Wikipedia
加藤 恒忠(かとう つねただ、安政6年1月22日(1859年2月24日) - 大正12年(1923年)3月26日)は、日本の外交官、政治家。旧姓は大原。号は拓川。衆議院議員、貴族院勅選議員、松山市長、錦鶏間祗候。三男忠三郎は阪急電鉄の車掌、阪急百貨店の職員で、俳人正岡子規の妹リツの養子となり正岡家の祭祀を嗣いだ。
1月22日生まれの人      1859年生まれの人
 82  内藤鳴雪Wikipedia
内藤鳴雪(ないとう めいせつ、1847年5月29日(弘化4年4月15日) - 1926年(大正15年)2月20日)は、幕末の伊予松山藩の武士、明治期の官吏、明治・大正期の俳人。幼名助之進、元服して師克(もろかつ)、のち素行(もとゆき)。俳号の『鳴雪』は、『何事も成行きに任す』の、当て字という。
5月29日生まれの人      1847年生まれの人


岩手県立盛岡第一高等学校の出身者 偏差値:67
 83  山口青邨    東京大学へ進学Wikipedia
山口 青邨(やまぐち せいそん、1892年5月10日 - 1988年12月15日)は、岩手県出身の俳人、鉱山学者。高浜虚子に俳句を師事、工学博士として東京大学に勤めながら俳誌「夏草」を主宰した。本名は吉朗(きちろう)。初号は泥邨。
岩手県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
5月10日生まれの人      1892年生まれの人
 84  岡山不衣Wikipedia
岡山 不衣(おかやま ふい、1885年(明治18年)12月9日 - 1943年(昭和18年)11月29日)は岩手県花巻市出身の俳人。岩手毎日新聞社(1933年廃刊。現在の毎日新聞とは無関係)の主筆(編集長)でもあった。生誕時の本名は伊藤儀七であったが、幼少時に養子に出たことで岡山儀七となった。
12月9日生まれの人      1885年生まれの人


山形県立山形南高等学校の出身者 偏差値:67
 85  村川透    福島大学へ進学Wikipedia
村川 透(むらかわ とおる、本名:高橋-(たかはし-)、旧姓:村川、1937年3月22日 - )は、日本の映画監督・音楽家。別名:山形 透。山形県村山市出身。福島大学経済学部卒業。上野国館林藩里正の血筋で、江戸前期に活躍した俳人・村川素英の子孫にあたる。
山形県の高校から福島大学への進学者      全国の福島大学の出身者      
3月22日生まれの人      1937年生まれの人
 86  村川千秋    村山市の出身    東京芸術大学へ進学Wikipedia
村川 千秋(むらかわ ちあき、1933年1月1日 - )は山形県村山市出身の男性オーケストラ指揮者。江戸前期に活躍した俳人・村川素英の子孫にあたり、弟は映画監督の村川透。
山形県の高校から東京芸術大学への進学者      全国の東京芸術大学の出身者      村山市の出身者      
1月1日生まれの人      1933年生まれの人


福島県立安積高等学校の出身者 偏差値:67
 87  久米正雄    東京大学へ進学Wikipedia
久米 正雄(くめ まさお、1891年(明治24年)11月23日 - 1952年(昭和27年)3月1日)は、日本の小説家、劇作家、俳人。俳号は三汀(さんてい)。“微苦笑”という語の発明者として有名。永井龍男は義弟(永井の妻が、久米の妻の妹)。息子の久米昭二はNHKの演芸番組のディレクターとなり、女優音羽美子と結婚した。
福島県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
11月23日生まれの人      1891年生まれの人
 88  大須賀乙字    東京帝国大学へ進学Wikipedia
大須賀 乙字(おおすが おつじ、1881年7月29日 - 1920年1月20日)は、日本の俳人で俳論家。福島県相馬郡中村町(現在の相馬市)生まれ。本名・績(いさお)。
福島県の高校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      
7月29日生まれの人      1881年生まれの人


埼玉県立不動岡高等学校の出身者 偏差値:67
 89  小島慶三    羽生市の出身    一橋大学へ進学Wikipedia
小島 慶三(こじま けいぞう、1917年(大正6年)3月11日 - 2008年(平成20年)8月30日)は、日本のエコノミスト、思想家、教育者、実業家、官僚、政治家、俳人。参議院議員(1期)。
埼玉県の高校から一橋大学への進学者      全国の一橋大学の出身者      羽生市の出身者      
3月11日生まれの人      1917年生まれの人


日本大学第二高等学校の出身者 偏差値:67
 90  ねじめ正一    直木賞の出身    青山学院大学へ進学Wikipedia
ねじめ 正一(ねじめ しょういち、1948年6月16日 - )は、日本の詩人、小説家。本名は禰寝 正一(読みは同じ)。東京都杉並区生まれ。杉並区立杉並第四小学校→杉並区立高円寺中学校→日本大学第二高等学校卒業。青山学院大学経済学部中退。父は俳人のねじめ正也。長男は俳優のねじめ宗吾(ねじめ そうご、本名:禰寝宗吾、1975年5月4日 - )。長女は脚本家の祢寝彩木(ねじめ さえき、1979年2月11日 - )。
東京都の高校から青山学院大学への進学者      全国の青山学院大学の出身者      直木賞の出身者      
6月16日生まれの人      1948年生まれの人


山梨県立甲府第一高等学校の出身者 偏差値:67
 91  飯田龍太    國學院大學へ進学Wikipedia
飯田 龍太(いいだ りゅうた、1920年(大正9年)7月10日 - 2007年(平成19年)2月25日)は、山梨県出身の俳人。飯田蛇笏の四男で、蛇笏を継ぎ俳誌「雲母」を主宰。戦後の俳壇において森澄雄とともに伝統俳句の中心的存在として活躍した。
山梨県の高校から國學院大學への進学者      全国の國學院大學の出身者      
7月10日生まれの人      1920年生まれの人
 92  飯田蛇笏    早稲田大学へ進学Wikipedia
飯田 蛇笏(いいだ だこつ、1885年(明治18年)4月26日 - 1962年(昭和37年)10月3日)は、山梨県出身の俳人。本名、飯田武治(いいだ たけはる)。別号に山廬(さんろ)。高浜虚子に師事、山梨の山村で暮らしつつ格調の高い句を作り、村上鬼城などとともに大正時代における「ホトトギス」隆盛期の代表作家として活躍した。俳誌「雲母」を主宰。四男の飯田龍太も高名な俳人である。
山梨県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
4月26日生まれの人      1885年生まれの人


武蔵高等学校の出身者 偏差値:66
 93  有馬朗人    大阪市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
有馬 朗人(ありま あきと、1930年9月13日 - )は、日本の物理学者(原子核物理学)、俳人、政治家。勲等は旭日大綬章。学位は理学博士(東京大学・1958年)。東京大学名誉教授、財団法人日本科学技術振興財団会長、科学技術館館長、武蔵学園学園長、公立大学法人静岡文化芸術大学理事長(初代)。文化勲章受章者。
東京都の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      大阪市の出身者      
9月13日生まれの人      1930年生まれの人


神奈川県立希望ヶ丘高等学校の出身者 偏差値:66
 94  倉橋羊村    横浜市の出身    青山学院大学へ進学Wikipedia
倉橋 羊村(くらはし ようそん、1931年(昭和9年)4月28日 - )は、日本の俳人。俳誌「波」主宰。本名は倉橋裕(くらはし ゆたか)。
神奈川県の高校から青山学院大学への進学者      全国の青山学院大学の出身者      横浜市の出身者      
4月28日生まれの人      1931年生まれの人
 95  大野林火    横浜市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
大野 林火(おおの りんか、1904年3月25日 - 1982年8月21日)は、俳人。本名は大野正(おおの まさし)。神奈川県横浜市生まれ。旧制県立横浜第一中学校、旧制第四高等学校を経て、1927年東京帝國大学経済学部を卒業。大学卒業後は日本光機工業に入社。1930年に会社を辞めて県立商工実習学校教諭となる。中学時代より鈴木三重吉や佐藤春夫の抒情詩に傾倒。俳句は中学時代の1920年、親友の荻野清(のち俳文学者となる)の父から手ほどきを受け、1921年、荻野の勧めをうけて「石楠」に入会、臼田亞浪に師事する。
神奈川県の高校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      横浜市の出身者      
3月25日生まれの人      1904年生まれの人


新潟県立長岡高等学校の出身者 偏差値:66
 96  高野素十    取手市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
高野 素十(たかの すじゅう、1893年3月3日 - 1976年10月4日)は、茨城県出身の俳人、医師(医学博士)。高浜虚子に師事。虚子の唱えた「客観写生」を忠実に実践、簡潔で即物的な写生句で頭角を現し、山口誓子、阿波野青畝、水原秋桜子とともに「ホトトギスの四S」と称された。「芹」主宰。本名は高野与巳(よしみ)。
新潟県の高校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      取手市の出身者      
3月3日生まれの人      1893年生まれの人


福井県立藤島高等学校の出身者 偏差値:66
 97  多田裕計    早稲田大学へ進学Wikipedia
多田 裕計(ただ ゆうけい、1912年8月18日 - 1980年7月8日)は、日本の小説家・俳人。福井県福井市出身。
福井県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
8月18日生まれの人      1912年生まれの人
 98  皆吉爽雨Wikipedia
皆吉 爽雨(みなよし そうう、1902年2月7日 - 1983年6月29日)は、福井県出身の俳人。本名・大太郎。福井市上宝永町に生まれ、丸岡町、三国町に育つ。福井中学校(現福井県立藤島高等学校)卒業。1919年、住友電気工業に入社。「ホトトギス」に投句し高浜虚子に師事する。1922年、「山茶花」創刊に参加。1936年、「山茶花」選者。1945年に上京、1946年に「雪解」を創刊・主宰。1967年、句集『三露』などの功績より第1回蛇笏賞受賞。1979年、勲四等旭日章受章。俳人協会副会長を務めた。
2月7日生まれの人      1902年生まれの人


静岡県立富士高等学校の出身者 偏差値:66
 99  上田五千石    上智大学へ進学Wikipedia
上田 五千石(うえだ ごせんごく、1933年10月24日 - 1997年9月2日)は、東京都出身の俳人。秋元不死男に師事。「畦」創刊主宰。本名は明男。
静岡県の高校から上智大学への進学者      全国の上智大学の出身者      
10月24日生まれの人      1933年生まれの人




岡山県立岡山朝日高等学校の出身者 偏差値:66
 100  中塚一碧楼    浅口郡玉島町(現・倉敷市)の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
中塚一碧楼(なかつか いっぺきろう、1887年(明治20年)9月24日 - 1946年(昭和21年)12月31日)は、日本の俳人。本名・直三(なおぞう)。俳号は他に一碧(いっぺき)。
岡山県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      浅口郡玉島町(現・倉敷市)の出身者      
9月24日生まれの人      1887年生まれの人


埼玉県立熊谷高等学校の出身者 偏差値:65
 101  金子兜太    比企郡小川町の出身    東京大学へ進学Wikipedia
金子 兜太(かねこ とうた、1919年(大正8年)9月23日 - )は、埼玉県出身の俳人。加藤楸邨に師事、「寒雷」所属を経て「海程」を創刊、主宰。戦後の社会性俳句運動、前衛俳句運動において理論・実作両面で中心的な役割を果たし、その後も後進を育てつつ第一線で活動している。上武大学文学部教授、現代俳句協会会長などを歴任。現代俳句協会名誉会長、日本芸術院会員、文化功労者。小林一茶、種田山頭火の研究家としても知られる。
埼玉県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      比企郡小川町の出身者      
9月23日生まれの人      1919年生まれの人


成田高等学校の出身者 偏差値:65
 102  三橋鷹女Wikipedia
三橋 鷹女(みつはし たかじょ、1899年12月24日 - 1972年4月7日)は、千葉県出身の俳人。本名・たか子。幼名・文子。旧号・東文恵。原石鼎、小野蕪子に師事。戦後、新興俳句系の「俳句評論」等に関わる。昭和期に活躍した代表的な女性俳人として中村汀女・星野立子・橋本多佳子とともに四Tと呼ばれた。
12月24日生まれの人      1899年生まれの人


兵庫県立龍野高等学校の出身者 偏差値:65
 103  赤尾兜子    姫路市の出身    大阪外語専門学校へ進学Wikipedia
赤尾 兜子(あかお とうし、1925年(大正14年)2月28日 - 1981年(昭和56年)3月17日)は、日本の俳人。本名は赤尾俊郎。
兵庫県の高校から大阪外語専門学校への進学者      全国の大阪外語専門学校の出身者      姫路市の出身者      
2月28日生まれの人      1925年生まれの人


愛媛県立松山南高等学校の出身者 偏差値:65
 104  今井つる女Wikipedia
今井 つる女(いまい つるじょ、1897年6月16日 - 1992年8月19日)は、俳人。本名は今井鶴(旧姓・池内)。父は高濱虚子の兄池内政夫で、つる女は虚子の姪にあたる。愛媛県松山市生まれ。愛媛県立松山高等女学校(現・愛媛県立松山南高等学校)卒。今井五郎と結婚後上京、1920年ころより句作をはじめ、「ホトトギス」夫人句会に参加。1930年、星野立子の「玉藻」創刊に参加。1940年「ホトトギス」同人。1945年愛媛県波止浜町(現今治市)に疎開ししばらく同地に住む。1953年『愛媛新聞』婦人俳壇を創設。1955年の上京以後も30年にわたって同選者を務める。1987年より日本伝統俳句協会顧問。1992年死去、95歳。句集に『姪の宿』『花野』『かへりみる』など。娘の今井千鶴子も俳人で『愛媛新聞』婦人俳壇選者を引き継いでいる。
6月16日生まれの人      1897年生まれの人


福島県立磐城高等学校の出身者 偏差値:64
 105  安住敦Wikipedia
安住 敦(あずみ あつし、1907年7月1日 - 1988年7月8日)は、俳人、随筆家。前号・安住あつし。多くの人から絶大な人気を誇った。そして今もなお愛され続けている。
7月1日生まれの人      1907年生まれの人


京華高等学校の出身者 偏差値:64
 106  小島政二郎    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
小島 政二郎(こじま まさじろう、1894年(明治27年)1月31日 - 1994年(平成6年)3月24日)は、日本の小説家、随筆家、俳人。俳号は燕子楼。
東京都の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
1月31日生まれの人      1894年生まれの人


兵庫県立尼崎稲園高等学校の出身者 偏差値:64
 107  見目誠    学習院大学へ進学Wikipedia
見目 誠(けんもく まこと、1952年8月27日 - 2013年7月14日)は、日本の翻訳家、俳人、詩歌研究家。埼玉県生まれ。1976年学習院大学文学部卒。同大学院仏文科博士課程単位取得退学。その後高校教諭をしながら、文筆・翻訳活動を行った。日本フランス語フランス文学会、日本翻訳家協会、俳人協会、国際俳句交流協会会員。「馬酔木」、「関西文学」同人。
兵庫県の高校から学習院大学への進学者      全国の学習院大学の出身者      
8月27日生まれの人      1952年生まれの人


東京都立北園高等学校の出身者 偏差値:63
 108  高柳重信    早稲田大学へ進学Wikipedia
高柳 重信(たかやなぎ しげのぶ、1923年1月9日 - 1983年7月8日)は俳人。本名は高柳重信(しげのぶ)、俳人としては「じゅうしん」を自称した。3行ないし4行書きの多行書きの俳句を提唱、実践し、金子兜太らとともに「前衛俳句」の旗手となった。歌人の高柳蕗子は実子。俳人中村苑子と事実婚(内縁関係)にあった。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
1月9日生まれの人      1923年生まれの人


静岡県立三島北高等学校の出身者 偏差値:63
 109  冨士眞奈美Wikipedia
冨士 眞奈美(ふじ まなみ、本名;岩崎 真奈美、1938年1月15日 - )は、女優・随筆家・俳人。血液型はA型。アンテーヌ所属。
1月15日生まれの人      1938年生まれの人


大阪府立清水谷高等学校の出身者 偏差値:63
 110  大橋敦子Wikipedia
大橋 敦子(おおはし あつこ、1924年4月18日 - 2014年2月21日)は、俳人。
4月18日生まれの人      1924年生まれの人


鳥取県立鳥取西高等学校の出身者 偏差値:63
 111  尾崎放哉    鳥取市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
尾崎 放哉(おざき ほうさい、本名: 尾崎 秀雄(おざき ひでお)、1885年(明治18年)1月20日 - 1926年(大正15年)4月7日)は、日本の俳人。種田山頭火らと並び、自由律俳句の最も著名な俳人の一人である。鳥取県鳥取市出身。
鳥取県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      鳥取市の出身者      
1月20日生まれの人      1885年生まれの人


高知県立高知追手前高等学校の出身者 偏差値:63
 112  弘瀬公美    桃山学院大学へ進学Wikipedia未登録
1966年9月20日生れ。川柳句集『瞳の宇宙』詩集『未来への贈り物』フリーライター。詩人。俳人。
高知県の高校から桃山学院大学への進学者      全国の桃山学院大学の出身者      
9月20日生まれの人      1966年生まれの人
 113  寺田寅彦    東京大学へ進学Wikipedia
寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 - 1935年(昭和10年)12月31日)は、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓(“ニュートン”)、藪柑子(“やぶこうじ”)の筆名でも知られる。高知県出身(出生地は東京市)。
高知県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
11月28日生まれの人      1878年生まれの人


北海道北見北斗高等学校の出身者 偏差値:62
 114  せきしろ    福島大学へ進学Wikipedia
せきしろ(せきしろ、1970年11月3日 - )は北海道常呂郡出身の男性作家、俳人、コラムニスト。A型。北海道北見北斗高等学校卒業。福島大学中退。
北海道の高校から福島大学への進学者      全国の福島大学の出身者      
11月3日生まれの人      1970年生まれの人
 115  宇佐美福生    生田原町の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
宇佐美福生(うさみ ふくお、1921年(大正10年)6月10日-1984年(昭和59年)6月2日)は、日本の政治家・俳人・市民運動家。北海道紋別郡生田原町出身。北海道野付牛中学校(旧制)卒業。早稲田大学政経学部卒業。北海道北見市長(1967年-1975年、2期)。
北海道の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      生田原町の出身者      
6月10日生まれの人      1921年生まれの人


福岡県立鞍手高等学校の出身者 偏差値:62
 116  野見山朱鳥Wikipedia
野見山 朱鳥(のみやま あすか、1917年(大正6年)4月30日 - 1970年(昭和45年)2月26日)は福岡県出身の俳人。高浜虚子に師事、「菜殻火」主宰。本名は正男(まさお)。
4月30日生まれの人      1917年生まれの人


熊本県立第一高等学校の出身者 偏差値:62
 117  中村汀女    熊本市の出身Wikipedia
中村 汀女(なかむら ていじょ、1900年(明治33年)4月11日 - 1988年(昭和63年)9月20日)は、俳人。本名、破魔子(はまこ)。星野立子・橋本多佳子・三橋鷹女とともに4Tと呼ばれた、昭和を代表する女流俳人。
熊本市の出身者      
4月11日生まれの人      1900年生まれの人


実践学園高等学校の出身者 偏差値:61
 118  三橋敏雄Wikipedia
三橋 敏雄(みつはし としお、1920年11月8日 - 2001年12月1日)は、俳人。東京都八王子市出身。実家は絹織物業であったが、家業が傾き進学を諦め、書籍取次の東京堂(現トーハン)で働きながら実践商業学校(現実践学園中学・高等学校)夜間部を卒業。1943年召集を受け横須賀海兵団に入団。戦後は1972年まで運輸省所属の練習船事務長として日本丸、海王丸などに勤務した。
11月8日生まれの人      1920年生まれの人


京都府立洛北高等学校の出身者 偏差値:61
 119  麻田駒之助Wikipedia
麻田 駒之助(あさだ こまのすけ、明治2年10月14日(1869年11月17日) - 昭和23年(1948年)11月24日)は、日本の出版者、中央公論社の初期の社長。『ホトトギス』の俳人で俳号を椎花。
10月14日生まれの人      1869年生まれの人




徳島県立城東高等学校の出身者 偏差値:61
 120  大高翔    阿南市の出身    立教大学へ進学Wikipedia
大高 翔(おおたか しょう、1977年7月13日 - )は日本の女性俳人。「藍花」所属。徳島県阿南市出身。徳島県立城東高等学校、立教大学文学部卒業。大高翔はペンネーム。
徳島県の高校から立教大学への進学者      全国の立教大学の出身者      阿南市の出身者      
7月13日生まれの人      1977年生まれの人


三重県立上野高等学校の出身者 偏差値:60
 121  倉阪鬼一郎    上野市(現・伊賀市)の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
倉阪 鬼一郎(くらさか きいちろう、1960年1月28日 – )は、日本の小説家、評論家、俳人、翻訳家。
三重県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      上野市(現・伊賀市)の出身者      
1月28日生まれの人      1960年生まれの人
 122  横光利一    早稲田大学へ進学Wikipedia
横光 利一(よこみつ りいち、1898年(明治31年)3月17日 - 1947年(昭和22年)12月30日)は、日本の小説家・俳人・評論家である。本名は横光利一(としかず)。
三重県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
3月17日生まれの人      1898年生まれの人


岡山県立津山高等学校の出身者 偏差値:60
 123  西東三鬼    津山市の出身    日本歯科大学へ進学Wikipedia
西東 三鬼(さいとう さんき、1900年(明治33年)5月15日 - 1962年(昭和37年)4月1日)は、岡山県出身の俳人。医師として勤める傍ら30代で俳句をはじめ、伝統俳句から離れたモダンな感性を持つ俳句で新興俳句運動の中心人物の一人として活躍。戦後は「天狼」「雷光」などに参加し「断崖」を主宰。本名・斎藤敬直(さいとう けいちょく)。
岡山県の高校から日本歯科大学への進学者      全国の日本歯科大学の出身者      津山市の出身者      
5月15日生まれの人      1900年生まれの人


群馬県立桐生女子高等学校の出身者 偏差値:59
 124  阿部知代    桐生市の出身    上智大学へ進学Wikipedia
阿部 知代(あべ ちよ、1963年7月23日 - )は、フジテレビの元アナウンサーで報道局の社員。俳人。群馬県桐生市出身。身長168cm。
群馬県の高校から上智大学への進学者      全国の上智大学の出身者      桐生市の出身者      
7月23日生まれの人      1963年生まれの人


群馬県立渋川高等学校の出身者 偏差値:59
 125  木暮剛平    渋川市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
木暮 剛平(こぐれ ごうへい、1924年9月19日 - 2008年12月14日)は、電通社長・会長を経て電通相談役。日本広告業協会理事長・日本広告業協会会長として広告代理店業界の発展に尽力。 経済同友会副代表幹事、経済団体連合会理事、東京商工会議所議員などを歴任。 通商産業省(現在の経済産業省)情報処理振興審議会会長として行政運営の円滑化にも手腕を発揮した。 また、 60歳を過ぎて始めた俳句だったが、 俳人としても知られ、「万象」同人。国際俳句交流協会会長を務めた。 2008年12月14日、肺炎のため死去。
群馬県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      渋川市の出身者      
9月19日生まれの人      1924年生まれの人


銚子市立銚子高等学校の出身者 偏差値:58
 126  野平匡邦    成田市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
野平 匡邦(のひら まさくに、1947年7月25日 - )は、日本の政治家、官僚。弁護士。2期にわたって千葉県銚子市長を務めた。空手道東大拳法会7段、全日本空手道連盟3段。趣味は西洋の伝統芸術鑑賞、合唱など。父は外科医で俳人の野平藤雄。銚子市出身。
千葉県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      成田市の出身者      
7月25日生まれの人      1947年生まれの人


三重県立宇治山田高等学校の出身者 偏差値:58
 127  山田みづえWikipedia
山田 みづえ(やまだ みづえ、1926年7月12日 - 2013年5月18日)は、日本の俳人。宮城県仙台市生まれ。国語学者・山田孝雄の次女。兄に山田忠雄、山田俊雄らがいる。宇治山田高等女学校(現・三重県立宇治山田高等学校)卒。1957年、石田波郷に師事。俳誌「鶴」を経て、1979年に「木語」を創刊、主宰。同誌は2004年に終刊。門下に石田郷子、本郷をさむなどがいる。1968年、「梶の花」50句で第14回角川俳句賞、1976年、句集『木語』にて第15回俳人協会賞受賞。他の句集に『忘』『木語』『手甲』『草譜』『昧爽』『中今』などがある。2013年5月18日、老衰の為に他界。86歳没。
7月12日生まれの人      1926年生まれの人
 128  嶋田的浦    志摩市の出身    東京外国語大学へ進学Wikipedia
嶋田 的浦(しまだ てきほ、1893年1月22日 - 1950年4月11日)は日本の俳人。本名は襄。三重県志摩郡的矢村大字的矢(現在の志摩市磯部町的矢)出身。的浦の号は、故郷・的矢が小さな港(浦)を成していることにちなんでいる。
三重県の高校から東京外国語大学への進学者      全国の東京外国語大学の出身者      志摩市の出身者      
1月22日生まれの人      1893年生まれの人


大阪府立桜塚高等学校の出身者 偏差値:58
 129  宇多喜代子    武庫川女子大学へ進学Wikipedia
宇多 喜代子(うだ きよこ、1935年(昭和10年)10月15日 - )は俳人。現代俳句協会特別顧問。
大阪府の高校から武庫川女子大学への進学者      全国の武庫川女子大学の出身者      
10月15日生まれの人      1935年生まれの人


広島県立広島皆実高等学校の出身者 偏差値:58
 130  嶋田青峰    志摩市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
嶋田 青峰(しまだ せいほう、1882年3月8日 - 1944年5月31日)は、日本の俳人・翻訳家・新聞記者・教員。三重県答志郡[注 1]的矢村(現在の三重県志摩市磯部町的矢)出身。本名は賢平。姓の「しまだ」は「嶋田」と書くのが正式であるが、一般に「島田」の表記も用いられる。俳号の青峰は、故郷の山・青峰山(あおのみねさん、標高336m)に由来する。
広島県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      志摩市の出身者      
3月8日生まれの人      1882年生まれの人


愛媛県立大洲高等学校の出身者 偏差値:58
 131  村上護    愛媛大学へ進学Wikipedia
村上 護(むらかみ まもる、1941年11月28日 - 2013年6月29日)は、日本の文芸評論家、俳人。
愛媛県の高校から愛媛大学への進学者      全国の愛媛大学の出身者      
11月28日生まれの人      1941年生まれの人


茨城県立古河第三高等学校の出身者 偏差値:57
 132  佐怒賀正美Wikipedia
佐怒賀 正美(さぬか まさみ、1956年(昭和31年)- )は俳人、編集者。俳句結社「秋」主宰。
1956年生まれの人


茨城県立太田第一高等学校の出身者 偏差値:57
 133  加倉井和夫    横浜市の出身    東京美術学校へ進学Wikipedia
加倉井 和夫(かくらい かずお、1919年9月11日 - 1995年9月24日)は、日本画家。日本芸術院会員。俳人・建築家の加倉井秋を(加倉井昭夫)は兄。
茨城県の高校から東京美術学校への進学者      全国の東京美術学校の出身者      横浜市の出身者      
9月11日生まれの人      1919年生まれの人


群馬県立沼田高等学校の出身者 偏差値:57
 134  林桂    新潟大学へ進学Wikipedia
林 桂(はやし けい、1953年4月8日 - )は、俳人。本名・政美。群馬県利根郡生。新潟大学法文学部卒。中学時代より作句、高校時代「歯車」「寒雷」に入会。高柳重信選の『俳句研究』50句競作に登場し注目される。1978年、澤好摩、夏石番矢らと「未定」創刊。1998年、「吟遊」創刊に参加。2001年、水野眞由美らと「鬣TATEGAMI」創刊。
群馬県の高校から新潟大学への進学者      全国の新潟大学の出身者      
4月8日生まれの人      1953年生まれの人


豊南高等学校の出身者 偏差値:57
 135  磯貝碧蹄館Wikipedia
磯貝 碧蹄館(いそがい へきていかん、1924年3月19日 - 2013年3月24日)は、俳人・書家。
3月19日生まれの人      1924年生まれの人


甲南高等学校の出身者 偏差値:57
 136  稲畑廣太郎    甲南大学へ進学Wikipedia
稲畑 廣太郎(いなはた こうたろう、1957年5月20日 - )は、俳人。稲畑汀子の息子で、高濱虚子の曾孫にあたる人物。兵庫県芦屋市生まれ。1982年甲南大学経済学部を卒業。幼少時より母汀子について俳句に親しんでいたが、大学卒業後、合資会社ホトトギス社入社により本格的に俳句を志す。1988年「ホトトギス」同人、同誌編集長。2000年虚子記念文学館理事、2001年日本伝統俳句協会常務理事。2005年「ホトトギス」雑詠選者及び副主宰。2013年10月、汀子より引継ぎ「ホトトギス」主宰に就任。クラシック音楽の愛好家で俳句にも音楽を詠み込んだ句がある。句集に『廣太郎句集』『半分』『八文の六』、著書に『曽祖父虚子の一句』。
兵庫県の高校から甲南大学への進学者      全国の甲南大学の出身者      
5月20日生まれの人      1957年生まれの人


鹿児島県立甲南高等学校の出身者 偏差値:57
 137  篠原鳳作    鹿児島市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
篠原鳳作(しのはら ほうさく、1906年1月7日 - 1936年9月11日)は、鹿児島県出身の俳人。本名は篠原国堅(くにかた)。旧号は未踏、雲彦。1906年(明治39年)、鹿児島市で生まれる。鹿児島県立第二鹿児島中学校(16回卒=大正12年)を経て、1929年東京帝国大学法学部卒。病弱のため都会での就職を避け郷里で句作に没頭。1931年より教諭として沖縄県立宮古中学校に赴任、1934年に結婚を期に母校の鹿児島二中に転任した。
鹿児島県の高校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      鹿児島市の出身者      
1月7日生まれの人      1906年生まれの人


北星学園女子高等学校の出身者 偏差値:56
 138  阿部みどり女Wikipedia
阿部 みどり女(あべ みどりじょ、1886年10月26日-1980年9月10日)は、日本の俳人。本名はミツ。北海道生まれ。父は第2代北海道庁長官・永山武四郎。
10月26日生まれの人      1886年生まれの人


岩手県立一関第一高等学校の出身者 偏差値:56
 139  加藤楸邨Wikipedia
加藤 楸邨(かとう しゅうそん、1905年(明治38年)5月26日 - 1993年(平成5年)7月3日)は日本の俳人、国文学者。本名は健雄(たけお)。水原秋桜子に師事、はじめ「馬酔木」に拠ったが、苦学する中で同誌の叙情的な作風に飽き足らなくなり、人間の生活や自己の内面に深く根ざした作風を追求、石田波郷、中村草田男らとともに「人間探求派」と呼ばれた。戦後は戦災や社会運動への参加などを経て幅の広い作風を展開、また主宰した「寒雷」では伝統派から前衛派まで多様な俳人を育てた。
5月26日生まれの人      1905年生まれの人




東洋大学京北高等学校の出身者 偏差値:56
 140  飯田蛇笏    早稲田大学へ進学Wikipedia
飯田 蛇笏(いいだ だこつ、1885年(明治18年)4月26日 - 1962年(昭和37年)10月3日)は、山梨県出身の俳人。本名、飯田武治(いいだ たけはる)。別号に山廬(さんろ)。高浜虚子に師事、山梨の山村で暮らしつつ格調の高い句を作り、村上鬼城などとともに大正時代における「ホトトギス」隆盛期の代表作家として活躍した。俳誌「雲母」を主宰。四男の飯田龍太も高名な俳人である。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
4月26日生まれの人      1885年生まれの人


山口県立小野田高等学校の出身者 偏差値:56
 141  兼崎地橙孫    山口市の出身    京都大学へ進学Wikipedia
兼崎 地橙孫(かねざき ぢとうそん、1890年(明治23年)3月27日 - 1957年(昭和32年)9月3日)は、山口県出身の日本の俳人、書家、弁護士。本名は理蔵。
山口県の高校から京都大学への進学者      全国の京都大学の出身者      山口市の出身者      
3月27日生まれの人      1890年生まれの人


愛媛県立宇和島東高等学校の出身者 偏差値:56
 142  夏井いつき    京都女子大学へ進学Wikipedia
夏井 いつき(なつい いつき、1957年(昭和32年)5月13日 - )は日本の俳人・エッセイスト。
愛媛県の高校から京都女子大学への進学者      全国の京都女子大学の出身者      
5月13日生まれの人      1957年生まれの人
 143  芝不器男    松野町の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
芝 不器男(しば ふきお、1903年(明治36年)4月18日 - 1930年(昭和5年)2月24日)は、愛媛県出身の俳人。「天の川」の代表作家として活躍、「ホトトギス」でも四S以降の新人として注目されたが、句歴四年、26歳で夭折した。
愛媛県の高校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      松野町の出身者      
4月18日生まれの人      1903年生まれの人
 144  富澤赤黄男    八幡浜市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
富澤 赤黄男(とみざわ かきお、1902年7月14日 - 1962年3月7日)は愛媛県出身の俳人。本名富澤正三(とみざわ しょうぞう)。新興俳句の担い手として、現代詩の一分野としてのモダニズム俳句を追求した。代表句に「蝶墜ちて大音響の結氷期」がある。
愛媛県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      八幡浜市の出身者      
7月14日生まれの人      1902年生まれの人


兵庫県立洲本高等学校の出身者 偏差値:55
 145  直原玉青    赤磐郡山方村(旧吉井町、現・赤磐市)の出身Wikipedia
直原 玉青(じきはら ぎょくせい、1904年8月1日 - 2005年9月30日)は、日本の画家、禅僧、俳人。
赤磐郡山方村(旧吉井町、現・赤磐市)の出身者      
8月1日生まれの人      1904年生まれの人
 146  高田蝶衣    早稲田大学へ進学Wikipedia
高田 蝶衣(たかだ ちょうい、1886年1月30日 - 1930年9月23日)は、兵庫県津名郡釜口村字里(現:淡路市釜口字里)出身の俳人。旧制洲本中学校卒。中学の教頭・大谷繞石の影響で俳句をはじめ「ホトトギス」に投句、同人誌「落葉」を主宰。1904年、早稲田大学政経科入学。1906年、高浜虚子の 「俳諧散心句会」に参加し指導を受ける。同年、肋膜炎のため大学を中退し帰郷。故郷で小学校の教諭となるが、病のため続かず俳句を主とし「ホトトギス」「懸葵」に投句した。1908年に句集『島舟』(俳書堂)を出版。河東碧梧桐門とも交流があった。1917年に神戸湊川神社の主典となったが、やはり病の悪化のため1919年に帰郷している。1930年、淡路島で死去。46歳。代表句に「この国の表裏をつくり山眠る」などがあり、清新な叙情性のある句風であった。没後1933年に『蝶衣句稿 青垣山』、1941年に『蝶衣俳句全集』が刊行されている。
兵庫県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      
1月30日生まれの人      1886年生まれの人


兵庫県立伊丹高等学校の出身者 偏差値:55
 147  伊丹公子Wikipedia
伊丹 公子(いたみ きみこ、1925年4月22日 - 2014年12月15日)は、日本の俳人、詩人。本名・岩田きみ子。俳人の伊丹三樹彦は夫、同じく俳人の伊丹啓子は長女。
4月22日生まれの人      1925年生まれの人


日本学園高等学校の出身者 偏差値:54
 148  柏原啓一    東京大学へ進学Wikipedia
柏原 啓一(かしわばら けいいち、1935年5月1日 - )は、日本の哲学研究者、東北大学名誉教授。俳人として柏原眠雨。
東京都の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
5月1日生まれの人      1935年生まれの人
 149  菅礼之助    湯沢市の出身    一橋大学へ進学Wikipedia
菅 礼之助(すが れいのすけ、1883年11月25日 - 1971年2月18日)は、日本の実業家、俳人。秋田県生まれ。旧制秋田中学、日本中学(現:日本学園)、東京高等商業学校(現:一橋大学)出身。古河鉱業(現古河機械金属)を経て、石炭庁長官、同和鉱業(現DOWAホールディングス)会長、昭和鉱業(現昭和KDE)会長、東京電力会長、経済団体連合会(現日本経済団体連合会)評議会議長等を務めた。1970年勲一等瑞宝章、1971年従三位勲一等。第九代、十代、十三代如水会理事長。初代日本相撲協会運営審議会会長。俳人としては裸馬と号し、俳誌「同人」を主宰した。
東京都の高校から一橋大学への進学者      全国の一橋大学の出身者      湯沢市の出身者      
11月25日生まれの人      1883年生まれの人
 150  嶋田青峰    志摩市の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
嶋田 青峰(しまだ せいほう、1882年3月8日 - 1944年5月31日)は、日本の俳人・翻訳家・新聞記者・教員。三重県答志郡[注 1]的矢村(現在の三重県志摩市磯部町的矢)出身。本名は賢平。姓の「しまだ」は「嶋田」と書くのが正式であるが、一般に「島田」の表記も用いられる。俳号の青峰は、故郷の山・青峰山(あおのみねさん、標高336m)に由来する。
東京都の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      志摩市の出身者      
3月8日生まれの人      1882年生まれの人


大阪府立住吉高等学校の出身者 偏差値:54
 151  西垣脩    愛媛大学へ進学Wikipedia
西垣 脩(にしがき しゅう、1919年5月19日 - 1978年8月1日)は俳人、国文学者。
大阪府の高校から愛媛大学への進学者      全国の愛媛大学の出身者      
5月19日生まれの人      1919年生まれの人


青森県立青森工業高等学校の出身者 偏差値:53
 152  成田千空Wikipedia
成田 千空(なりた せんくう、1921年3月31日 - 2007年11月17日)は、日本の俳人。青森県青森市出身。本名:力。青森工業学校(現・青森県立青森工業高等学校)卒業。上京し富士航空計器株式会社に就職するが、肺結核に罹患し帰郷。闘病中に句作を始める。高松玉麗らの俳句結社「松濤社」、吹田孤蓬らの青森俳句会に参加。1945年より母の実家のある五所川原市に疎開し、以後その地で農業を営みながら俳人として活動する。
3月31日生まれの人      1921年生まれの人


広島県立府中高等学校の出身者 偏差値:53
 153  木下夕爾    名古屋市立大学へ進学Wikipedia
木下 夕爾(きのした ゆうじ、1914年10月27日 - 1965年8月4日)は、日本の詩人、俳人。本名・優二。広島県福山市御幸町に生まれる。広島県立府中中学(現・広島県立府中高等学校)を卒業後、1933年にいったんは第一早稲田高等学院文科(仏文科)に入学するが、家業を継ぐために転学。1938年に名古屋薬学専門学校(現・名古屋市立大学)を卒業し、広島で実家の薬局を営む。以後終生郷里を離れなかった。この間堀口大学に傾倒し影響を受けており、13歳のときには堀口の詩誌「若草」で特選を取っている。1940年、第一詩集『田舎の食卓』を刊行、第6回文芸汎論賞を受賞。1949年に誌誌「木靴」を創刊・主宰。以後の詩集に『生まれた家』(1940年)『笛を吹くひと』(1958年)など。日本詩人クラブ、日本現代詩人会に所属。
広島県の高校から名古屋市立大学への進学者      全国の名古屋市立大学の出身者      
10月27日生まれの人      1914年生まれの人


横浜高等学校の出身者 偏差値:52
 154  北大路翼Wikipedia
北大路 翼(きたおおじ つばさ、1978年5月14日 - )は、横浜市出身の俳人。小学生5年生のとき、種田山頭火を知り自由律俳句を制作。横浜高校にて担任教諭であった今井聖に出会い有季定型の句に開眼。1996年、今井主宰の「街」創刊入会。誌誌「ERECTION」参加、週刊誌にて成年向け漫画の原作を執筆。20代半ば、会田誠、加藤好弘らと出会い俳人としてパフォーマンスに参加。2009年、邑書林のアンソロジー『新撰21』100句入集。
5月14日生まれの人      1978年生まれの人


三重県立松阪工業高等学校の出身者 偏差値:52
 155  前川辰男    四日市市の出身Wikipedia
前川辰男(まえかわ たつお、1920年(大正9年)- )は、三重県の地方議員。四日市市議会議員を7期務める。昭和56年5月15日から ~昭和57年5月18日まで四日市市議会議長を務める。三重県四日市市(塩浜地区)出身。高花平(新興住宅団地)連合自治会長。一志郡(久居市)生まれ。日本社会党所属。四日市ぜんそくで四日市コンビナート企業と九鬼喜久男四日市市長を糾弾して、塩浜地区の公害患者の味方となり公害対策に貢献した。環境運動家。日本自然保護協会会員。ナチュラリスト。俳人や本の執筆者として活躍した文化人である。
四日市市の出身者      
1920年生まれの人


船橋市立船橋高等学校の出身者 偏差値:51
 156  吉田悦花Wikipedia
吉田悦花(よしだ えつか、2月26日 - )は、日本の作家、随筆家。俳号・吉田悦花、俳人。江戸ソバリエ。俳句サイト「吉田悦花のわん句にゃん句」主宰。東京都千代田区のNPO法人神田雑学大学理事長(2010年~)・博士。会社役員。
2月26日生まれの人      


正則高等学校の出身者 偏差値:51
 157  荻原井泉水    東京大学へ進学Wikipedia
荻原 井泉水(おぎわら せいせんすい、1884年(明治17年)6月16日 - 1976年(昭和51年)5月20日)は、日本の俳人。本名・幾太郎のち藤吉。
東京都の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      
6月16日生まれの人      1884年生まれの人


三重県立四日市商業高等学校の出身者 偏差値:51
 158  平田佐貞Wikipedia
平田 佐貞(ひらた すけさだ、1909年(明治42年)5月 - 1938年(昭和13年)10月)は、日本の俳人・彫刻家・陸軍軍人。
1909年生まれの人


兵庫県立宝塚高等学校の出身者 偏差値:50
 159  小林恭二    西宮市の出身    東京大学へ進学Wikipedia
小林 恭二(こばやし きょうじ、1957年11月9日 - )は 日本の小説家、俳人。メタ・フィクション的なユーモアに富んだ作風で知られる。専修大学文学部教授。
兵庫県の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      西宮市の出身者      
11月9日生まれの人      1957年生まれの人




熊本県立熊本農業高等学校の出身者 偏差値:49
 160  宮部寸七翁    丹生宮村(現・熊本市南区城南町丹生宮)の出身    早稲田大学へ進学Wikipedia
宮部 寸七翁(みやべ すなお、1887年1月12日 - 1926年1月30日)は、日本のジャーナリスト、俳人。
熊本県の高校から早稲田大学への進学者      全国の早稲田大学の出身者      丹生宮村(現・熊本市南区城南町丹生宮)の出身者      
1月12日生まれの人      1887年生まれの人


東奥義塾高等学校の出身者 偏差値:48
 161  佐藤紅緑    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
佐藤 紅緑(さとう こうろく、1874年(明治7年)7月6日 - 1949年(昭和24年)6月3日)は、日本の作家、俳人。
青森県の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
7月6日生まれの人      1874年生まれの人


兵庫県立兵庫工業高等学校の出身者 偏差値:48
 162  永田耕衣Wikipedia
永田 耕衣(ながた こうい、1900年(明治33年)2月21日 - 1997年(平成9年)8月25日)は、俳人。本名軍二(ぐんじ)。別号、田荷軒主人。禅的思想に導かれた独自の俳句理念に基づき句作。また諸芸に通じ書画にも個性を発揮、90歳を超えた最晩年に至るまで旺盛な創作活動を行った。
2月21日生まれの人      1900年生まれの人


奈良県立五條高等学校の出身者 偏差値:48
 163  藤岡長和    五條市の出身    東京帝国大学へ進学Wikipedia
藤岡 長和(ふじおか ながかず、1888年(明治21年)5月13日 - 1966年3月6日)は、奈良県宇智郡北宇智村近内(現五條市)出身の内務官僚、俳人(俳号:玉骨)。奈良県宇智郡北宇智村初代村長の藤岡長二郎の長男。
奈良県の高校から東京帝国大学への進学者      全国の東京帝国大学の出身者      五條市の出身者      
5月13日生まれの人      1888年生まれの人


宮城県古川工業高等学校の出身者 偏差値:47
 164  高野ムツオWikipedia
高野ムツオ(たかの ‐、1947年7月14日 - )は、宮城県出身の俳人。本名は高野睦夫。金子兜太の「海程」所属を経て佐藤鬼房に師事、鬼房の跡を継ぎ現「小熊座」主宰。
7月14日生まれの人      1947年生まれの人


福井県立三国高等学校の出身者 偏差値:47
 165  森田愛子    坂井市の出身Wikipedia
森田 愛子(もりた あいこ、1917年11月18日 - 1947年4月1日)は、福井県坂井市三国町出身の俳人。高浜虚子の名作「虹」のヒロインとしても著名である。
坂井市の出身者      
11月18日生まれの人      1917年生まれの人


大阪府立池田高等学校の出身者 偏差値:47
 166  藤原龍一郎    慶應義塾大学へ進学Wikipedia
藤原 龍一郎(ふじわら りゅういちろう、1952年1月18日 - )は、歌人、俳人。福岡県出身。歌誌「短歌人」編集人。
大阪府の高校から慶應義塾大学への進学者      全国の慶應義塾大学の出身者      
1月18日生まれの人      1952年生まれの人


埼玉県立小川高等学校の出身者 偏差値:45
 167  魚住陽子Wikipedia
魚住 陽子(うおずみ ようこ、本名: 加藤陽子、1951年10月23日 - )は、日本の小説家。埼玉県出身。埼玉県立小川高等学校卒業。書店、出版社に勤務するかたわら同人誌で詩を書く。池袋コミュニティ・カレッジの小説講座に通い、同人誌『こみゅにてぃ』に小説を発表。1989年「静かな家」で芥川賞候補、「奇術師の家」で第1回朝日新人文学賞受賞、1991年「別々の皿」で芥川賞候補、「公園」で三島由紀夫賞候補、93年「流れる家」で芥川賞候補。1996年『動く箱』で野間文芸新人賞候補。個人誌「花眼」を発行している。また、近年は俳人としても活動している。
10月23日生まれの人      1951年生まれの人


広島県立尾道商業高等学校の出身者 偏差値:44
 168  鷹羽狩行    中央大学へ進学Wikipedia
鷹羽 狩行(たかは しゅぎょう、1930年(昭和5年)10月5日 - )は、山形県出身の俳人、日本藝術院会員。山口誓子に師事、「狩」を創刊・主宰。本名・髙橋行雄。
広島県の高校から中央大学への進学者      全国の中央大学の出身者      
10月5日生まれの人      1930年生まれの人


高知県立高知工業高等学校の出身者 偏差値:44
 169  松田ひろむWikipedia
松田 ひろむ(まつだ ひろむ、1938年8月25日-)は俳人。本名は英孝(ひでたか)。現代俳句評論賞、新俳句人連盟賞、第一回雑草賞受賞。「鴎座」代表。
8月25日生まれの人      1938年生まれの人


北海道芦別高等学校の出身者 偏差値:不明
 170  西川徹郎    芦別市の出身    龍谷大学へ進学Wikipedia
西川 徹郎(にしかわ てつろう 1947年9月29日 - )は、北海道芦別市生まれの俳人、文芸評論家。浄土真宗本願寺派正信寺住職。龍谷大学中退。本名は徹真。
北海道の高校から龍谷大学への進学者      全国の龍谷大学の出身者      芦別市の出身者      
9月29日生まれの人      1947年生まれの人


群馬県立渋川青翠高等学校の出身者 偏差値:不明
 171  桂夏丸    東吾妻町の出身Wikipedia
桂 夏丸(かつら なつまる、本名:阿部 清彦(あべ きよひこ)、1984年8月15日 - )は、群馬県吾妻郡吾妻町(現・東吾妻町)出身、落語芸術協会所属の噺家、俳人。出囃子は『箱根八里』。
東吾妻町の出身者      
8月15日生まれの人      1984年生まれの人


女子学院高等学校の出身者 偏差値:不明
 172  吉行和子    東京府の出身Wikipedia
吉行 和子(よしゆき かずこ、本名 同じ、1935年8月9日 - )は、東京府(現:東京都)出身の女優、エッセイスト、俳人。
東京府の出身者      
8月9日生まれの人      1935年生まれの人


獨協高等学校の出身者 偏差値:不明
 173  筑紫磐井    一橋大学へ進学Wikipedia
筑紫 磐井(つくし ばんせい、1950年1月14日 - )は東京都出身の俳人、評論家、文部科学官僚。俳誌「豈」発行人。本名は國谷実。
東京都の高校から一橋大学への進学者      全国の一橋大学の出身者      
1月14日生まれの人      1950年生まれの人
 174  水原秋桜子    千代田区の出身    東京大学へ進学Wikipedia
水原 秋桜子(みずはら しゅうおうし、1892年(明治25年)10月9日 - 1981年(昭和56年)7月17日)は、日本の俳人、医師・医学博士。秋櫻子とも表記する。本名は水原豊(みずはら ゆたか)。松根東洋城、ついで高浜虚子に師事。短歌に学んだ明朗で叙情的な句風で「ホトトギス」に新風を吹き込んだが、「客観写生」の理念に飽き足らなくなり同誌を離反、俳壇に反ホトトギスを旗印とする新興俳句運動が起こるきっかけを作った。「馬酔木」主宰。別号に喜雨亭。
東京都の高校から東京大学への進学者      全国の東京大学の出身者      千代田区の出身者      
10月9日生まれの人      1892年生まれの人
 175  巌谷小波Wikipedia
巖谷 小波(いわや さざなみ、1870年7月4日(明治3年6月6日) - 1933年(昭和8年)9月5日)は、明治から大正にかけての作家、児童文学者、俳人。本名は季雄(すえお)。別号に漣山人(さざなみ さんじん)、楽天居、隔恋坊、大江小波がある。
7月4日生まれの人      1870年生まれの人


東京学園高等学校の出身者 偏差値:不明
 176  安藤和風Wikipedia
安藤 和風(あんどう はるかぜ、慶応2年1月12日(1866年2月26日) - 昭和11年(1936年)12月26日)は、日本のジャーナリスト、マスメディア経営者、俳人、郷土史研究家。通名および俳号は「和風」をそのまま音読みして「わふう」。
1月12日生まれの人      1866年生まれの人


國學院大學久我山高等学校の出身者 偏差値:不明
 177  角川春樹    富山市の出身    國學院大學へ進学Wikipedia
角川 春樹(かどかわ はるき、1942年1月8日 - )は、日本の実業家、映画監督、映画プロデューサー、俳人、冒険家。角川春樹事務所会長兼社長、幻戯書房会長。「河」主宰。
東京都の高校から國學院大學への進学者      全国の國學院大學の出身者      富山市の出身者      
1月8日生まれの人      1942年生まれの人


横浜市立横浜商業高等学校の出身者 偏差値:不明
 178  望月明    横浜市の出身Wikipedia
望月 明(もちづき あきら、1934年(昭和9年)7月18日~2016年(平成28年)8月25日)は、俳人。神奈川県横浜市南区高砂町生まれ。在家得度、法名は、「徹心明道」(みょうどう)。
横浜市の出身者      
7月18日生まれの人      1934年生まれの人


浅野高等学校の出身者 偏差値:不明
 179  秋元近史    明治大学へ進学Wikipedia
秋元 近史(あきもと ちかし、1932年 - 1982年)は日本テレビ放送網の元ディレクター・プロデューサー。井原高忠の下で日本テレビ草創期からバラエティ番組作りに関わり、『シャボン玉ホリデー』などの演出を手がけた。父は俳人の秋元不死男、叔母は劇作家の秋元松代。
神奈川県の高校から明治大学への進学者      全国の明治大学の出身者      
1932年生まれの人




中央大学附属横浜高等学校の出身者 偏差値:不明
 180  稲垣きくの    厚木市の出身Wikipedia
稲垣 きくの(いながき きくの、1906年7月26日 - 1987年10月30日)は、日本の俳人、茶道教授であり、元女優である[4][5][6][7][8][9]。女優時代の芸名は若葉 信子(わかば のぶこ)、旧芸名露原 桔梗(つゆはら ききょう)[4][5][6][7][8][9]、出生名は野口 キクノ(のぐち きくの)[4]、俳優の宮島啓夫との婚姻時には、本名を宮島 公子(みやじま きみこ)とした[6]。
厚木市の出身者      
7月26日生まれの人      1906年生まれの人


富山県立富山中部高等学校の出身者 偏差値:不明
 181  角川源義    富山市の出身    國學院大學へ進学Wikipedia
角川 源義(かどかわ げんよし、1917年(大正6年)10月9日 - 1975年(昭和50年)10月27日)は、日本の実業家、国文学者、俳人。角川書店(現・KADOKAWA)の創立者。俳号は源義(げんぎ)、水羊(すいよう)。
富山県の高校から國學院大學への進学者      全国の國學院大學の出身者      富山市の出身者      
10月9日生まれの人      1917年生まれの人


長野県上田高等学校の出身者 偏差値:不明
 182  唐沢隆三    北海道大学へ進学Wikipedia
唐沢 隆三(からさわ りゅうぞう、1918年5月4日 - 2011年5月6日)は、社会運動研究者・俳人・自由律俳句研究者・作家。「唐沢柳三」の筆名も使用する。石川三四郎に師事する。
長野県の高校から北海道大学への進学者      全国の北海道大学の出身者      
5月4日生まれの人      1918年生まれの人


長野県岡谷南高等学校の出身者 偏差値:不明
 183  伊藤郁男    諏訪市の出身Wikipedia
伊藤 郁男(いとう いくお、1930年9月11日 - )は日本の政治家、俳人。元民社党参議院議員(1期)。長男は作家・ミュージシャンのいとうせいこう。
諏訪市の出身者      
9月11日生まれの人      1930年生まれの人


長野県松本深志高等学校の出身者 偏差値:不明
 184  小澤實    成城大学へ進学Wikipedia
小澤 實(おざわ みのる、1956年8月29日 - )は、日本の俳人、俳文学者。大学時代より「鷹」に所属し藤田湘子に師事。2000年に俳誌「澤」を創刊・主宰。本名・実。
長野県の高校から成城大学への進学者      全国の成城大学の出身者      
8月29日生まれの人      1956年生まれの人
 185  藤岡改造    松本市の出身Wikipedia
藤岡改造(ふじおか かいぞう、1923年10月11日- )は、日本の作家、俳人。 長野県松本市生まれ。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)を経て旧制二松學舍専門学校卒。新制高等学校移行後の母校国語教師となった。号は筑邨(ちくそん)。学校で飼っていた犬クロの世話役をしていた体験から、『職員会議に出た犬クロ』を執筆。ベストセラーとなり、2003年「さよなら、クロ」として映画化された。「信毎俳壇」「俳句四季」の選者。俳人協会評議員。
松本市の出身者      
10月11日生まれの人      1923年生まれの人


静岡県立藤枝東高等学校の出身者 偏差値:不明
 186  村越化石    藤枝市の出身Wikipedia
村越 化石(むらこし かせき、1922年12月17日 - 2014年3月8日)は、静岡県出身の俳人。本名・英彦(ひでひこ)。ハンセン病とその後遺症と闘いながら句作を続け「魂の俳人」と呼ばれた。
藤枝市の出身者      
12月17日生まれの人      1922年生まれの人


高槻高等学校の出身者 偏差値:不明
 187  攝津幸彦    関西学院大学へ進学Wikipedia
攝津 幸彦(せっつ ゆきひこ、1947年1月28日 - 1996年10月13日)は、俳人。兵庫県養父郡八鹿町に生まれる。母良子は桂信子主宰の「草苑」の幹部同人であった。高槻中学校・高等学校を経て、関西学院大学卒業。高校時代より叔父の影響でジャズを聞くようになり頻繁にジャズ喫茶に通った。大学では在学中は映画研究会に所属。また伊丹啓子(「青玄」主幹伊丹三樹彦の娘)を知り「関学俳句会」創立、機関誌「あばんせ」を創刊。また学生俳句会のつながりで、他大学の坪内稔典、澤好摩らと交流、大学を超えた同人誌「日時計」創刊に参加する。1970年、広告会社の東京旭通信社(現・アサツー ディ・ケイ)に入社し上京。1972年田中資子と結婚。1974年、大本善幸、坪内稔典らと「黄金海岸」創刊。1974年、「鳥子幻影」で俳句研究「第二回五十句競作」にて佳作第一席となり、編集長高柳重信に見出され一躍注目される。1980年、俳誌「豈」創刊に仁平勝らとともに参加。同誌は遅刊で知られたものの、前衛俳句の一大拠点となった。1992年より肝炎で入退院を繰り返し、1996年順天堂病院にて死去。享年49。
大阪府の高校から関西学院大学への進学者      全国の関西学院大学の出身者      
1月28日生まれの人      1947年生まれの人
 188  茨木和生    大阪市立大学へ進学Wikipedia
茨木 和生(いばらき かずお、1939年1月11日 - )は、奈良県出身の俳人。本名は和男。奈良県郡山町(現・大和郡山市)生まれ。大阪市立大学文学部卒業後、私立高槻中学校・高等学校教諭(古文担当)を長く勤めた。
大阪府の高校から大阪市立大学への進学者      全国の大阪市立大学の出身者      
1月11日生まれの人      1939年生まれの人


姫路市立飾磨高等学校の出身者 偏差値:不明
 189  車谷長吉    飾磨市の出身     慶應義塾大学へ進学Wikipedia
車谷 長吉(くるまたに ちょうきつ、1945年7月1日 - 2015年5月17日)は日本の作家、随筆家、俳人。本名、車谷 嘉彦(くるまたに よしひこ)。兵庫県飾磨市(現・姫路市飾磨区)出身。筆名の「長吉」は唐代の詩人李賀にちなむ。妻は詩人の高橋順子。
兵庫県の高校から 慶應義塾大学への進学者      全国の 慶應義塾大学の出身者      飾磨市の出身者      
7月1日生まれの人      1945年生まれの人


小林聖心女子学院高等学校の出身者 偏差値:不明
 190  稲畑汀子Wikipedia
稲畑 汀子(いなはた ていこ、1931年1月8日 - )は、神奈川県出身の俳人。高浜年尾の娘で高浜虚子の孫。「ホトトギス」主宰を経て現名誉主宰、日本伝統俳句協会会長。
1月8日生まれの人      1931年生まれの人


鳥取県立倉吉農業高等学校の出身者 偏差値:不明
 191  佐賀省三    境港市の出身     早稲田大学へ進学Wikipedia
佐賀 省三(さが しょうぞう、明治38年(1905年)5月8日 - 没年不明)は日本の俳人、政治家。元境港市議会議員。号榎村。佐賀家の12代目。
鳥取県の高校から 早稲田大学への進学者      全国の 早稲田大学の出身者      境港市の出身者      
5月8日生まれの人      1905年生まれの人


愛媛県立川之石高等学校の出身者 偏差値:不明
 192  坪内稔典    立命館大学へ進学Wikipedia
坪内 稔典(つぼうち としのり、俳号ではねんてん、1944年4月22日 - )は、日本の俳人。京都教育大学名誉教授。「船団の会」代表。研究者としての専門は日本近代文学で、特に正岡子規に関する著作・論考が多い。
愛媛県の高校から立命館大学への進学者      全国の立命館大学の出身者      
4月22日生まれの人      1944年生まれの人


福岡市立福翔高等学校の出身者 偏差値:不明
 193  真鍋呉夫Wikipedia
真鍋 呉夫(まなべ くれお、1920年1月25日 - 2012年6月5日)は日本の作家・文筆家・俳人。
1月25日生まれの人      1920年生まれの人


長崎市立長崎商業高等学校の出身者 偏差値:不明
 194  清水崑Wikipedia
清水 崑(しみず こん、本名:清水 幸雄、1912年9月22日 - 1974年3月27日)は昭和の漫画家。長崎県長崎市出身。妻は歌人の清水恒子、その姉は俳人の石橋秀野(山本健吉夫人)。
9月22日生まれの人      1912年生まれの人


スポンサーリンク




有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク